スポンサーリンク
スポンサーリンク

[PR]プレミアムバンダイ
icon
icon
iconicon
icon

【ガンプラ】MG 1/100 ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka レビュー

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「MGナラティブガンダムC装備 Ver.Ka」のガンプラレビューです。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムNTに登場し、ヨナ・バシュタが搭乗するナラティブガンダムC装備の、MG Ver.Ka版をご紹介。

2024年発売

サイコフレームのクリアパーツは表面だけでは側面・裏面にディテールを追加。奥行きのある立体的な造形で再現されています。

さらに今回は、NT-D未発動状態のサイコフレームも付属し、組み終えたあとでも切り替えが可能

鳥のようなフォルムのコア・ファイターも再現できます。

ということで、MGナラティブガンダムC装備Ver.Kaを徹底的にレビューしていきたいと思います!

MG 1/100 ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

久々に発売されたVer.Kaシリーズの、MGナラティブガンダムC装備。

サイコフレーム試験機として開発されたMSであるナラティブガンダムですが、一部ユニコーンガンダムのサイコフレームパーツを使いつつ、ほぼすべてが新規造形のキットに仕上がっています。

価格は7,700円(税10%込)です。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

今回は「3Dメタリックシール」と、「ガンダムデカール(水転写デカール)」の2種類が付属します。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

1/100 ヨナ・バシュタのフィギュアがこちら。この立ち姿のほか、コア・ファイターに組み込む座った状態のものも付属します。

 

コア・ファイター

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

まずは鳥のようなフォルムのコア・ファイターから。

ユニコーンガンダムではコア・ファイターが組み込まれていなかったので、ナラティブガンダムの特徴部分でもあります。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

MGらしく色分け・パーツ数の多さともに優秀で、下部に↑枠のランディングギアを取り付けることで接地状態で展示できます。

キャノピーは開閉可能、こちらにはクリアパーツが採用されています。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

底面には3mm穴も空いているので、ランディングギアを外し、浮かせた状態で展示することもできます。

※本キットにスタンドは同梱しない点はご注意を

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ナラティブガンダムに組み込むには、このように折りたたみ……

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

上半身と下半身の間に組み込みます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ガチャコン!

 

ナラティブガンダム 素体

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

そして完成したナラティブガンダムの素体状態がこちら。

今回はC装備のパーツが付属しますが、今後A装備やB装備の拡張キットがプレバンで発売されそうな気もしますね。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

MS状態でも、コクピットハッチは開閉することができます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

今回は「素体」を作ってから「サイコフレーム」を組み込んでいく方式なので、NT-D発動・非発動状態があとからでも切り替えできます。

ということで、まずはNT-D発動状態から。各パーツを動かし、↑枠のサイコフレームを組み込んでいきます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー、腕部にもサイコフレームを組み込みます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

腰部も。上下のパーツが動いたりフロント不カートの下部パーツを下げることができるので、スムーズに切り替え可能です。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

↑枠の腰部サイドアーマー、リアアーマーの内部にもサイコフレームを組み込んでいきます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

脚部は、一部パーツが展開。太ももとヒザ部に、サイコフレームを取り付けます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

組み込んだあとの状態はこんな感じ。

無理のない構造になっているので、サクサクと再現していくことができます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

足首パーツは甲部分が展開。中に組み込んだり、足首あたりにサイコフレームを足していきます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

バックパックも然り。一部パーツが開閉するので、素体状態のパーツと交換しながら再現していきます。

ビーム・サーベル含め、バックパックがユニコーンガンダムのような形になりました。

 

ナラティブガンダム C装備 NT-D発動状態

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

そして完成したNT-D発動状態がこちら。

サイコフレームにこそMGユニコーンのパーツが流用されていますが、ほぼ新規造形になっているのは好印象です。(当たり前といえば当たり前ですが)

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

接地性、自立性ともに優秀です。

内部フレームにはKPS素材が使われているのですが、良くも悪くも関節強度がキツめに設計されているため破損にはご注意を。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

サイコフレームを組み込む際、腕などを一度外す必要があるのですが、接続軸がねじ切れないよう慎重に触る必要はあると思います。(←破損させまくりモデラーの勘。今回は無事でしたが、なんか破損しそうな雰囲気はプンプン感じましたw)

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

可動域はかなり広く、手足は大きく広がります。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

各関節もめちゃめちゃ動くので、キレイにヒザ立ち可能です。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

そしてちょい感動したのは、コア・ファイターを組み込む構造なのに真横を向くことができる点。

可動域に関しては、不満がないです。めっちゃ動く。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。MGらしく、アンテナ先端は尖っています。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

超アップで。ご覧のとおり、60mmバルカン砲は別パーツで色分けされているうえ、フェイスマスクのヘの字スリットは開口されています。

ツインアイは3Dメタリックシールを使うので、非常にキレイです。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

腰部の内部は細やかに動き、股間軸は上下にスイング可動します。

柔軟に動くので、細やかな動きをつけることができます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのパーツは開閉可能。足裏のバーニアは、イエロー部も細かく色分けされています。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

腰部リア側下部のパーツを開けば、アクションベースに対応します。

今回股下に噛ませるジョイントパーツは付属しないので、スタンドに展示する際はここの穴を使います。

※繰り返しになりますが、本キットにスタンドは付属しないのでご注意を

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

「ヨナ・バシュタ、ナラティブガンダム。行きます!」

ナラティブガンダムC装備、出撃!

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ジェガンのライフルをベースに急造した、ビーム・ライフルがこちら。

グリップ部のパーツを一度外し、ハンドパーツ内に組み込んでから持たせるためガッチリと保持できます。(左手に持たせることも可能)

※今回ハンドパーツは「握り手」「指可動タイプ(武器を持つ用)」の2種類が、左右分付属

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

シールドもジェガンのものを改修したシールドですが、前面にサイコフレームが組み込まれています。

シールド裏には「ビーム・キャノン」「ミサイル」が搭載されていて、νガンダムのシールドに似たような仕様になっているのも特徴です。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

「撃ち墜とす!」

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

一部パーツを組み替えることにより、ジェガン用のライフルを再現することもできます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

また、ライフルは腰部リア側にマウントできるほか、Eパックを外して取り付けることもできます。

※Eパックは2つ付属

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ビーム・キャノンで攻撃!

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

「直撃させる!」

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

シールドは、背部にマウントすることができます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

こちらもハンドパーツ内の凹凸と合わせるように持たせるので、ガッチリと保持できます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

「舐めるな!」

ビーム・サーベルで攻撃!

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

↑枠のパーツも付属し、ビーム・サーベルのグリップを取り付けることで腰部リア側にマウントするような状態も再現できます。

※ビーム・サーベルは2本のみ付属

 

ナラティブガンダム C装備 NT-D未発動時

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

それではNT-D未発動時に切り替えてみます。

今回良いのは、組んだあとでも「NT-D発動状態」「NT-D未発動時」の2種類に切り替えられる点

パーツを分解する必要がないので、いつでも切り替えできます。ただ、ちょい時間はかかりました。(慣れないと20分くらいかかるかも)

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

腰部まわりも変えていきます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

腕部も。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

バックパックは、サーベルの基部パーツなど細かなところも切り替えます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

腰部リア側も。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

脚部。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

シールドのフレームも切り替えるのですが、ここだけパーツが外しにくいので破損にはご注意を(>ω<;)

↑では普通に見えていますが、切替時に一部破損してしまったのでみんなは気をつけてね……←人柱

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

NT-D未発動状態がこちら。

ガンダムキャリバーンの時も感じましたが、あえての「未発動」状態もかっこいいよね……。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

この状態でも何枚かいってみます。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

「こんなところで…俺は死ねない!」

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

HGUC 1/144 ナラティブガンダムC装備と比較。

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

HG版は2019年発売でKPSフレームを使っていますが、この時代あるあるの「KPS関節のフニャつき問題(勝手に足が開いてくる等)」があるので、経年でポージングしにくくなってくる点はご注意を(*ノェノ;)

※ガンダムNT時代のHGは関節に使われているKPSの関節強度がユルユルなのが多かった

【ガンプラ】HGUC 1/144 ナラティブガンダム C装備 レビュー

 

MGナラティブガンダム C装備 Ver.Kaのガンプラレビュー画像です

「今更遅過ぎるって、分かってる…でも、俺は!」

MG 1/100 ナラティブガンダム C装備 Ver.Kaの感想

ということでMGナラティブガンダムC装備 Ver.Kaのご紹介でした。

 

ほぼ新規造形で再現されているのと、組んだあとからでもサイコフレームを切り替えできるのがポイント高いです。

ただ、切替時の破損にはご注意を。

あとはKPSの関節フレームがキツめに設計されているので、破損には注意系のMGに仕上がっていると思います。

今回は無事に撮影できましたが、腕(胴体と肩の接続)の関節テンションが少しキツめな気がしたので、心配な方は接続強度を調節しながら組んだ方がいいかもしれません。

 

以上、「MG 1/100 ナラティブガンダム C装備 Ver.Ka」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る