icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ドレッドノートガンダム(Xアストレイ) レビュー

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」のガンプラレビューです。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED X ASTRAYに登場し、プレア・レヴェリーが搭乗するドレッドノートガンダム(Xアストレイ)をご紹介。

2004年発売。

背部の巨大なドラグーンは着脱可能なうえ、サイドアーマーの武装「プリスティス」は差し替えで射出状態も再現可能です。

という事で、HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)を劇中再現の画像多めでじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

ガンダムSEED MSVの機体で、コミック「機動戦士ガンダムSEED X ASTRAY」に登場するドレッドノート勇敢な者ガンダム。

設定的にはゲイツガンダム系両方の特徴を兼ね備えた過渡期の試作機で、ニュートロンジャマーキャンセラー搭載機です。

ザフトでは初のガンダムタイプであり、モビルスーツとしては初のニュートロンジャマーキャンセラーを搭載した機体であったりします。

ちなみに「Xアストレイ」という名前は背部にX字のドラグーンユニットを装備させた状態を見たロウ・ギュールが呼んだ名前のため、正式名は「YMF-X000Aドレッドノート」です。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

パイロットはプレア・レヴェリーさん。

「ガンバレルシステムを運用できる空間認識能力を備えたパイロット」を量産するために作り出されたクローン人間です。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールは広範囲な白い部分を補うものが中心。

また、マーキングシールも付属し「ドラグーンに貼るナンバー」「ザフトのテスト運用時のマーク」「ジャンク屋ギルド+ドレッドノートのシルエットマーク」が印刷されています。

肩に貼るマークは選択式になります。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「MA-M22Yビームライフル」「MA-MV04 複合兵装防盾システム(シールド)」「XM1プリスティス×2(射出時用の差し替えパーツ)」

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)がこちら。

16年前のガンプラという事で合わせ目の量は多いですが、設定画や劇中に近いゲイツ風味のスタイルで立体化されているのではないでしょうか。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

スタンダードなトリコロールカラーの本体色に、真っ赤なドラグーンユニットが冴え渡るガンプラに仕上がっています。

背部のX字ドラグーンユニットは重さがありますが、接地面が広いため安定して自立します。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

まずはドラグーンユニットを外し、本体を細かく見ていきたいと思います!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

手足はそこそこ広がります。腕は軸接続、脚はボールジョイント接続の当時ものHG準拠です。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

いきなり弱点ですが、ヒザ関節はほとんど曲がりません。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

そのため、膝立ちは不可となります。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

また、サイドアーマーに装着しているプリスティスは本体に接続する設計のため、上半身がほとんど曲がりません。

という事で、本キットは可動域が弱点となります。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

色分けは良好ですが、アンテナ・頭部パーツは接続強度がきつめでパーツの合いもそこまで良くありません。

これから組まれる方はピンをカットするなどして組むのがオススメだぞ!(無理やりつけたら外れなくなる上、変な隙間があくので)

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

襟前部の広範囲なホワイト部はシールで色を補います。

胸の黄色いダクトは内部から露出する構造で色分けされていますが、コクピットハッチはグレーで要塗装です。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面・上部に合わせ目が出ます。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

上から。ショルダーアーマーの白い部分はシールで色を補いますが、シール下には合わせ目が出ます。

胴体上部にも合わせ目あり。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

肩部をアップで。今回は肩にXアストレイと呼ばれた時のものを貼ってみました。

ジャンク屋ギルドの共通マークに、ドレッドノートの特徴的なシルエットを組み合わせたデザインになっています。(今回貼らなかった方はザフトによってテスト運用がおこなわれていたザフトマークに近いデザインです)

2種類付属し、選択式となります。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

腕部は肩内部ブロックと前腕部前後に合わせ目が出ます。

二の腕は筒型パーツ、肘関節は1パーツ構造です。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは中央を切り離すだけでは独立可動しない形をしています。(横から抜け落ちちゃう感じ)

サイドアーマーはプリスティスを装着している都合上、実質固定式でほとんど動きません。

脚部は前一直線に合わせ目が出ます。

ヒザ関節は1パーツで合わせ目無しです。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。後ろはモモ・ふくらはぎ付近に合わせ目が出るうえ、

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

スラスターは色分けされておらず、グレーで要塗装となります。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

足裏は肉抜き無し。当時ものという事で、股下にスタンド穴はありません。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

バックパックは着脱可能で、

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

ドラグーンユニットを装着する場合は↑のように間に挟み込む形で接続します。

接続強度は丁度良く、外れる心配はありませんでした。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

大迫力のドラグーンユニット。

中央のバーニア内は赤で要塗装です。また、ドラグーンの白い部分はシールで補う仕様で一部グレーが足りません。(でっぱったところ)

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

中央のプラットフォームと4基のドラグーンはシンプルなモナカ構造で、合わせ目が出ます。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

各ドラグーンには番号が割り振られており、1~4のマーキングシールを貼ります。

※左上から時計回りに番号が振られています

このマーキングシールが非常にかっこいいっす……!(>ω<;)

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)、出撃!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

MA-M22Yビームライフルはシンプルな4パーツ構造で合わせ目が出ます。

人指し指を突き出したライフル持ち手は付属せず、手首パーツの穴とグリップの大きさも合っていないため少しグラグラします。(SEED当時ものによくある仕様)

ちなみにこのライフルの設定は「ゲイツ用に開発されたMA-M21Gの改良型」との事。後のプロヴィデンス用のMA-M221ユーディキウムの原型となる系譜的な側面を持つ武器だったりします。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

MA-MV04 複合兵装防盾システム(シールド)は基部でロール回転しますが、肩に干渉するため動きは制限されます。

ザフトの「Z」部分はモールドが刻まれていますが色が足りず、黄色で要塗装です。

それではアクションポーズいってみます!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

ビームライフルを放つドレッドノートガンダム!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

腰がひねれないのとヒザ関節があまり曲がらないので、ポーズ幅は制限されます(*´ェ`*)

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

肩は昔ながらの軸接続ですが、無理なく構える事ができました。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

MA-MV04 複合兵装防盾システムには穴が空いており、↑の別売りHGプロヴィデンスガンダム(同年の2004年発売)に付属するサーベル刃のエフェクトパーツに対応しています。

本キットにはサーベル刃は付属しないのでご注意を!(>ω<)

※写真のサーベル刃はHGプロヴィデンスガンダムに付属するものを持ってきました

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

サーベル刃を発生させるドレッドノートガンダム!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

ちなみに劇中ではサーベルは未使用だったりします。(すぐシールド壊してたし(*´ェ`*))

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

それではここから、機動戦士ガンダムSEED X ASTRAYの名シーンを再現しつつギミックを見ていきたいと思います!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

「ドレッドノート。キミの勇気をボクに!!」

ドレッドノートガンダム、起動!

HGハイペリオンガンダムのガンプラ画像です

「このままにしておけるか。あれが核エンジンを積んだMSならば逃さんぞ!!」

カナード・パルスのハイペリオンガンダム強襲!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)とハイペリオンガンダムのガンプラレビュー画像です

「欲しいのはその機体だ」

ザスタバ・スティグマト(ビームサブマシンガン)を連射するハイペリオンガンダム!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

「……け!!プリスティス。敵はあの黒い炎だ」

プリスティスを射出するドレッドノートガンダム!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

射出用の差し替えパーツは左右分付属します。

先端の白いパーツはこちらに付け替える感じです。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

先端をアップで。内側に肉抜きがあります。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

チューブパーツはある程度曲げる事ができますが、無理に曲げると折れそうな予感がしたので控えめに展開させてみました(*ノェノ)

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)とハイペリオンガンダムのガンプラレビュー画像です

「くっ…」

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

「行こう。Xアストレイ」

ドラグーンユニットを背負ったXアストレイ、出撃!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

4基のドラグーンはポリキャップ接続で、全て着脱可能です。

ただ、リード線は付属しません。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

「Xアストレイ、ボクに勇気を!!」

プレア・レヴェリー、ドラグーンを射出!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

アストレイファンにはたまりません……(涙

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)とハイペリオンガンダムのガンプラレビュー画像です

「振り切れない!」

圧倒されるハイペリオン!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)とハイペリオンガンダムのガンプラレビュー画像です HGハイペリオンガンダムのガンプラ画像です

「そんなモノ、このハイペリオンが吹き飛ばしてやる!」

勝負の行方はいかに……!

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)とハイペリオンガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGハイペリオンガンダムと全身を比較。

同じSEED MSV系(X ASTRAY)のキットですが、2機とも流用無しの新規キットになっています。

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)とハイペリオンガンダムの比較ガンプラレビュー画像です HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)とハイペリオンガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ハイペリオンガンダム レビュー

 

HGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のガンプラレビュー画像です

アストレイファンにはたまらないガンプラです……(涙

HG ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)の感想

ということでHGドレッドノートガンダム(Xアストレイ)のご紹介でした。

 

いや~満足度の高いガンプラです、不満点はないっす^^^

 

……アカン!一応ガンプラレビューという事でここからはフラットな感想を書きますw

まず可動域に難があり、サイドアーマーのプリスティスが胴体と接続されているためほとんど腰をひねる事ができません。

また、ヒザ関節も旧キットばりに曲がらないためアクションポーズは苦手なガンプラといっていいでしょう。

頭部パーツは接続強度が強すぎてパーツの合いが悪いです。プリスティスは先端パーツが外せないので遠隔操作状態が再現できなかったり、ドラグーンのリード線も付属しないのが残念だったりします。

……あれ?結構ボロクソ言ってる?w

長所はゲイツの系譜を感じるデザイン、ヒロイックな本体カラーに巨大な背部ドラグーンユニットの迫力があり、非常に見栄えがいい点だと思います。

完璧に再現するとなると脚部・背部バーニア内・シールド・ドラグーン一部などを塗り分ける必要があるため非常に手間はかかると思いますが、いじりがいがあるガンプラになっていると思うのである程度手を加えるモデラーさんにはオススメといった感じです。

ザフト初のガンダムタイプ、MS初のニュートロンジャマーキャンセラー搭載機という事でC.E.世界で重要なポジションのMSのドレッドノートガンダム。アストレイファンには間違いなくオススメだぞ!(>ω<)

 

以上、「HG ドレッドノートガンダム(Xアストレイ)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る