icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機 レビュー

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機」のガンプラレビューです。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

機動戦士クロスボーン・ガンダムに登場し、ハリソン・マディンが搭乗するガンダムF91(ハリソン・マディン専用機)をご紹介。

2013年発売。

白いHGUCガンダムF91の色替えキットになります。

という事で、HGUCガンダムF91(ハリソン・マディン専用機)をレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

連邦の青い閃光」の二つ名を持つハリソン・マディンの専用機。

設定的には量産型ガンダムF91の限界稼働対応機で、冷却システムの改善と最終装甲の材質が試作機(シーブックの白いF91)とは異なるためMEPE(質量を持った残像)は発生しなくなっています。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

いきなりですが、このキットの鬼門部分がこのホイルシール。

足首パーツのスリッパ以外は黄色いランナーが使われていないため、ほぼ全てのイエロー部をシールで補う事になります。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・ランチャー(+マウント用ジョイントパーツ)」「ビーム・サーベル×2」「ビーム・シールド」「手首パーツ×4」「交換用」「肩の交換用フィン×2」「最大稼働状態の交換用フェイスパーツ」

内容は全て白いF91の成形色違いです。

特徴はライフル持ち手が左右分付属する点と、最大稼働状態のフェイスパーツが付属する点だと思います(*´ェ`*)

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCガンダムF91(ハリソン・マディン専用機)がこちら。

成形色がパーソナルカラーであるブルーを基調としたカラーリングに変更されています。

黄色の差し色が最高にかっこいいですが、スリッパ以外は全てホイルシールで色を補う仕様です。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

カラーリングが変更されただけで随分イメージが変わりますね……。

キット自体はオールガンダムプロジェクト準拠でポリキャップの数が少なく、小型MS時代の機体という事で全高は15cmほどとなっています。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ヴェスバーに貼るシールは曲面に貼るため触っていると剥がれてくる率が高いです。

実際、今回写真を撮っていてヴェスバーのシール一部が消えました(*´ェ`*)

(そしてどこにいったかわからないので放置していたら↑の左ヴェスバー側面に貼りついていましたw)

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。白いアンテナは左右別パーツになっています。

頭部バルカンと胸部メガ・マシンキャノンの銃口は黄色で要塗装です。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

襟前部の黄色い部分はガイドがついていないため、シールを貼るにしても塗装するにしてもちょっとやりずらい部分になります。

また、肩の「F」文字や

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

「91」、ショルダーアーマーの黄色い部分もシールで補います。

さらに肩の放熱フィン前側は本来白いので、ここも要塗装といった感じ。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

肩の放熱フィンは2種類付属します。差し替えでいつでも交換可能です。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

腕と腰部。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

脚部。↑枠の黄色い部分もガイドがないので、シールを貼る際は集中力が必要だぞ!(*´ェ`*)

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのフィンは3枚それぞれ独立して開閉可能です。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ヴェスバーのシールはキレイにはいかず。

※ヴェスバーについては後述

それでは武器を持たせつつ、アクションポーズいってみます!

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルから。機関部の青いパーツは左右はめ込み式で上下に合わせ目が出ます。

フォアグリップは可動しませんが、小型プラモでありながらライフル持ち手が付属するのがポイント高いぞ……(>ω<)

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃するハリソン・マディン!

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ビーム・シールドはシールド発生器ごと交換して再現します。

クリアグリーンのエフェクトパーツがとてもキレイです。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ビシュゥン……!ビーム・シールド展開!

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルは2本付属します。

ビームエフェクトパーツは白のF91同様にクリアグリーンのものが2本同梱します。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

斬りかかるF91(ハリソン・マディン専用機)!

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルの柄と手首パーツの穴サイズが合っていないため、ガッチリとは持てず。

あまり気になりませんが、角度によっては落ちてくる感じです。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ビーム・ランチャーはグリップを倒す事ができ、構えやすいような構造になっています。

チューブのような部分はグレーで要塗装ですが、ディテールは細かく造形されています。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

脇に挟み込むように持たせたり、

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

肩の上に乗せて構えたり自由度は高いです。

このあたりはさすがオールガンダムプロジェクト準拠といったところ。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

左のライフル持ち手が付属するので、どちらの手にも「ビーム・ライフル」「ビーム・ランチャー」を持たせる事ができます。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

また、ビーム・ランチャーはジョイントパーツを介しリアアーマーにマウントする事ができます。

凹凸接続で保持するため、そこまでポロリの心配はありませんでした。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ヴェスバーを展開させてみます。

前方へ倒し、先端パーツとグリップを引き出します。

ここのグリップパーツは非常に繊細なパーツになっているので、破損にはご注意を!(>ω<)

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ガンダムF91(ハリソン・マディン専用機)、ヴェスバーを展開!

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

ただ先述した通り、ヴェスバーの黄色いシールは経年で剥がれてくる率が高いと思います。実際に今回動かしていただけで一部剥がれましたw

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

ヴェスバー+ビーム・サーベルで。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

最大稼働状態のフェイスに切り替えた状態も見ていきます。

選択式とは言え、ヘルメットを乗せかえるだけで簡単に切り替え可能です。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

それでは武器を切り替えつつ、何枚か。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

強そう……(*´ェ`*)

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

HGUCガンダムF91と比較。

違いは成形色(+ホイルシール)だけです。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ガンダムF91 レビュー

 

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

「ほほう?ビーム・シールドも装備されていたのか?」

キンケドゥのクロスボーン・ガンダムと交戦!

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

「あんたが初めてだぜ!おれにクロスボーンのシールドを使わせたのはっ!」

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

HGUCクロスボーン・ガンダムX1(中央)とRGクロスボーン・ガンダムX1(右)と比較。

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

X1はHGUC・RGどちらも出来がいいぞ!(>ω<)

【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムX1 レビュー
【ガンプラ】RG クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

 

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のガンプラレビュー画像です

HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機の感想

ということでHGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機のご紹介でした。

 

可動域・合わせ目についてはHGUCガンダムF91のレビューで解説してありますので、こちらも併せてどうぞ↓

【ガンプラ】HGUC ガンダムF91 レビュー

 

ズバリ、今回のハリソン機はスリッパ以外の黄色い部分を全てシールで補うのが弱点となります。

塗装するとなるとマスキングテープ処理が必要な部分が多かったり、下地が暗い色という事で一旦下地色を塗る必要もあり結構手間がかかりそうなキットです。

フル塗装派モデラーさんの場合は、いっそのこと白のF91をハリソンカラーで塗るのも手かもしれません。(下地色的に)

素組み派モデラーさんでも、ヴェスバーのシールだけは部分塗装した方がいいかもです。青の成形色自体は深みのあるキレイな色で再現されていると思うぞ!

 

以上、「HGUC ガンダムF91 ハリソン・マディン専用機」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る