icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ジム寒冷地仕様 レビュー

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC ジム寒冷地仕様」のガンプラレビューです。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争に登場した、ジム寒冷地仕様(かんれいちしよう)をご紹介。

2003年発売。

HGUCの38番という事で初期ナンバーの寒冷地仕様になりますが、カメラカバーはクリアパーツが使用されています。

という事で、HGUCジム寒冷地仕様をじっくりレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ジム寒冷地仕様

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは主に、小範囲の赤い部分を補うものが付属します。

シールドに貼る連邦軍のマークもついてきます。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「マシンガン」「サーベル一体型ハンドパーツ」「ハンドパーツ×3」「シールド」

ビーム・サーベルは初期のHGジム系に付属する事の多い、1色成形でハンドパーツと一体型のものが付属します。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCジム寒冷地仕様がこちら。

立ち姿は16年前のガンプラとは思えないほど良く出来ていると思うぞ……!(>ω<)

※今回腕と脚の合わせ目だけ消してありますが、その他は素組み状態です

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

立体化にあたり、カトキハジメ氏によりプロポーションがリファインされています。

胸が突き出たような出渕氏の設定画から一般的なジムに寄せた感じですが、違和感を感じさせないスタイルになっているのではなかろうか。

この辺のバランス取りはさすがといったところ。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

全体的にグレーがかった成形色が渋くてかっこいいっす……(*´ェ`*)

設定的には「一年戦争時に配備された地上戦仕様機」の中で、破格の通信能力を持つというジムになります。

それでは細かく見ていきます!

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこといった感じ。

手脚はそれなりに広がり、各関節も90度ほど曲がります。

上半身も360度回転しますが、胴体・肩の前後可動などは一切無いため最近のガンプラのような柔軟な動きはしません。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

頭部カメラはクリアグリーンのパーツが使用されています。

バルカンはグレーで要塗装となります。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

アップで。

頬は赤いシールで補いますが、下にモールド形状はあるので部分塗装推奨箇所かもしれません。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面・頭頂部に合わせ目が出ます。

後頭部右側のアンテナは別パーツ化されています。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

胴体の色分けは優秀です。

脇から下は段落ちモールド化されており、合わせ目は側面一部と

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

上部に出ます。

肩は合わせ目が出ず、肩内部(黒い部分)も段落ちモールド化されています。

ダクト内レッドはシールで補います。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

腕は前腕部前後に合わせ目が出ます。

※今回腕の合わせ目は処理済(汚いけど(*_*))

肩をはじめ二の腕や関節にも合わせ目が出ないため、古いガンプラながら意外と組みやすいです。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

腰部はVマーク(黄色)と股下あたりの赤をシールで補います。

股下にアクションベース用の3mmジョイント穴は空いておらず、合わせ目も出ます。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

脚部の白い外装は左右はめ込み式になっているため、モモ・膝下・アンクルガードに合わせ目が出ます。

膝関節は1パーツで二重関節になっているものの、ABS樹脂が使われているため塗装派モデラーさんはご注意を。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

後ろ側。ふくらはぎの赤い部分はシールで補います。

足裏は肉抜きがありません。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

ランドセルは4基のスラスター内部が要塗装となっていますが、合わせ目は出ません。

左側にマウントされているビーム・サーベルの柄ですが、引き抜いてエフェクトパーツを取り付ける事はできません。(取り付け穴が空いていない)

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

シールドは裏側にも細かなモールドが刻まれています。

ハンドパーツでグリップを握り、肘のジョイントパーツに取り付けるためガッチリと保持できます。

ある程度動きますが、シールド自体は回転しません。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

寒冷地仕様の特徴であるマシンガンを装備させてみます。

合わせ目が出るうえ、ABS樹脂でできているため少し厄介です。

またデザイン上、後方のストック(写真右下)が腕に干渉するため非常に構えづらいです(>ω<)

それではアクションポーズいってみます!

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

マシンガンを構えるジム寒冷地仕様!

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

下部にグレネードランチャーを搭載したデザインになっています。

※取り外しは不可でシンプルな3パーツ構造

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

可動域は限られますが、なんだろう……メチャメチャかっこいいっす!(>ω<;)

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

弱点はあるものの、この見た目でチャラかもしれん……。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動しませんが、マシンガンを両手で構える事もできます。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

ジャキッ!

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

左手のみ表情付き平手パーツが付属します。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像ですHGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルはハンドパーツと一体型のものが付属。

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを構えるジム寒冷地仕様!

……あ、ランドセルのサーベル外し忘れた(*´ェ`*)

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

斬りかかるジム寒冷地仕様!

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

ポケ戦に登場するジムでディスプレイ。

※左から「HGUCジム・コマンド(コロニー戦仕様)」「HGUCジム・コマンド(宇宙仕様)」「HGUCジム・スナイパーII」

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

ポケ戦のジムってどれもかっこいいよね……(>ω<)

【ガンプラ】HGUC ジム・コマンド レビュー
【ガンプラ】HGUC ジム・コマンド(宇宙仕様)レビュー
【ガンプラ】HGUC ジム・スナイパーII レビュー

 

HGUCジム寒冷地仕様のガンプラレビュー画像です

HGUC ジム寒冷地仕様の感想

ということでHGUC ジム寒冷地仕様のご紹介でした。

 

目立つ合わせ目は多いですが、元のカラデザがシンプルなので意外と色分けはされていると思います。

弱点は可動域とマシンガンのストックが腕に干渉し、武器を持たせづらい点。

HGUC38番という事で確かに作りが古く弱点もあるのですが、定価がめちゃめちゃ安く、非常に見た目の良いガンプラに仕上がっていると思います。

 

「合わせ目消し・部分塗装の練習用キット」としては最適なガンプラで間違いないでしょう。

とにかく定価が安いので、減点無し評価で!

 

以上、「HGUC ジム寒冷地仕様」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る