icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】1/144 シャイターン レビュー【旧キット】

シャイターンのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「1/144 シャイターン」のガンプラレビューです。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

機動戦士Vガンダムに登場した、ザンスカール首都防衛用対空迎撃モビルスーツ・シャイターンをご紹介。

1993年発売の旧キットになります。

特徴的なビーム・シールドは手首にマウントできるという、変わった構造をしています。

という事で、早速1/144シャイターンのレビューいってみます!

スポンサーリンク

1/144 シャイターン

シャイターンのガンプラレビュー画像です

設定的にはサイド2のザンスカール本星に接近する敵を迎撃するために開発されたMSになります。

機体各所に8門のビーム砲を装備し、単機で一個中隊並の攻撃力を持っているものの機動性や移動能力が極端に減っている機体。

劇中では学徒兵が使っていたため性能を発揮できなかった、ちょっぴり可愛そうなモビルスーツっす(>ω<)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは目の部分と名前が印字されたものが付属。

この1/144シャイターンさん、色分けが死んでいるため要塗装キットとなります(*´ェ`*)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

付属品はこちら。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル」「ビーム・シールド」

シャイターンのガンプラレビュー画像です

クリアパーツのスタンドとディスプレイカードも付属します。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

カード裏面にはシャイターンの設定が書かれているぞ!

シャイターンのガンプラレビュー画像です

そして完成した1/144シャイターンがこちら。

ご覧のように、プラ部分がライトブルーの1色成形です。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

全身いたるところに合わせ目が出ますが、ご覧の通りスタイル自体は良好でびっくりしました。

接地性もそこまで悪くなく、安定して自立します。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

素立ち状態なら今のガンプラ基準で見ても問題ないですね。

アゴが引けないもののカトキ立ちがバシッと決まります。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

可動域はかなり狭いですが、肘・膝関節はある程度曲がり上半身が360度回転します。

当時物としては悪くないですね。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

シャイターンの特徴的な頭部(*´ェ`*)

左右はめ込み式で中央にガッツリと合わせ目が出ます。

変な隙間も空いてしまうため、完璧に作るならパテ必須といったところ。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

形状自体は悪くないです。

ちなみに顔の中は別パーツ化されており、塗装はしやすい分轄構造でした。(顔の中パーツはグレーで要塗装)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

ザンスカ好きにはたまらないゲヒョッとした顔をしていますw

この顔タマランわ……(^q^)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

胸部は細かな動力パイプやビーム砲(左右の◎)もばっちり造形されています。

ビーム砲は別パーツになっており、ここも塗装がしやすいパーツ分轄になっていました。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

上半身、腰部ともに前後はめ込み式で合わせ目が出ます。

また、今のガンプラようにパーツがジャストフィットしないため、合わせ目消しをするモデラーさんはご注意を。(他の部分も)

クリップとかで強くはさんでおく必要がありそうです。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

上から。肩にも合わせ目が出ます。

肩と二の腕が一体化されたパーツ分轄です。(合わせ目は出ます)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

腕部は全箇所に合わせ目あり。

関節のポリキャップが露出するのはシリーズ共通。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

腰部のスリット形状は細かく造形されています。

リア側にはビーム・ライフルをマウント可能です。(プラ同士で接続するため抜き差ししていると緩くなる恐れ有り)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

脚部はすべて左右はめこみ式で合わせ目が出ます。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

合わせ目が多いものの、ご覧のように脚部の形状再現度は非常に高いです。

……設定画と比べても違和感ゼロ(*´ェ`*)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

バックパックは上部のビーム砲・下部スラスターともに別パーツになっていて合わせ目が出ませんが、

シャイターンのガンプラレビュー画像です

内側はガッツリと肉抜きされています。

ここをパテで埋めると、重心が後ろに偏って自立が難しくなる可能性があります。

埋める場合は軽量タイプが良さそうです。

 

シャイターンのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは1パーツ成形、右側面に肉抜きが多数あります。

それでは、可動域の狭いシャイターンを頑張ってポージングさせまくってみます!(>ω<)

シャイターンのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを構えるシャイターン。

シャイターンのガンプラレビュー画像です シャイターンのガンプラレビュー画像です シャイターンのガンプラレビュー画像です

他の旧1/144Vガン系と比べると、各部位のポロリ率は低めです。

股下の穴が3mm穴になっているため、最近のスタンドに対応している点が地味に嬉しいっす。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

ビーム・シールドを展開させてみます。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

手首パーツを一度外し、エフェクトパーツをはめて挟み込む仕様です。

動かしまくっていると簡単に外れますが、思ったほどポロリしない感じではありました。

シャイターンのガンプラレビュー画像です シャイターンのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

シャイターンのガンプラレビュー画像です

次はビーム・サーベルを装備させてみます。

湾曲したタイプのみ付属します。

シャイターンのガンプラレビュー画像です シャイターンのガンプラレビュー画像です シャイターンのガンプラレビュー画像です

サーベルを振り降ろす動作は苦手だぞ!(*´ェ`*)

シャイターンのガンプラレビュー画像です シャイターンのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルとビーム・サーベルで。

付属品を全て装備させた状態で展示できるのがいいです。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

ディスプレイスタンドに飾ってみた。

シャイターンのガンプラレビュー画像です

1/144 シャイターンの感想

ということで1/144 シャイターンのご紹介でした。

 

旧キットという事で全身に合わせ目があり色分けもほとんどされていませんが、ご覧の通りプロポーションが良好で劇中再現度も高いスタイルで立体化されていました。

形状をいじらなくても、合わせ目全部消してフル塗装すればめちゃめちゃ化ける系のキットだ思います(*´ェ`*)

ポロリがすごいコンティオや脚が長すぎるリグ・シャッコーと比べ、シリーズの中でもよく出来ている方。

多少いじれるモデラーさんにはかなりオススメですぞ!

 

以上、「1/144 シャイターン」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古1/144 シャイターン』の在庫を見る