icon

【ガンプラ】1/144 ガンダムエアマスターバースト レビュー【旧キット】

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「1/144 ガンダムエアマスターバースト」のガンプラレビューです。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

機動新世紀ガンダムXに登場し、ウィッツ・スーが搭乗したガンダムエアマスターバーストをご紹介。

1996年発売の旧キットになります。

飛行モードであるファイターモードへ変形可能古いガンプラとしては可動域が広いキットに仕上がっています。

という事で今の時代に1/144ガンダムエアマスターバーストをまじめにレビューしてみようと思いますw

スポンサーリンク

1/144 ガンダムエアマスターバースト

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ババン。まずはエアマスターバーストさんのボックスアートから。

23年前に発売された古いガンプラになりますが、1/144スケールのガンダムX系プラモは造形が良いものが多いので「塗装するだけでクオリティが上がるか?」という視点でキット自体のポテンシャルが高いかどうかを見ていきたいと思います(*´ェ`*)

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

パイロットはウィッツ・スーさん。

むむ!「イ」が「ィ」で記載されていないぞ!w←細かい人

ホイルシールの量は旧キットにしては少なめでした。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

そしてサクッと組み上げた1/144ガンダムエアマスターバーストがこちら。

ガンダムX系の当時ものキット何体か組んでみて確信したのですが、造形自体は素晴らしい物が多くこのエアマスターバーストも例に漏れず素立ち状態ならすこぶる出来が良いです。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

成型色は綺麗なライトブルー成型で、白い外装も多少グレーがかった色になっています。

また、脚が後ろにもっていけるためカトキ立ちが綺麗に決まる模様

ぶっちゃけSEED時代のHGより勝ってる部分が多い気がするぞ……w

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

接地性も良好です。

それでは細かく見ていきます!

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

可動域ですが、驚くことにそれなりに動いてしまいます。

腕は水平まで上がり脚はそこそこ開脚、腕関節は90度・膝は90度以上曲がり上半身は360度回転します。

ファイター形態への変形機構の恩恵だと思いますが、発売された時代を考えるとものすごい動きます。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

頭部はトサカやアンテナ中央、目・口をシールで覆います。

このあたりは今のガンプラ目線で見ると塗装前提のキットになっています。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で側面に合わせ目が出ます。

※旧キットという事で全身に合わせ目あり。今回画像説明は省略させていただきます(*´ェ`*)

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

胸部ブルーはシールで補います。

ただ胸のダクトは別パーツになっていて、ちゃんとイエローに色分けされています。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

シール部分は目立ちますが、モールドはそれなりに刻まれています。

胴体は白いパーツで左右から挟み込む構造のため、合わせ目が出なかったりします。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

肩は1パーツ成型でブルーのラインをシールで補います。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

接続方式は胴体からの軸接続で、ショルダーアーマーを胴体と腕の間に挟み込むように取り付けます。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

腕部は二の腕に合わせ目が出るものの、前腕部はちゃんと色分けされています。

……あれ?なんかこのガンプラ、旧キットにしてはあまり手がかからなそうだぞ……。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

腰部は左右にバスターライフルを取り付け可能です。

シンプルなプラ同士の凹凸接続になりますが、ガッチリマウント可能です。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーの造形が細かいですね。

このダクトっぽい部分は設定色でも青いままですが、股間中央の上下は要塗装となります。

股下にアクションベース用のスタンド穴はありません。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

脚部前面の合わせ目はモールドになるため、スリッパ以外には合わせ目が出ません。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ただ後ろ側は普通に合わせ目が出ます。

足裏には肉抜き無しです。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

バックパックを見てみます。↑は肩上のウイングを取っ払った状態。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

胴体上部と背部にそれぞれウイングとファイターノーズを取り付けます。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ファイターノーズ(後ろの長細い青いパーツ)は白いシールが付属するものの、色分けが甘いため要塗装となります。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ウイング先端パーツは広範囲な白いシールを使用するため見栄えは悪いです。

※ファイターモードに変形させる際に可動させます(後述)

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

左右の後ろにあるスラスターはそれぞれ別パーツになっています。

意外とパーツが細かいです。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

バスターライフルは内側に大きな肉抜きあり。

左右で肉抜き位置が逆になります。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ジャキッ!

バスターライフルを構えるエアマスターバースト!

手持ち武器はこの2つのみです。

それではアクションポーズいってみます!

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

戦闘を開始するエアマスターバースト!

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

……

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

普通に動きまくってポーズがガンガン決まるんだけどw(*´ェ`*;)

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ガンダムXの旧キットはほんと出来がいいな……。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ファイターモードがこちら。

各所回転させたり取り付け位置を変えたりして変形させますが、変形構造自体はシンプルなものでした。

ゼータガンダムのような複雑な変形ギミックではないため、すぐに切り替え可能です。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

下から。頭部は外したまま取り付けません。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ファイター形態での主力兵器、ノーズビームキャノン

このあたりの細かい銃身を塗ってあげれば見栄えが爆上がりしそうです。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ブースタービームキャノン(ウイング先端上の武器)も銃身をグレーで塗る必要があります。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

バスターライフルは腕の側面に取り付けます。

ガッチリ接続固定されます。

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

ガンダムXの後期モビルスーツティファ・アディールのフィギュアと一緒にディスプレイ。

※左から「HGAWガンダムXディバイダー」「HGAWガンダムダブルエックス」「1/144ガンダムレオパルドデストロイ」

1/144ガンダムエアマスターバーストのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGAW ガンダムダブルエックス レビュー
【ガンプラ】HGAW ガンダムXディバイダー レビュー
【ガンプラ】1/144 ガンダムレオパルドデストロイ レビュー【旧キット】
【フィギュア】ティファ・アディール RAHDXガンダム・アーカイブス レビュー

 

1/144 ガンダムエアマスターバーストの感想

ということで1/144 ガンダムエアマスターバーストのご紹介でした。

 

旧キットながら変形ギミックの恩恵で可動域が広いため、ポージングを重視するモデラーさんは無改造でもかっこいいポーズをつける事ができます。

もちろん色が足りない箇所が多く合わせ目は多いですが、旧キットにしては前腕部・脚部の合わせ目が少ないため処理しやすいキットで間違いないと思います。

合わせ目消してフル塗装するだけでガンガン動くエアバーストが完成するので、X系の旧キット1/144の中では一番オススメかもしれません。

何体か旧X系組んできたけど、このシリーズほんと出来がいいっす……(*´ェ`*;)

 

以上、「1/144 ガンダムエアマスターバースト」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る