icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC クロスボーン・ガンダムX2 レビュー【プレバン】

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUCクロスボーン・ガンダムX2」のガンプラレビューです。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

機動戦士クロスボーン・ガンダムに登場し、ザビーネ・シャルが搭乗するクロスボーン・ガンダムX2のHGUC版をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

一般販売のHGUCクロスボーン・ガンダムX1の色違いランナーに、新規造形として「ショット・ランサー」「頭部パーツ」が付属

シザー・アンカーとA.B.C.マントも付属します。

という事で、HGUC版のクロスボーン・ガンダムX2を画像数多めで徹底的にレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC クロスボーン・ガンダムX2

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

偽装ナンバーXM-X2、クロスボーン・ガンダムX2。

X2はプレバンでRG版が発売予定になっているので、今回のHGUC版は比較用としてもご覧くださいまし(*´ェ`*)

基本的にはX1の色変えランナーになりますが、頭部とショット・ランサーが新規造形として付属する内容になっています。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

プレバン品ながら、組み立て書はカラーのものが付属します。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

主にツインアイや細かな黄色い部分を補うものが中心です。ツインアイは2枚あり、「通常フェイス」「フェイスオープン状態」の両方分が付属します。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

豊富な付属品一覧がこちら。

※「ショット・ランサー」「ザンバスター(ビーム・ザンバー+バスターガン)」「ビーム・サーベル×2」「ヒート・ダガー×4(手持ち用2・足裏用2)」「コア・ファイター」「ビーム・シールド+ブランド・マーカー×2」「フェイスオープン用パーツ」「シザー・アンカー」「手首パーツ×5」

バスター・ランチャーは付属しません。

この中だとショット・ランサーが他のHGUC版クロスボーン系には付属しない特徴的なパーツとなります。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

A.B.C.マントも付属。

一度シワがつくと取れない素材で出来ているので、これはオマケか型紙と思った方がいいかもです。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

まずはコア・ファイターから。

後ろの骨状スラスターを接続する事により再現できます。

このあたりはキャノピー含め1色成形となり、要塗装です。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCクロスボーン・ガンダムX2がこちら。

黒の戦隊」の特徴である黒い機体色が引き継がれており、ショット・ランサーを装備する事によりX1からまるで印象が変わりました。

頭部もアンテナと前顔部のパーツが新規造形になります。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

RG版も(X1を組みましたが)出来がかなりいいですが、このHGUC版もスタイル抜群です。

手軽に組みたい方はRGのX2が発売された後に、値下がり(するであろう)本キットを中古で買うのも手だと思いますw

ただ、A.B.C.マントの出来が良くない点はご注意です。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がります。

このあたりはオールガンダムプロジェクト準拠のポリキャップが使われているため、今のガンプラ目線で見ても非常に優秀です。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

手足の関節も90度以上曲がり、キレイにヒザ立ちできます。

腰回りがボールジョイントになっており、前後に柔軟な可動をみせます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。顔の前面パーツ(バルカン然り)とアンテナまわりがX2の新規造形です。(X2改と同形状)

額のドクロレリーフはかなり細かいパーツになっているため、紛失にはご注意を!(>ω<)

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。パーツは前後はめ込み式ですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

フェイスマスクは2パーツ付属し、選択式でフェイスオープン状態で組む事もできます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

胴体はホワイトが一部足りません。胸部のクロスボーン・バンガードマークはホイルシールです。

側面の合わせ目は頭部同様、段落ちモールド化されています。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

背部4基の骨状スラスターはそれぞれがボールジョイント接続になっており、かなり自由に動きます。

ただイエロー部は色分けされておらず、シールで色を補います。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

先端のスラスターは差し込み位置を変える事により後ろへ向ける事ができます。

1/144スケールの小型キットながら、アップで見ても造形が細かいですね。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に大きく動きます。

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で上部に合わせ目が出ます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

腕部に合わせ目はありません。(肩側面にはアリ)手首付近のライトパープルの成形色が非常にキレイです。

肘はビーム・シールド/ブランド・マーカー展開ギミックを搭載しています。※後述

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

脚部はヒザ関節のフレーム部に合わせ目が出ます。

ヒザのライトパープルはシールです。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。「関節の後ろ」「ふくらはぎ」に合わせ目が出ます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

足裏はつま先付近に肉抜きアリ。中央付近にはヒート・ダガーを装着できる穴が空いています。

股下はアクションベース用の3mmジョイント穴あり。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

クロスボーン・ガンダムX2、出撃!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

本キットの売り、ショット・ランサーから見ていきます。

ランス部分は一直線に合わせ目が出ます。

設定的には、ベルガ・ギロスのショット・ランサーと同じ外見の武器だったりします。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

1色成形になっており、細かな色はほとんど足りません。

このあたりは要塗装ポイントといったところ。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

グリップ部が独立パーツになっており、ランス自体を上下に傾ける事ができます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

戦場へ降り立つザビーネ!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ショット・ランサーで攻撃!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

「フフフフフ…いいぞ…いいっ!」

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ショット・ランサーは伸縮可能です。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

シザー・アンカーを展開させてみます。

再現するには一度股間まわりを分解する必要があります。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

シザー・アンカー展開!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

リード線が使われており、垂れ落ちてくる事もなくストレスフリーで展開できます。

造形的にはRG版の方が優れていますが、HG版はリード線になっているおかげでポージング自由度はこちらの方が高いです。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

シュビッ!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

A.B.C.マントを装備。

先述した通り、シワが目立つ素材でできています。(一度シワがつくととれません)

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

このマントを型紙がわりにして、布等で自作すると面白いかもしれません。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

それではここから、他のクロスボーン系にも付属する豊富な武装をザザーッと見ていきたいと思います!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

ビームエフェクトパーツを含め、2本付属します。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガンを装備。

1色成形のため、細かな色は全て要塗装です。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガンで攻撃するザビーネ!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガン用の「左の持ち手」も付属します。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

お次はビーム・ザンバー

手首パーツの穴サイズと合っていないため、多少プラつきます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ビーム・シールドを展開させてみます。

パーツを起こし、先端の発生器部分の取り付け位置を変えます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

特徴的なエフェクトパーツ。

クロボン系ならではの形状をしています。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ビーム・ザンバー+ビーム・シールドを展開!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

斬りかかるX2!

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガンとビーム・ザンバーを組み合わせれば、ザンバスターになります。

角度のついたザンバスター用の専用持ち手は右手分のみ付属します。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガンとビーム・ザンバーは、それぞれ腰側面にマウントする事ができます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

プラ同士のシンプルな凹凸接続ですが、接続強度が丁度良くポロリ率は低いです。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ブランド・マーカーを装備。

先程ビーム・シールドを取り付けた箇所に取り付けます。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ヒート・ダガーを装備。手持ち用は2つ付属します。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

脚の裏に取り付ける用も2つ付属します。

エッジが緩いので、コダワリ派モデラーさんはタイラーなどで角ばらせた方が良さげですね。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

一般販売のHGUCクロスボーン・ガンダムX1と比較。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

頭部を比較。

ご覧の通り、アンテナまわり・前顔部が変更されています。

他、X1には「ショット・ランサー」「シザー・アンカー」「A.B.C.マント」は付属しません。

X1、X1改、X1改・改などの比較レビューについては↓のX1系レビューも併せてどうぞ。(比較はX1改に詳しく記載)

【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムX1 レビュー
【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムX1改 レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC クロスボーンガンダムX1改・改 レビュー【プレバン】

 

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

HGUCクロスボーン・ガンダムX2改(右)と比較。

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

主な違いは背部スラスター形状のほか、X2改には木製帝国製バスター・ランチャーが付属する点です。

ただX2改には「ショット・ランサー」「コア・ファイター」「A.B.C.マント」が付属しません。(A.B.C.マントは装備しているシーンもあったような気がしますが、他は設定的にもないのが正解)

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

細かな違いはそのうちX2改の方のレビューでしようと思っているので、少々お待ちを!(>ω<)

HGUCクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

HGUC クロスボーン・ガンダムX2の感想

ということでHGUCクロスボーン・ガンダムX2のご紹介でした。

 

ベースキットのX1の出来が良かったので、X2も満足度の高いガンプラになっていると思います。

ただ売りであるショット・ランサーが1色成形のため、部分塗装は必須なガンプラになっているかと思います。(特にRGと比べた場合)

HGのショット・ランサー狙いならX2、バスター・ランチャーと特殊な背部スラスター形状狙いならX2改がオススメ、といった感じです!

 

以上、「HGUC クロスボーン・ガンダムX2」のガンプラレビューでした!

icon
icon

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る