【クロスシルエット】クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1」のガンプラレビューです。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

機動戦士クロスボーン・ガンダムに登場し、キンケドゥ・ナウ(シーブック)が搭乗したクロスボーンガンダムX1がクロスシルエットで発売されました。

差し替えで瞳の有り・無しを再現できる他、シリーズならではのフレーム組み換えにより頭身が変えられるガンプラに仕上がっています。※別売りCSフレームを使用

という事で今回はクロスシルエットフレームに組み替えた状態を含めてガッツリとご紹介していきます!

スポンサーリンク

クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のボックスアート画像です

まずはボックスアートから。

「X1の外装パーツ」の他、パッケージの左右を見ていただければわかる通りこのキットには「SDフレーム」のみが同梱されています。

※CSフレームに組む(頭身を上げる)には別売りのCSフレーム[ホワイト]が必要

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の組み立て書とシールの画像です

組み立て書とシール。組み立て書にはSDフレームとCSフレームそれぞれの組み方が記載されています。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のランナー画像です

X1の外装・武装のランナー4枚に、

クロスシルエットフレームのレビュー画像です

SDフレーム(ホワイト成型)のランナーが1枚付属します。

クロスシルエットフレームのレビュー画像です

SDフレームの可動域ですが、ご覧の通り頭身の低いフレームにしては良く動く構造をしています。

肩も多少外側へ引き出せるのがイイ感じ。

クロスシルエットフレームのレビュー画像です

上半身も上へ引き出せるので、前後に傾きます。

クロスシルエットフレームのレビュー画像です

脚の角度も自由に変えられ、設置性もバツグン。

胸には「SD」と表記されています。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

基本的には、ご覧のようにフレームに外装を被せていく形で組み上げます。

パーツをランナーからカットする時間の方がかかるぐらいで、組み上げ自体は超簡単でした。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

そして完成したクロスボーン・ガンダムX1(SDフレーム)がこちらになります。

かっこカワイイぞ……w

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

良くできているなぁ……プロポーションが完璧ではなかろうか。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

基本的部分はパーツごとに色分けされていますが、X1自体カラーリングが細かいのでシールで補う箇所が多数あります。

とはいえ以前発売されたGジェネレーションのX1よりはもちろん優秀な色分け具合でした。※後述

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の可動域のガンプラレビュー画像です

先程のSDフレーム上半身引き上げギミックの影響で、腰が回転します。

手足もSDサイズとしてはよく動く印象。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の頭部のガンプラレビュー画像です

ドクロ、アンテナは別パーツになっていて色分け良好。※ドクロの目の中のみスミ入れペンで塗ってあります

左右グレー部分も内側のパーツが露出するので色分けが良好ですが、赤いラインはシールで補います。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の頭部合わせ目のガンプラレビュー画像です

頭部は前後で合わせ目が出ます。

ここは合わせ目処理をしてもCSフレームへの組み換えに影響しないので、消してもOKな部分です。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の目の交換ギミックのガンプラレビュー画像です

瞳無しに変えるには↑のようにパーツを引き抜き、前後逆に付け替えます。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の瞳がない頭部のガンプラレビュー画像です

X1、瞳無しバージョンがこちら。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の頭部比較ガンプラレビュー画像です

瞳有り(←)、瞳無し(→)で比較。

これは好みが分かれる部分ですね(*´ェ`*)選べるというのが凄くイイ。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のフェイスオープンギミックのガンプラレビュー画像です

指で少し上げるだけでフェイスオープン状態も再現可能です。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のフェイスオープン時の比較ガンプラレビュー画像です

瞳あり、なし状態のフェイスオープン状態。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の胴体のガンプラレビュー画像です

クロスボーン・バンガードのマークはシールになりますが、シールの下はバッチリ造形されているので塗装派には嬉しい箇所。

また、イエロー部分は色分けされています。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ただ、肩前面のイエロー部分はシールが付属しますが裏側は付属せず。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

両脚前面イエローのダクトはシール。

アンクルガードはボールジョイントになっているので可動します。

意外だったのは足裏の肉抜きが少ない点。(ナイチンゲールはものすごい肉抜きでしたw)

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の背部スラスターのガンプラレビュー画像です

特徴的な4つの背部スラスター(Xバインダー)はそれぞれ独立可動します。

紺とホワイトの2色で色分けされており、↑の位置に肉抜きがあります。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のバスターガンのガンプラレビュー画像です

それではX1の武装を見ていきます。

まずは定番のバスターガン。左右モナカで合わせ目が出ます。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のザンバスターのガンプラレビュー画像です

差し替えでザンバスターになります。

ザンバスターに限りませんが、武器は全てホワイト1色成型になっています。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

股下にアクションベース用の穴が空いているのでスタンドでディスプレイ可能です。

今回違うスタンドを使っていますが(今回のスタンドとの相性は穴が浅いので不安定でした)、組み立て書表記ではアクションベース5の差し込み用「ACB-5⑬」に対応との事です。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ハンドパーツはホワイト1色成型なので指部分のグレーは要塗装です。

赤いラインはシールで補います。そして両腕側面のブランドマーカーは取り外し、ハンドパーツに装着可能です。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

このクロスシルエットのX1はビームエフェクトパーツが付属しないのですが、HGUCのクロスボーン・ガンダムX1に付属するエフェクトパーツと互換性があります。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

これ……あると無いのでは見栄えがだいぶ変わってくるのだが……w

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ブランドマーカーのビームシールドとも互換性があるので、これはHGUCのクロスボーン・ガンダムX1は必須ではなかろうか。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のビーム・ザンバーのガンプラレビュー画像です

ビーム・ザンバーの刀身もホワイト1色成型です。※ザンバスターをバラして差し替えで再現

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

フル装備!むむぅ……

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

やはりビームエフェクトパーツ必要でしょ!(>ω<)

ビームザンバーの刀身が曲刀のような形じゃないというのもあり、(曲刀のイメージが強いのはわたしだけかな?)、このエフェクト必須だと思いますぞ……!

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

実際HGUCクロスボーン・ガンダムX1って武器が同梱しまくるので余ったエフェクトパーツをこちらに持ってきてあげれば有効利用できると思う。

あれ……?バンダイさんの作戦かな?(*_*)

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

瞳なし、フェイスオープン状態でもパシャリ。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像ですSDガンダムGFのX1とクロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の比較ガンプラレビュー画像です

2001年に発売されたGジェネレーションのX1とクロスシルエットを比較してみます。

SDガンダムGFのX1とクロスシルエット・クロスボーンガンダムX1の比較ガンプラレビュー画像です

今回のクロスシルエット、SDフレームを使用していても遥かに頭身が上がっていますね。

パーツ分割による色分けもさすがに進化しまくっています。※Gジェネ版はアンテナやドクロなど、ほぼシールでした

別売りCSフレーム(クロスシルエットフレーム)に組み込んでみる

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1をCSフレームに組み込むガンプラ画像です

それでは別売りのクロスシルエットフレーム(ホワイト)にX1を組み込んでみます。

クロスシルエットフレームのレビュー画像です

ちなみにこちらがX1に付属するSDフレームとクロスシルエットフレーム(ホワイト)の比較です。

頭身がかなり違いますね。フレーム単体販売のレビューは↓

【クロスシルエット】クロスシルエットフレーム [ホワイト] レビュー【SDガンダム】

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1をCSフレームに組み込むガンプラ画像です

組み換えは簡単……と言いたかったところですが、足の甲が外れにくいので「取り付けは簡単だが、外すのに少し面倒な部分がある」といった感じです。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1をCSフレームに組み込んだガンプラレビュー画像です

ババン!CSフレーム(クロスシルエットフレーム)に組み替えたX1がこちらになります。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1をCSフレームに組み込んだガンプラレビュー画像です

かなり印象が変わりましたね。これはどちらの状態が好きか、本当に好みが分かれると思います(*_*)

みなさんはどちらがお好み?

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1をCSフレームに組み込んだガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1をCSフレームに組み込んだガンプラレビュー画像です

うろ覚えだけど、PS4のスパロボVに出てきたX1がこんな頭身だったような気がします。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1をCSフレームに組み込んだ可動域のガンプラレビュー画像です

CSフレーム最大の特徴は、SDフレームでは動かなかった「肘関節、膝関節」が動く点です。

上半身の上部引き出しギミックも健在、可動範囲はこちらの圧勝となります。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

↑参考までに、瞳有りバージョンのX1CSフレームも。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

瞳のあるなしだけでなく頭身まで変わるのだから、誰でもイメージ通りのX1が再現できるのではなかろうか。

クロスシルエット、今後のラインナップによってはドハマリするかもしれん……(*´ェ`*)

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ザンバスターで攻撃!

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

やはり関節あるとなしとでは可動範囲が段違いだわ。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ブランドマーカーで攻撃!

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

キット付属のビームザンバーで斬りつけるキンケドゥ!

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

X1、CSフレーム状態+HGUCのクロスボーン・ガンダムX1に付属するエフェクトパーツで。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

SD、CSどっちで飾るかマジで迷うわ……。

クロスシルエットのガンプラ画像です

その他のクロスシルエットとディスプレイ。

クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1の感想

という事でクロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1のご紹介でした。

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

色分けは、肩裏や一部シールも付属しない箇所もありますが値段を考えると妥当もしくは良好なのではないかと思います。

シールのサイズが微妙に合っていなかったGジェネレーションのX1と比べるとサイズ感・貼りやすさ共に進化していました。

塗装派モデラーさんも胸のクロスボーンマークがしっかりと造形されている点は高ポイントだと思います。

シリーズ共通して言えるかもしれませんが、組み換えの際に思ったほど手軽にパーツが外れない印象ですそこでおすすめなのが

パーツオープナーの画像です

パーツオープナーさん。これなければストレスたまったかもしれません。なんかクロスシルエットのせいで品切れ起こしそうな予感。

 

そして、HGUCのクロスボーンガンダムX1のビームエフェクトパーツがあるとないでは見栄えがかなり違うので、まだ組んでないモデラーさんはこの際一緒に組んでしまった方がいいかもしれません。

 

今後X0、X2、X3等バリエーション展開があるかもしれませんね。

クロボン好きなら満足するガンプラに仕上がってると思います、実際わたしはパチ組みで満足したぞ(*´ェ`*)

今後のラインナップによっては全部買っちゃうかもしれんわ。

 

以上、「クロスシルエット クロスボーン・ガンダムX1」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
中古『SDガンダム クロスシルエット XM-X1 クロスボーン・ガンダムX1』の在庫を見る
新品『SDガンダム クロスシルエット XM-X1 クロスボーン・ガンダムX1』の在庫を見る