スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】1/100 ガンダムバエル レビュー【FULL MECHANICS】

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「1/100 フルメカニクス ガンダムバエル」のガンプラレビューです。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズに登場し、マクギリス・ファリドが搭乗するガンダムバエルの1/100 フルメカニクス版をご紹介。

2017年発売。

肩部のエンブレムが別パーツで色分けされているほか、背部のスラスターウィングがメカニカルに展開します。

手首パーツは根本が可動するタイプに設計されており、バエル・ソードの抜刀シーンが容易に再現できます。

という事で、1/100 フルメカニクス ガンダムバエルをレビューしていきたいと思います!

1/100 フルメカニクス ガンダムバエル

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

1/100 FULL MECHANICSシリーズ第4段、ガンダムバエル。

メカデザインを担当する鷲尾直広氏の「描き下ろしディテール」を盛り込んだ姿で立体化されており、アニメでは描ききれないメカニカル感あふれるガンプラに仕上がっているのが特徴です(*´ェ`*)

ちなみに今回は通常版のご紹介ですが、初回特典版にはディスプレイ台座とマーキングシールが同梱します。今から初回版が欲しい場合は、中古で探してみるのも手だと思いますぞ。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

主にガンダムフレームに貼るゴールド部を補うものが中心です。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

こちらがガンダムフレームの状態。

組み立て書でも、最初にガンダムフレームを組み上げてから外装をかぶせていく順番です。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

アップで。外装をはめこめば見えなくなる部分にもシールを貼るという、豪華な仕様です。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「バエル・ソード×2」「手首パーツ×6」

手首パーツは左右の「通常武器持ち手」「手首が可動するタイプのバエル・ソード持ち手」「平手」の計6つが付属します。

今回のバエルでは、通常武器持ち手を使う事はないと思います。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

そして完成した1/100 フルメカニクス ガンダムバエルがこちら。

1/100スケールなだけあり、HG版よりも色分けが向上しているのが特徴です。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

プロポーションについては完璧ではないでしょうか……(*_*)

背部のスラスターウィングが重く後ろに重心が寄りますが、足首パーツの接地面が広いので自立は安定します。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

元のカラーデザインがシンプルという理由もありますが、色分けが優秀でストレート組みでも↑まで色分けされたガンダムバエルが完成します。

それでは各部細かく見ていきます!

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

可動範囲は広く、手足は大きく広がります。

特に腕はショルダーアーマーが可動するので、水平以上上がります。

顔を上げる動作も得意です。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がります。

ヒザ立ち可能ですが、脚長なデザイン上無理は出る感じです。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

ガンダムフレームの恩恵もあり、可動域はかなり広いです。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。合わせ目はありません。

アンテナの両先端は、ブルーのシールで色を補います。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。細かく色分けされているうえ、内部のシリンダーがチラリと見えて非常にかっこいいです。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

左肩のエンブレムは、シールではなく別パーツで色分けされています

側面のマークも、内部からパーツが露出する構造で色分け済み。

HG版と比べた場合、このあたりがフルメカニクスの特徴部分と言えそうです。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

ただ、HG版にはなかった合わせ目が上部に出ます。

腕はボールジョイント接続で前後に可動します。(ショルダーアーマーも、多少↑のように前後に振れます)

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

腕部分の合わせ目は段落ちモールド化されているうえ、色分けも良好です。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

腰部。スタンド用のジョイントパーツは付属しません。

アクションベース1の股間止め用8mm幅(BA3-B1⑧)に対応しているので、浮かせて飾りたい場合はアクションベースが必要です。

 

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

脚部は、ふくらはぎのブルーのみシールで色を補います。

足裏に肉抜きはなく、ガンダムフレームが露出する形で色分け済みです。(カカト裏は要塗装かな?)

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

バックパックのスラスターウィングは、フレキシブルに可動します。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

細かく動くうえ、止めたい位置で止まってくれます。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

ブレードホルダーのアームも展開できるうえ、

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

ボールジョイント接続のホルダー部は角度を変える事ができます。

ただ、動かしているとリアアーマーが外れる事が多々あるのでリアアーマーは接着推奨です。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

バエル・ソードを抜刀させてみます。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

持ち手は根本がスナップするタイプで、柔軟な動きをとらせる事ができます。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

ガンダムバエル、バエル・ソードを抜刀!

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です 1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

「マクギリス・ファリド、ガンダム・バエル、出るぞ」

ガンダムバエル、出撃!

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

スラスターウィングが大きく展開するので、迫力のあるポージングで展示できます……(*´ェ`*)

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

アクション!

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です 1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

「お前に教えてやろう。阿頼耶識あらやしきの本当の力を」

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

襲いかかるガンダムバエル!

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です 1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

やはりこの手首がいい感じです(>ω<)

手持ち武器はバエル・ソードのみですが、細やかな動きをつける事ができるためポージングがうなります。

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

「ギャラルホルンの真理はここだ!皆、バエルの元へ集え!」

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です 1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

どこでもオルフェンズのマッキーフィギュアを乗せてパシャリ。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGと1/100 フルメカニクス ガンダムバエルの比較ガンプラレビュー画像です

HG 1/144 ガンダムバエルと比較。

HGと1/100 フルメカニクス ガンダムバエルの比較ガンプラレビュー画像です HGと1/100 フルメカニクス ガンダムバエルの比較ガンプラレビュー画像です

色分けこそ負けていますが、HG版はなんと合わせ目が出ない超絶HGに仕上がっています(*_*)

安くて高可動と1/100版にも負けない部分が多々あるので、↓のレビューもあわせてどうぞ。

【ガンプラ】HG ガンダムバエル レビュー

 

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルのガンプラレビュー画像です

1/100 フルメカニクス ガンダムバエルの感想

ということで1/100ガンダムバエルのご紹介でした。

 

まず注意点ですが、バエル・ソード(ブレードホルダー)まわりを動かしているとリアアーマーのポロリが激しいです。

ガンダムフレーム状態に戻さない場合は、ここは接着推奨といったところ。

長所は、主な合わせ目がショルダーアーマーとスラスターウィングぐらい・かつ色分けが優秀なため、少し手を加えるだけで完璧なバエルが完成する点

もちろんABS不使用で塗装しやすいです。

色分けも優秀で可動域も広く、惚れ惚れするプロポーションで立体化されている事から、非常に満足度の高いガンプラに仕上がっていると思うぞ!(*_*)

 

以上、「1/100 フルメカニクス ガンダムバエル」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る