スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムX1 レビュー

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC クロスボーンガンダムX1」のガンプラレビューです。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

機動戦士クロスボーン・ガンダムに登場し、キンケドゥ・ナウが搭乗するクロスボーンガンダムX1のHG版をご紹介。

2014年発売。

フェイスオープン用のパーツが付属し、選択式で再現可能となります。

また、クリアエフェクトパーツの量も多く多彩な武装が付属

という事で、HGUCクロスボーンガンダムX1をX1改やX1改・改との比較画像を含めじっくりとレビューしていきたいと思います!

HGUC クロスボーンガンダムX1

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

RGクロスボーンガンダムX1の発売も決まったX1さん。

7年前に発売されたこのHG版はどんな出来になっているのか、見ていきたいと思いますぞ!(>ω<)

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量はそこそこあり、細かなイエロー・ブルー部を補うものや胸に貼るクロスボーン・バンガードのマークなどが付属します。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ザンバスター(バスターガン+ビーム・ザンバー)」「ビーム・サーベル×2」「ブランド・マーカー」「ビーム・シールド」「ヒート・ダガー×4(手持ち用2・足裏用2)」「コア・ファイター」「ハンドパーツ×5」「フェイスオープン再現用フェイスパーツ(選択式)」

これでもかというぐらい過剰な量の武装が付属します。

注意点として「シザー・アンカー」と「A.B.C.マント」は付属しません。

プレミアム・バンダイ限定のHGUC X1改には↑の2点が付属しますが、改は設定的にシザー・アンカーを装備していないためちょっとバグった内容になっておりますw

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCクロスボーンガンダムX1がこちら。

オールガンダムプロジェクト準拠のフォーマットで立体化されているため、組やすく可動域が広いガンプラに仕上がっています。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

もう素立ち状態で既にかっこいいわ……。

プロポーションは漫画基準ではなく、現代風な細身のスタイルにアレンジされています。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ちょいちょい細かな色をシールで補いますが、クロスボーンの場合標準サイズより小さめMSのためHGとしてはこれが限界かもしれません。

それでは細かく見ていきます!

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

可動域はかなり広く、腕は水平以上・脚は水平まで開きます。

各関節も90度以上曲がるため膝立ちが綺麗に決まり、上半身も360度回転。

可動域に関しては問題がなく、めちゃめちゃ動きます。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

フェイスパーツは「通常マスク」「フェイスオープン状態」2種類からの選択式になります。

交換する場合は頭部を一度分解する必要があるので、簡単に切り替えはできません。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

細かな赤いラインやダクト内などは色が足りないため、要塗装です。

小さめMSのため、実際に見ると頭部のサイズが小さいのですが、アップで見ても細かく造形されたイケメンフェイスで立体化されています。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

更にアップで。ドクロのレリーフは別パーツになっているうえ、かなり小さいため紛失にはご注意を(>ω<)

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式ですが、合わせ目の出ない構造になっています。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

胴体は細かな箇所にシールを使用するうえ、色が足りない箇所もあります。(胸部突き出た左右のホワイト部)

側面の合わせ目は全て段落ちモールド化されています。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

肩は上部・側面に合わせ目が出ます。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

腕部は合わせ目が無いうえ、色分けが優秀です。

肘付近にあるブランド・マーカー(シールド)用のパーツは展開可能です。※ギミックは後述

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

肘関節は90度以上曲がります。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

フロント・サブアーマーともに大きく開きます。

アーマー裏側には多少モールド有り。

股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

あまり目立ちませんが、脚部は関節パーツに合わせ目が出ます。

黄色いパーツは別パーツで色分けされていますが、膝のブルーはシールで補います。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎ付近にも合わせ目あり。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

脚部は前後に大きく可動し、接地性も優秀で↑まで開脚しても接地します。

ただ、足裏には肉抜きアリ。

ヒート・ダガーを取り付ける用の穴が空いています。※後述

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

骨状4基のスラスターは、それぞれ独立して色々な角度に動きます。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

更に、先端のスラスターの取り付け角度を変える事も可能。

HGUCクロスボーンガンダムX1のコア・ファイターのガンプラ画像です

スラスターを外し、コア・ファイターを再現する事もできます。

コア・ファイター本体はホワイト1色成形のため、要塗装となります。

それではX1の多彩な武装をザザーッと見ていきます!!

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

まずはビーム・ザンバーから。

分厚いサーベル刃のエフェクトパーツはガッチリと取り付け可能です。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ビーム・シールド(兼ブランド・マーカー)は前腕部のパーツを前方へ持っていき、一部パーツ角度を差し替えて展開します。

こちらも迫力のあるクリアエフェクトパーツになっているぞ!(>ω<)

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ビーム・ザンバー+ビーム・シールドで。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

シールドをブランド・マーカーに取り替えれば、

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ブランド・マーカーを展開できます。

ブランド・マーカーは2つ付属するため、両手で展開可能です。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

次はバスターガン

ホワイト1色成形のため、一部グレーで要塗装となります。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

バスターガンを構えるクロスボーンガンダムX1!

何気に、バスターガン専用の持ち手は左手用のものも付属します。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

バスターガン・ビーム・ザンバーともに、サイドアーマーにマウントする事ができます。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

こんな感じで。

シンプルなプラ同士の凹凸接続ですが、ガッチリ装着されます。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ビーム・ザンバーとバスターガンを組み合わせ、ザンバスターを再現する事もできます。

ギミックが多彩!(>ω<)

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベル×2も付属。

ただ、本体への収納・展開ギミックはオミットされています。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

キンケ風攻撃!

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ヒート・ダガーを装備させてみます。

手に持たせる用×2、足裏に取り付ける用×2の合計4本が付属します。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

こちらはグレー1色1パーツ成形になっているため、グリップ部分はホワイトで要塗装となります。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

足裏用のヒート・ダガーを取り付けてみます。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

蹴りをくらわすX1!

それでは色々な組み合わせで何枚か。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ザンバスター+ブランド・マーカーで。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ブランドマーカー+ヒート・ダガー+スラスター角度変更でパシャリ。

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

ビーム・ザンバー+バスターガンで。

左手用のバスターガン持ち手が付属するのが嬉しいぞ……(*´ェ`*)

HGUCクロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機現る!

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

「あんたが初めてだぜ!おれにクロスボーンのシールドを使わせたのはっ!」

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

HGUCガンダムF91 ハリソン・マディン専用機と比較。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機 レビュー

 

HGUCクロスボーンガンダムX1と改と改・改の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCクロスボーンガンダムX1とX1改とX1改・改(スカルハート)の違いを比較。

前から見た場合X1と改は同じです……w

HGUCクロスボーンガンダムX1と改と改・改の違い・比較ガンプラレビュー画像です

後ろから。

主に付属品が違うのですが、本体の変更ポイントを解説すると

HGUCクロスボーンガンダムX1と改と改・改の違い・比較ガンプラレビュー画像です

リアアーマーのパーツと

HGUCクロスボーンガンダムX1と改と改・改の違い・比較ガンプラレビュー画像です

胸部パーツのみとなります。

あとはX1に付属しない「シザー・アンカー」「A.B.C.マント」「スクリュー・ウェップ」「ピーコック・スマッシャー」の有無などの違いがあります。

X1改のレビュー後半に違いをまとめてみたので、こちらも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムX1改 レビュー【プレバン】

 

RGクロスボーン・ガンダムX1とHGUCの違い・比較ガンプラレビュー画像です

RGクロスボーン・ガンダムX1(右)と比較。

RGクロスボーン・ガンダムX1とHGUCの違い・比較ガンプラレビュー画像です RGクロスボーン・ガンダムX1とHGUCの違い・比較ガンプラレビュー画像です

RG版はA.B.C.マントも付属します。

【ガンプラ】RG クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

 

HGのクロスボーンバリエーションの比較画像です

HGUCクロスボーン・ガンダムX1、X2、X3を比較。

X2にはショット・ランサーやA.B.C.マントなどが付属、X3は胸部や前腕部などが変更されており、ムラマサ・ブラスターが付属します。

【ガンプラ】HGUC クロスボーン・ガンダムX2 レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC クロスボーン・ガンダムX3 レビュー【プレバン】

 

HGUCクロスボーンガンダムX0とX1の比較ガンプラレビュー画像です

オマケにHGUCクロスボーンガンダムX0とも比較。

HGUCクロスボーンガンダムX0とX1の比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC クロスボーン・ガンダムX-0 レビュー【プレバン】

 

HGBFクロスボーンガンダムX1とフルクロスの違い・比較画像です

HGBFクロスボーンガンダムX1フルクロスTYPE.GBFTと。

HGUCクロスボーンガンダムX1とフルクロスのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGBF クロスボーンガンダム X1 フルクロス TYPE.GBFT レビュー

 

HGUCクロスボーンガンダムX1とクロスシルエットの比較ガンプラレビュー画像です

クロスシルエットのクロスボーンガンダムX1と比較。

HGUCクロスボーンガンダムX1とクロスシルエットの比較ガンプラレビュー画像です

このクロスシルエットX1の面白いところは、

クロスシルエット・クロスボーンガンダムX1のガンプラレビュー画像です

HGUCのエフェクトパーツと互換性がある点です。

※クロスシルエットにはクリアパーツは付属せず

X1は過剰なほど武器が入っているため、HGの方で持たせない武器をクロスシルエットの方に持っていくと色々楽しめると思うぞ!

HGUCクロスボーンガンダムX1とクロスシルエットの比較ガンプラレビュー画像です

【クロスシルエット】クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

 

HGUCクロスボーン・ガンダムバリエーションの比較ガンプラ画像です

様々なHGクロスボーン・ガンダムバリエーションでパシャリ。

HGUCクロスボーン・ガンダムバリエーションの比較ガンプラ画像です

HGUC クロスボーンガンダムX1の感想

ということでHGUC クロスボーンガンダムX1のご紹介でした。

 

合わせ目が少ないうえ可動域が広く、多彩な武器が付属するため非常に遊びがいのあるガンプラに仕上がっていました。

HG版の利点としては、適度なパーツ数に抑えられているため手軽にかっこいいX1が組める点だと思います(*´ェ`*)

 

弱点としてはシザー・アンカーが付属せず、何故かプレバン限定のX1改の方に付属してしまう点かと思います。

ただこのX1、シザー・アンカーが無くても値段的に見た場合プレイバリューがもの凄く高く、実売価格ならコスパはかなり良いと思われます。

という事で、どうしてもシザー・アンカーが必要なモデラーさん以外にはオススメといった感じです!

 

以上、「HGUC クロスボーンガンダムX1」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る

 

icon
icon
icon
icon