icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】RG クロスボーン・ガンダムX2 レビュー【プレバン】

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「RGクロスボーンガンダムX2」のガンプラレビューです。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

プレミアム・バンダイより発売された、RG版のクロスボーン・ガンダムX2をご紹介。

頭部」「ショット・ランサー」「1/144ザビーネ・シャルが新規造形で付属し、水転写デカールが付属する内容となっています。

という事で、RGクロスボーン・ガンダムX2をHG版との比較などを含めて徹底的にレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

RG クロスボーン・ガンダムX2

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

RG X2のボックスアートがこちら。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

組み立て書は白黒ではなく、X2専用のものが付属します。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ホイルシールと水転写デカールがこちら。

ツインアイや各センサー部、モモのシルバー部などはホイルシールで色を補いますが、X1のようにリアリスティック・デカールが付属しない点はご注意を(>ω<)

マーキング部分(ツインアイ上下の紫のライン含む)は全て水転写デカールで色を補う仕様となります。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

ショット・ランサー」「ビーム・ザンバー」「バスターガン」「ビーム・サーベル×2」「シザー・アンカー×2」「ブランド・マーカー×2」「ビーム・シールド」「ヒート・ダガー×2」「手首パーツ×8」「コア・ファイター」「A.B.C.マント」「各種ジョイントパーツ」「1/144ザビーネ・シャル

↑写真内だと青文字がRGのX1には付属しない、本キットの新規パーツです。

X1同様に多彩な手首パーツが同梱するのが特徴で、「握り手」「武器持ち手」「バスターガン持ち手」「平手」が左右分付属します。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。ランナー都合で余るパーツですが、X1のアンテナなどは同梱しないため本キットではX2のみが再現可能です。色違いのX1は再現できません。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

1/144ザビーネ・シャルをアップで。

こちらもX1には同梱しないので、本キットの特徴の一つです。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

こちらがコア・ファイター

X1の色替えで形状的な変化はありません。キャノピーはクリアパーツでできており、開閉可能です。

また、専用のジョイントパーツが付属し、コア・ファイター単体でもスタンドに展示する事ができます。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

機首を折りたたみ、一部パーツ位置を変えればドッキング可能です。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

骨状スラスターの基部にはアドヴァンスドMSジョイントが使われており、ボールジョイント接続により自由な可動域を実現しています。

HGでは取り付け角度を変更する事で再現できた「先端のスラスター可動」も、そのまま動かすだけで角度を変えられるようになりました。(RG X1と共通部分)

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

そして完成したRGクロスボーン・ガンダムX2がこちら。

ざっくり言うと「成形色がザビーネ・シャルのパーソナルカラーである黒に変更」されたほか、頭部も変更され追加でショット・ランサーが付属する内容となります。

その他はデカールやパイロットフィギュアをのぞけば、X1の色違いだよっ……(*´ェ`*)

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

今回アドヴァンスドMSジョイントが使われている箇所は「胴体内部」「背部スラスター基部」のみです。※RG X1同様

その他の関節は基本KPSで、関節強度が丁度よく昔のRGより動かしやすいです。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

それではA.B.C.マントを一度外し、本体を見ていきたいと思います。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足はかなり広がります。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

関節も90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

上半身はここまでまわります。一応胴体を少し引き上げれば回転しますが、A.B.C.マントをつけた状態だと動きが制限される感じです。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

頭部は通常状態(左)アイパッチ有り(右)からの選択式です。

切り替えるには分解が必要になるうえ、かな~り小さなパーツになるので組み替えるのが大変でした(>ω<)

分解してツインアイをつけかえるだけで、10分以上はかかったと思います←不器用説浮上

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

アイパッチ部分をアップで。超接写して撮っているので目立ちますが、かなり小さなパーツになっています。

落とすと見つからなくレベルで小さいため、切り替えの際はご注意を!

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

通常状態に戻してレビューを続けます。

ブレードアンテナや左右のバルカン形状、フェイスマスクなどが新規造形です。

特にアンテナは大型化され、フェイスマスクはスリットが無いものに変更されています。

また、X1同様フェイスオープン状態は差し替え無しで再現可能です。(指でアゴを下げるだけでOK)

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

今回水転写デカールは貼っていないのですが、頭部モールド(目の上下にある紫のライン)は水転写デカールで色を補います。かなり細かな部分なので、貼るのにちょっとスキルがいりそうです。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

本体は頭部以外、形状的な変更点はありません。

コクピットハッチは開閉します。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

肩は多少前へ動きますが、思ったほどは動かずといったところ。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

色分けは優秀で、前腕部は独立してロール回転します。

ビーム・シールド/ブランド・マーカー展開時にポーズ付けがしやすい構造になっています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーだけではなく、リアアーマーも動きます。

専用のスタンド用ジョイントパーツをお尻に取り付ければ、アクションベースなどに展示可能です。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

下から。アーマー内部にはビッシリと細かなモールドが刻まれています。

このあたりはさすがRGクオリティといったところですね。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

股間(脚の付け根部分)は引き出しギミックを搭載。引き出せば脚の前後可動が広がります。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

脚部色分けも優秀で、モモ中央のグレーのラインまで色分け済み。

関節パーツに合わせ目は出ません。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

アンクルガード先端は両側とも可動します。

ただ、このアンクルガード組み立てはちょっと難しかったので初心者モデラーさんは破損にご注意を。

足裏はヒート・ダガー取り付け用のダボ穴が空いており、肉抜きがなく細かなディテールで再現されています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

本キット1番の売りと言っても過言ではないショット・ランサーを見ていきます。

武器持ち手内の凹凸と合わせて保持するため、ガッチリと持たせる事ができます。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

各所アップで。イエロー部分が色分けされていたり、細かい部分もモールド多めなRGらしい造形になっています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

クロスボーン・ガンダムX2、出撃!

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像ですRGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ショット・ランサーは伸縮可能です。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ショット・ランサーで攻撃!

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

その他の武器もザザーッと見ていきます。まずはビーム・サーベルから。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

サーベル柄、ビームエフェクトパーツともに2本付属します。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガンを構えるX2!

バスターガンはX2の配色で成形されており、合わせ目も出ません。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガン用の手首パーツは左右分付属するため、左手で構える事ができます。

また、先端のグレネードは着脱可能です。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ビーム・ザンバーを装備。

専用のビームエフェクトパーツはHG版よりも迫力のある形で立体化されています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

非常にかっこいいっす……(涙

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガンは右腰部に、ビーム・ザンバーは左腰部にマウント可能です。

シンプルなプラ同士の軸接続ですが、結構ガッチリと接続されます。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

バスターガンとビーム・ザンバーを組み合わせれば、ザンバスターになります。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ザンバスターで攻撃するX2!

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ビーム・シールド/ブランド・マーカー発生器は、差し替え無しで前方へ展開する事ができます。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ビーム・シールドから。

こちらも派手なRGらしいエフェクト形状になっています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ビーム・シールド展開!

シールドは右手に取り付ける事もできます。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ブランド・マーカーを装備。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

シールドと違い、ブランド・マーカーは両手分付属します。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのヒート・ダガーは両足とも引き出す事ができ、刃を取り付けて手に持たせる事ができます。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

足裏にも取り付け可能です。かっこいい……!(>ω<;)

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

シザー・アンカーを展開。

アンカー自体プラ材質なので、曲げる事はできません。フロントアーマーの一部パーツを前面に展開させれば再現可能です。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

シザー・アンカーで攻撃!

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

HG版ではアンカー部分がリード線だったので動きをつける事ができましたが、RG版では自由度がなくなりました。

そのかわり、RGらしく造形・モールドの細かさが向上しています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

HGUCクロスボーン・ガンダムX2(左)と全身を比較。

ソール部分などパープル色が変化しています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

HGとRGの頭部を比較

HG版ではフェイスマスクにへの字スリットがありましたが、RG版ではスリット無しに変更されています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ショット・ランサーを比較

当然ながらRG版の方が色分け・ディテールに優れています。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

HGクロスボーン・ガンダムX2改も混ぜ、1/144スケールのザビーネ機体でパシャリ。

X2改はスラスター形状や武器が独特の形をしているので、こちらもオススメです。

【ガンプラ】HGUC クロスボーン・ガンダムX2 レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC クロスボーン・ガンダムX2改 レビュー【プレバン】

 

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

一般販売のRGクロスボーン・ガンダムX1と比較。

※X1の方は付属のリアリスティック・デカールを全て貼ってある状態です

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

ほとんど色違いの共通パーツです。繰り返しになりますが、本キットの主な売りは「頭部」「ショット・ランサー」で、水転写デカールが付属するのが特徴です。

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】RG クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

 

RGクロスボーン・ガンダムX2のガンプラレビュー画像です

RG クロスボーン・ガンダムX2の感想

ということでRGクロスボーン・ガンダムX2のご紹介でした。

 

ぶっちゃけ一般販売のRGクロスボーン・ガンダムX1との共通部分は多いですが、特徴的な頭部とショット・ランサーの出来が良いので満足しました。

リアリスティック・デカールが水転写デカールに変更されている点は好みが出そうです。

RG X1の時点でかなり出来が良かったので、不満点も無く楽しく組む事ができました。やっぱRGのA.B.C.マント、かっこよすぎでしょ……(>ω<;)

今後「X0」「X3」などのバリエーションも控えていると思いますが、ザビーネの黒いX2好きモデラーさんにはオススメだと思いますぞ!

 

以上、「RG クロスボーン・ガンダムX2」のガンプラレビューでした!

icon

 

RG 1/144 クロスボーン・ガンダムX2
バンダイ スピリッツ
1/144スケール組み立て式プラモデル

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る