iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC Vダッシュガンダム レビュー

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HGUC Vダッシュガンダム」のガンプラレビューです。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士Vガンダムに登場し、リガ・ミリティアが運用するVダッシュガンダムをご紹介。

2015年発売。

HGUC Vガンダムのランナーに、ダッシュ特有のオーバーハング・パックが新規造形で付属

更に、ヘキサタイプの頭部も同梱します。

という事でHGUC Vダッシュガンダムを、旧キットや塗装したVガンダムとの比較・塗り分けポイントなどを含め、じっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC Vダッシュガンダム

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

ボックスアートにはビーム・スマートガンをぶっ放すVダッシュガンダムに、ヘキサタイプのVガンダムやコア・ブースターなどが描かれています。

キットの内容的にはHGUC Vガンダムが丸々1体同梱し、それに加えダッシュ特有の武装やオーバーハング・パック、ヘキサタイプの頭部が追加で付属する内容となっています。

という事で、通常のVガンダムとどちらを買うか迷った場合はとりあえずこのVダッシュガンダムを買っておけば後悔しないと思います(*´ェ`*)

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールはツインアイ2枚や黒いくぼみ部分、各センサー部などを補うものが付属します。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・スマートガン」「ビーム・サーベル×2(エフェクトパーツは通常×2・扇状×1)」「ビーム・シールド」「ヘキサタイプ頭部(交換用)」「コア・ブースター」「Vガンダムの余剰パーツ」

豪華な内容となっており、エフェクトパーツが豊富でヘキサタイプの頭部が付属し、通常のVガンダムのパーツも丸々付いてきます。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUC Vダッシュガンダムがこちら。

本体はバックパック以外HGUC Vガンダムと全く同じですが、ビーム・スマートガンや背部オーバーハング・パックがVダッシュガンダムの特徴となります。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

小型MSが主流な時代のMSという事で、一般的なHG(RX-78-2等)などに比べ小さめに造形されています。

ただ少しオーバースケールぎみになっており、旧キットの1/144Vガンシリーズと並べると頭一つ分でかいです。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

接地性が良く、オーバーハング・パックを背負っても安定して自立します。

それでは各所細かく見ていきます!

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

オールガンダムプロジェクトフォーマットという事で、腕は水平まで上がり開脚範囲も広いです。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

各関節も大きく曲がり、キレイに膝立ち可能です。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

可動域についてはつっこむところもなく、よく動いてくれる印象です。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部。アンテナ先端には安全フラッグあり。

バルカンやくぼみ部分は色分けされていません。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

前後はめ込み式で、基本的には段落ちモールド化されていますがトサカ付近には合わせ目が出ます。

HGUC Vダッシュガンダム ヘキサタイプの頭部のガンプラレビュー画像です

ヘキサタイプの頭部も付属するぞ!(>ω<)

選択式ではなく、丸々1つ別パーツとして組む事ができます。

色分けはちょい甘で、額の赤い部分や左右のアンテナの白い部分はホイルシールで補います。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

小さな胴体ながらパーツ分割による色分けが優秀で、合わせ目も出ません。

細かい事を言えば側面ポリパーツのすぐ下は段落ちモールド化されていませんが、設定画や組み立て書の作例ではモールドになっています。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部をアップで。黄色いダクトは内部からパーツが露出する構造です。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身と下半身はボールジョイント接続になっており、前後に柔軟に可動します。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体内部のポリパーツが露出し、肩も前後に大きく可動します。

特に前方向への可動域に優れています。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は前後・上の3パーツ構造で合わせ目が出ません。

側面のくぼみ部分は黒いシールが付属します。

また、肘関節は180度曲がります。小さいのにほんとよく出来ているわ……(*´ェ`*;)

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

↑の赤枠部分が合わせ目で、量は少ないです。

ただこのVガン系キット最大の弱点になりますが、関節パーツがグレーになってしまっています。(本来ホワイト)

パーツがこすれる部分なので、塗装派モデラーさんでも痛いポイントになっているのではないでしょうか。一応塗ってみた状態の画像は後述します(>ω<)

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

肘の赤いパーツ(シールド発生器)は引き出す事ができ、ビーム・シールドを装備する事ができます。(両腕とも)

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・シールド展開!

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

Vダッシュの特徴であるオーバーハング・キャノンは、バックパックとプラ同士のボールジョイント接続になります。

ホワイト・ブルーしか色分けされていないため、細かい部分は要塗装となっています。(本来レッド・イエローもあり)

また、このあたりは合わせ目の量が多いです。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

オーバーハング・パックは取り外す事ができる上、

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパック自体を「余剰パーツとなるVガンダム」のものに交換する事もできます。

という事で、通常のVガンダムも再現できます。

プレイバリューが高いですね。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは大きく上がります。

裏側にモールドは無く、白いパーツのピンが見えちゃう感じ。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は関節パーツに合わせ目が出ます。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

白い外装部分は段落ちモールド化されており、合わせ目が出ない構造です。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

アンクルガードの取り付け方が面白く、間に挟むだけなのですがプラつく事もはずれる事もありません。

小型MSをいかにうまく立体化するか悩んだ末に編み出された技法だと思われます。よく出来ているぞ……(>ω<)

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏にはぐるりと肉抜きがあります。ここは残念ですね。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・スマートガン、通称「物干し竿」を装備させてみます。

設定的には宇宙世紀120年代(コスモ・バビロニア建国戦争あたり)に開発されたビーム砲で、偶然発見したものをリガ・ミリティアが運用しているという武器になります。

両サイドにグリップがついており、

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

6個空いている穴のうち、好きなところに接続する事ができます。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

右側のグリップを一番手前、左側を真ん中ぐらいに配置すれば構えやすかったよっ!(*´ェ`*)

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

Vダッシュガンダム、ビーム・スマートガンを装備!

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

ダッシュに付属する一番派手な武器になりますが、グリップ基部の強度が弱いので破損には注意した方がいいかもしれません。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

コア・ブースターも別で付属します。

色は結構足りないので、ボーナスパーツといった感じだと思われます。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

下に穴が空いており、3mmスタンドに対応しています。

また、

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・スマートガンを折りたたんだ状態に組み換え、下部に装着する事もできます。

スマートガンは簡単に切り替え可能です。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

それではHGUC Vガンダムに付属する武器もザザーッと見ていきます。

まずはビーム・ライフルから。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

戦場へ向かうVダッシュガンダム!

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像ですHGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

Vガンダムらしい、流線的な造形がたまりません(>ω<)

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベル抜刀!

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

斬りかかるVダッシュ!

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です

扇状のサーベル刃も1つ付属します。

HGUC Vダッシュガンダムのガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です

ヘキサタイプでも何枚かいってみます。

HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です

ヘキサヘッド、いいよね……。

HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です

「HGUC Vガンダムの頭部をヘキサに交換したもの(右・塗装済)」とディスプレイ。

Vガンは何体揃えても絵になるのだ……。

HGUC Vダッシュガンダム・ヘキサタイプ頭部のガンプラレビュー画像です

塗装ポイントとしては、やはり肘関節だと思います。(なんか色が合ってないけどw)

一応こすれて塗膜が剥がれてくる事はありませんでしたが、そこまで動かしていないのでどれぐらい持つかは不明です(>ω<)

旧キット1/144VダッシュガンダムとHGUC Vダッシュガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

旧キット1/144 Vダッシュガンダム(左)と比較。

旧キットはかなり昔に作ったので、合わせ目処理した箇所が黄ばんできていますが気にしないでください……w

地味に足の甲を青くしてみたんだけど気付いたかな……?

旧キットはスケールこそ忠実になっていますが、それ以外ではHGUC版の圧倒的勝利です。

機動戦士Vガンダムのガンプラ画像です

1/144スケールのVガンプラモ勢揃いで。

機動戦士Vガンダムのガンプラ画像です

 

HGUC Vダッシュガンダムの感想

ということでHGUC Vダッシュガンダムのご紹介でした。

 

基本通常のHGUC Vガンダムに追加パーツが付属する内容になっていますが、ヘキサヘッドをはじめビーム・スマートガン、オーバーハング・パックと量が多くかなりプレイバリューの高いガンプラに仕上がっています。

 

弱点は肘関節の色と、ビーム・スマートガンのグリップ基部の強度問題ぐらいだと思います。

よく動くし、プロポーションにも優れているためVガンファンなら満足のいくガンプラに仕上がっているのではないでしょうか。

既に通常のVガンダムを組んでいるモデラーさんは、ヘキサヘッドが丸々1つついてくるため通常Vガンダムに持っていけば遊びがいが広がると思うぞ!

 

ちなみに余談ですが、現在プレミアム・バンダイ限定でHGUCセカンドVというマニアックなVガンが予約受付中です。

商品説明を見る限り、ほとんど新規造形になっているのにビビりましたw

どこが変わっているかは↓のプレバンサイトでどうぞ。

>>セカンドVの特集ページを見る

 

以上、「HGUC Vダッシュガンダム」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る