スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】MG 1/100 エクリプスガンダム レビュー

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「MGエクリプスガンダム」のガンプラレビューです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED ECLIPSEに登場し、タツミ・ホーリが搭乗するエクリプスガンダムをご紹介。

2021年発売。

最新のMG系SEEDの意匠を踏襲したプロポーションで立体化されており、MS形態MA形態に切り替え可能です。

また、別売りのMG「ストライカー」「シルエット」「ウィザード」と互換性がありカスタム性に優れたガンプラに仕上がっています。

という事で、MGエクリプスガンダムをレビューしていきたいと思います!

MG エクリプスガンダム

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

「機動戦士ガンダムSEEDシリーズ」のMSV新企画であるコミックの主役機、エクリプスガンダムさん。

設定的にはオーブがフリーダムガンダムのフレーム構造を基に開発した機体で、ミラージュコロイドステルスが実装された可変モビルスーツとなります。

ガンプラ的にもMGフリーダムガンダムVer.2.0のフレームが流用されており、MA形態に変形可能なガンプラに仕上がっています。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

組み立て書には、オーブ外務省が管轄する国際救助隊「ODRオーダー」に所属するパイロット「タツミ・ホーリ」が記載。

ナチュラルながら、エクリプスの操縦においてのみ天才的な適性を持っているキャラクターです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールがこちら。

今回のMGに、ガンダムデカール(ドライデカール)は付属しません。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ディスプレイ台座(+MS/MA用ジョイントパーツ)」「72E4式ビームライフル ジンライ×2(+72式ビームサーベル×2)」「PS-02ビームシールド×2」「各種エフェクトパーツ」「別売りストライカー/シルエット/ウィザード用接続パーツ」

ディスプレイ台座も同梱するため、かなりのボリュームがあります。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

MGフリーダムガンダムVer.2.0の余剰パーツがこちら。

グレーのパーツが大量に余るぞ!(*_*)

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したMGエクリプスガンダムがこちら。

前述の通りMGフリーダムガンダムVer.2.0のフレームが一部使用されてますが、外装や武装は全てエクリプスの新規造形となります。

ショルダーアーマーや脚部がトゲトゲした、特徴的なデザインで立体化されています。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

成形色は、ホワイトを基調としたキレイな主役系トリコロールカラーでまとめられています。

足首パーツはかなり小さめに設計されていますが、安定して自立するうえ接地性も高いです。

ただ経年で股間軸が緩まってきそうな気がするので、同梱するディスプレイ台座に展示しておく方が安全かもしれません。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がります。

顔を上げる動作も得意です。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

肘関節は180度近く曲がり、ヒザ関節も90度ほど曲がります。

上半身も前後左右と柔軟に可動し、キレイにヒザ立ち可能です。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

全体的に見て、可動に不満の出ない現代風MGに仕上がっている模様。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナと左右のパーツが特徴的なデザインをしていますね。

ツインアイや左右のダクトなど、MGらしく色分けは非常に優秀です。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。色分けは超優秀です。アップで見ても、モールドが細かいぞ……(*_*)

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

コクピットは開閉し、座った状態の1/100タツミ・ホーリも付属します。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

肩周りをアップで。ほのかにフリーダムを感じる部分もありますね。成形色のレッド・ブルーの色合いもフリーダム風な気がします。

前後のウイングは可動します。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

腕をアップで。腕は胴体ではなく、ショルダーアーマーに接続されている特殊な作りです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

手首パーツは「武器持ち手」「握り手」「平手」が左右分付属します。

↑以外にも「今回は使わないフリーダムの4本指も付属する」ので、他から武器を持ってきた際の互換性はかなり高いと思われます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。アーマーは裏側もグレーのパーツで色分けされており、モールドも細かいです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

股間軸は上下に可動します。

ここはモロにMGフリーダムガンダムVer.2.0を流用した部分なのですが、細めのKPS構造になっているため破損にはご注意を。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

特徴的な脚部をアップで。関節フレームなど、合わせ目はありません。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

変形ギミックを搭載しているので、各部面白い動き方をします。

内部フレームや装甲裏側を覗き込んでもモールドが細かく刻まれていて、MGらしい密度を感じます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

背部にはストライカーコネクトが採用されており、設定的にもガンプラ的にもストライカーパックの換装に対応しています。※詳しくは後述

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

↑枠のジョイントパーツを取り付ければ、

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

同梱するディスプレイ台座に展示できます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

72E4式ビームライフル「ジンライ」は、グリップを引き出して持たせます。

エクリプスの主要武装で、両腰に搭載されています。

ちなみに手首パーツ(武器持ち手の4本指)内の凹凸とあわせるようにして持たせるため、保持力が高いです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

ジンライで攻撃!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

マウントするには「サイドアーマーの凹」と「ジンライの凸」を合わせます。ガッチリと接続されます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルのグリップを引き抜く事で、72式ビームサーベルが再現できます。

専用のビーム刃も2本付属するぞ!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

72式ビームサーベルを構えるエクリプスガンダム!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

両腕には、PS-02ビームシールドを装備しています。

ジョイントパーツにより繋がれており、細かく可動するうえ裏側の色分け・モールド量も申し分ないクオリティです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

上下を引き出し、エフェクトパーツを取り付ければアームソードも再現できます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

襲いかかるエクリプス!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

そして本キットの特徴ですが、MG エールストライクガンダムVer.RM」に同梱するエールストライカーを無改造で装着できます。

※別売りのためご注意を

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

エールエクリプスガンダム状態でパシャリ。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてなんと、「MGランチャー/ソードストライクガンダム」に付属するランチャーストライカーソードストライカー、「MGフォースインパルスガンダム」に同梱するフォースシルエット、「MGガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)」に付属するガナーウィザードとも互換性があります。

↑の専用ジョイントパーツを使う事によりアレンジできるので、非常にカスタム性の高いMGに仕上がっている模様。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

それではMA形態に変形させてみるぞ!

まずは脚部まわりを動かし、先端を閉じます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

腰を曲げ、サイドアーマーや肩周りなどを動かし……

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

頭頂部のパーツを引き出してから回転させ、頭部を押し込みます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

腰の後ろのパーツを外し、↑枠のMA形態用スタンドパーツをはめこみます。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したMA形態がこちら。

画像ではだいぶ端折りましたが、かなり複雑な変形ギミックで組み立て書とにらめっこしながら30分以上はかかりました……(*ノェノ;)

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

横から。慣れれば問題ないと思いますが、ちょっと言葉では説明できないような複雑な変形ギミックになっていたので、気軽には切り替え不可だと思った方がいいです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから。組み立て書の解説にも書かれていましたが、「他の可変モビルスーツとは一線を画する独自の変形機構」との事。

MA状態での最高速度は、音速を超えるそうです。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

突撃!

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

ちなみに、MA形態の状態でもエールストライカーと互換性があります。

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です MGフリーダムガンダムVer.2.0とMGエクリプスガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

フレーム流用元のMGフリーダムガンダムVer.2.0と比較。

【ガンプラ】MG ZGMF-X10A フリーダムガンダム Ver.2.0 レビュー

 

MGエクリプスガンダムのガンプラレビュー画像です

MG エクリプスガンダムの感想

ということでMGエクリプスガンダムのご紹介でした。

 

フレームは流用されているものの、さすが2021年中頃に発売された新作MGというだけあり非常にクオリティが高いです。

パーツ分割での色分けの良さはもちろん、見えづらいパーツにも裏打ちパーツが使われておりモールド量も多いです。

可動域も広く、変形ギミックや別売りストライカー/シルエット/ウィザードにまで対応している事から遊びの幅が広いガンプラに仕上がっていると思いますぞ。

注意ポイントはMGフリーダムガンダムVer.2.0と同様「足の付け根に接続する股間軸パーツ」で、可動ギミックを重視した細身のジョイント軸になっている事から破損にはご注意といった感じです。

ここ最近組んだガンプラの中でも、組み終えたあとの満足感はかなりありました。エクリプスのデザインが好みのモデラーさんには、めちゃめちゃオススメだよ……!(>ω<)

 

以上、「MGエクリプスガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る