icon
icon
icon
icon
icon

【BB戦士212】ダブルゼータガンダム レビュー

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「BB戦士212 ダブルゼータガンダム」のガンプラレビューです。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

GGENERATION-Fシリーズで発売された、BB戦士ナンバー212のZZガンダムをご紹介。

2000年発売。

20年前のSD系ガンプラながら、コア・ファイター」「コア・トップ」「コア・ベース」が再現できるほか、Gフォートレスに変形可能です。

という事で、BB戦士ZZガンダムをHGUC版との比較画像などを含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

BB戦士212 ダブルゼータガンダム

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ババン。他の主役機と比べ、立体化に恵まれない部類のダブルゼータガンダムさんw(*ノェノ)

Gジェネレーション-Fシリーズにより立体化されたBB戦士になります。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ボックス側面に組み立て書、ホイルシールがこちら。

昔のBB戦士系という事で、シールの量は多めです。特にホワイト部を補うものが中心です。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したBB戦士212ダブルゼータガンダムがこちら。

昨今のクロスシルエットなどと比べると低頭身な、Gジェネ体型で立体化されているのが特徴です。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ダブルゼータって独特の魅力があるよね……。

ホワイト・ブルー・イエロー・レッドと多色成形になっていますが、ご覧の通りお腹まわりなどの細かな色はシールを使って再現します。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは各部アップで見ていきます!

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

特徴的なハイメガキャノン。

元のカラーデザインがシンプルな事もあり、ツインアイ以外の色分けは良好です。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

バルカンも白でOKなので、スミ入れペンなどでくぼみ部分を塗れば色分けが完了します。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

アンテナ先端には安全フラッグ有り。

後ろから見ると、多少アンテナの肉抜きが見えます。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部まわりはブルー・イエロー・レッドと細かく色分けされていますが、腰の白い部分や腰アーマーのブルー・グレーはシールで色を補います。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

腕(グレーのパーツ)は、変形する時に回転させます。

前腕部の赤い部分はシールです。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ウイングシールドは色分けされていて、上下とも可動します。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

下から。底面にスタンド用の穴は空いておらず、肉抜きも多数あります。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ハイパー・ビーム・サーベル/ビーム・キャノンはある程度動きますが、後ろ側には目立つ肉抜きがあります。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

決めポーズで。

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ダブル・ビーム・ライフルから。砲口の穴は空いていません。

2つの砲身は内側に大きな肉抜きアリ。色もブルーのままなので、グレーで要塗装です。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ダブル・ビーム・ライフルを構えるダブルゼータ!

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

「ダブルゼータで、まとめて片付けてやる!」

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ハイパー・ビーム・サーベルは柄一体型の1パーツ1色ホワイト成形のものが1本付属。

背中のサーベル柄は固定式で引き抜くことはできず、サーベル自体も特に長いものは付属しません。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

「ビーム・サーベルを使うぞ!」

シンプルな出来ですが、両手に武器を持たせるとダブルゼータ臭が増す気がします。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがコア・ファイター

本体を分解させ、お腹部分の各パーツ位置を変えて上部に白いパーツを差し込めば簡単に再現できます。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCダブルゼータガンダムのコア・ファイターと比較。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部・腕まわりはコア・トップになります。

前腕部のグレーのパーツを前後逆にひっくり返すことにより、スラスターが露出。

スラスターは開口されておらず、簡易的な形状になっているのはご愛嬌といったところ。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCダブルゼータガンダムのコア・トップと比較。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがコア・ベース

下半身にコア・ファイターを組み込み、各部取り付け位置や角度を変えることにより再現できます。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらのスラスターは開口されていて、ディテールも細かいです。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCダブルゼータガンダムのコア・ベースと比較。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてコア・ベースとコア・トップを合体させれば……

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

Gフォートレスが再現できます。

どの形態もですが、3mmスタンド穴には対応していないので浮かせて展示するのは難易度がちょい高です。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

突撃!

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCダブルゼータガンダムのGフォートレスと比較。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

MS形態に戻し、HGUCダブルゼータガンダムと全身を比較。

HGUC版は2010年発売と、10年の開きのあるガンプラです。(本キットは2000年発売)

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUC版は当ブログ初期にレビューした記事なのですが、あまりに写真と文章がひどかったので今回新たに書き直しましたw(*ノェノ)

よければこちらのレビューも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HGUC ダブルゼータガンダム レビュー

 

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

BB戦士三国伝の関羽かんうガンダムと比較。

関羽はダブルゼータガンダムが演者で、2007年発売のBB戦士です。

【BB戦士】関羽ガンダム レビュー【SDガンダム三国伝】

 

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

BB戦士200 RX-78-2ガンダム」「BB戦士198 ゼータガンダム」と比較。

このあたりのナンバーとは作りや頭身が近いので、並べて飾るのにオススメの2体です。

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

【BB戦士】RX-78-2 ガンダム レビュー【BB戦士No.200】
【BB戦士】ゼータガンダム レビュー【BB戦士No.198】

 

BB戦士ダブルゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

BB戦士212 ダブルゼータガンダムの感想

ということでBB戦士212ダブルゼータガンダムのご紹介でした。

 

古めのBB戦士ながら、「MS形態」「コア・ファイター」「コア・トップ」「コア・ベース」「Gフォートレス」といろいろな形態に切り替えできるのが売りといったところ。

ダブルゼータはファーストやゼータ、νガンダムあたりと比べると立体化には恵まれていない感じなので、本キットを使ってクロスシルエットフレームに組み込むなどの改造をしてみても面白いと思いますぞ。(大工事が必要そうですが(*_*))

 

以上、「BB戦士212 ZZガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る