icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ジオング レビュー

HGUCジオングのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ジオング」のガンプラレビューです。

機動戦士ガンダムに登場し、シャア・アズナブルが搭乗したジオングのご紹介です。2001年に発売、定価1,944円。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

頭部と腕は取り外し可能で、腕はリード線により腕部有線ビーム砲の展開が可能と、昔のHGUCとはいえジオングの特徴的なギミックを再現したガンプラに仕上がっています。

という事で、今回はジオングを今のガンプラ基準で見るとどんな感じかがっつり見ていこうと思います!

スポンサーリンク

HGUC ジオング

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

HGUCナンバーでいうと22番と、初期ナンバーで立体化されたジオングさん。

立体化にあたりカトキハジメ氏がリニューアルデザインを担当。

リニューアルされてはいるのですが、劇中イメージを全く損なわない見た目で立体化されています。(というか劇中イメージまんま)

このあたりは流石といったところです(*´ェ`*)

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

組み立て書とシール。

シールはモノアイのピンク部分のみ付属します。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

付属品はシンプルな内容になっており、「専用スタンド」「オールレンジ攻撃用リード線×2」のみです。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCジオングがこちら。

HGUC初期ナンバーなので舐めてましたが、ぶっちゃけこれ以上ないぐらいの再現度ではなかろうか(*_*)

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

元々がシンプルな配色……というか富野監督が描きなぐったデザイン?wなので、パーツ分割による色分けは超優秀です。

腰部メガ粒子砲(腰の黒いパーツ)内側をブルーで塗るだけでほぼ完璧な色分けが再現可能です。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

また、サイズはでかいですがパーツ数が少ないのでHGシリーズとしてはトップクラスに早く組み上がるキットになっています。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

可動域は顔が一回転し、腕関節は30度ほど曲がります。

上半身は回転しませんが、設定的に回転しなそうなのでOKといったところ。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

再現度が高すぎる頭部。

合わせ目は無く、色分けも完璧です。

ただ、モノアイ可動ギミックのようなシャレたギミックは搭載してないぞ!

手を加えるモデラーさんはこのあたりが改修ポイントですね。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

モノアイ(凸形状)は造形されていないので、シールは好きな位置に貼る仕様です。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

頭部は取り外しが可能ですが、頭部の下部(写真左)はスタンドに対応しているわけではありません。

浮かしてディスプレイするには挟み込みタイプ等のスタンドが必要です。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

胴体は側面に合わせ目が出ます。

パーツごとの色分けは完璧です。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

胴体上部にも合わせ目。

ただショルダーアーマーは1パーツ成形で、合わせ目は出ません。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

腕部の色分けも完璧。

造形も劇中ジオングの再現度がめちゃめちゃ高いです。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

腕部はこのようにブロック構造になっており、完成した後でもバラせます。

塗装派モデラーさんはかなり塗りやすい構造になっているのではないでしょうか。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

二の腕グリーン部には合わせ目あり。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

マニピュレータはABS素材が使われているので塗装派モデラーさんはご注意。

指先にはちゃんと穴があいています。

指関節は可動しないものの、指自体は動かせるので色々な表情をつける事が可能です。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

スカート部分(グレーのでかいパーツ)は男らしい1パーツ構造です。

箱開けた時、ビニールにも入っていないEパーツ(スカート)に衝撃を受けましたw

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

スカートバーニアは「大×2・小×5」で、取り外し可能です。

底面には動力パイプ等メカニカルな造形が。(写真右)

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

バーニアはフレキシブルに可動します。

組み立て書基準ではバーニアの底面がグレーで塗装されていたり、動力パイプがシルバーに塗装されていたりしました。

ファーストのMSということで、色々な解釈で塗り分けてみても面白いかもしれません。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

上半身は多少前後に傾き、

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

専用スタンドを使えば、ここまで大きく本体を傾ける事が可能です。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

スタンドはここに接続。

本体自体そこそこ重みがありますが、ガッチリとしたスタンドのおかげで安定して展示できます。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

この再現度の高さよ……。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

スカートバーニアの造形が際立ち、後ろから見てもニマニマしてしまうぞ……(*´ェ`*)

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

腕部5連装メガ粒子砲を放つジオング!

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

まさにラスボスの風格よ……。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

前腕部を外し、付属のリード線(+ジョイントパーツ)を組み込んでみます。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

リード線はそこそこ太いものを使用しているため、重さでポロリする事もなく安定してディスプレイできます。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

ジオングのオールレンジ攻撃!

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

リード線は両手分付属します。

※正確に言えば長いリード線をニッパーでカットして組み立てます

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

ポロリもないし、ギミックの接続強度もちょうどいいのでかなりストレスフリーです。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

シャア・アズナブルコレクションのシャアフィギュアとディスプレイ。

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

一番くじB賞のシャアフィギュアとディスプレイ。

404 NOT FOUND | ポッチのガンプラ+
新旧ガンプラレビューブログ!

 

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

HGUCガンダム(リバイヴ版)と大きさ比較。

【ガンプラ】HGUC RX-78-2 ガンダム (新生REVIVE版) レビュー

 

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

GアーマーセットのHGUCガンダムと比較。

こちらの方がジオングと並べて似合っている気がする……(*´ェ`*)

シャアのガンプラ画像です

1年戦争でシャアが乗ったモビルスーツのHGUCでディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC シャア・アズナブル専用ザクII レビュー
【ガンプラ】HGUC シャア専用ズゴック レビュー
【ガンプラ】HGUC シャア専用ゲルググ レビュー

 

 

HGUCジオングのガンプラレビュー画像です

HGUC ジオングの感想

ということでHGUC ジオングのご紹介でした。

 

HGUC初期ナンバーながら、元デザインのおかげか色分けが優秀です。ここは意外でした。

色分けについては手がかからないキットといっていいと思います。

しかも合わせ目が少なく(本体側面、二の腕のみ)パーツ数も少ないので非常に組みやすい、と優良キットに仕上がっています。

昨今のHGUCシリーズに比べモールドはあっさり気味、モノアイ可動ギミックもありませんが、劇中再現度で見た場合これ以上ないジオングの造形になっていると思います。

 

という事で、今のガンプラ目線で見ても文句が出ないぐらい満足しました(*´ェ`*)

この先リバイヴ版が出たとしても、アニメ基準のジオングとしてはこのジオングが決定版になりそうです。(そもそもリバイヴ版出なそうだけど)

 

以上、「HGUC ジオング」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC MSN-02 ジオング』の在庫を見る