iconicon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムアスクレプオス レビュー【旧キット】

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダムアスクレプオス」のガンプラレビューです。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリーG-UNITに登場し、G-UNITの仮面枠「シルヴァ・クラウン」が搭乗するガンダムアスクレプオスをご紹介。

1997年に発売された旧HGシリーズになります。

OZプライズの機体で、一番の特徴としては接近戦モードへの変形ができるガンプラになっています。

デュアルストーリーG-UNITシリーズは今の時代かなりニッチな位置付けで、ネットでも情報が少ない模様。

という事で、HGガンダムアスクレプオスをがっつりとレビュってみたいと思います!

スポンサーリンク

HG ガンダムアスクレプオス

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

パープルの装甲が印象的なガンダムアスクレプオスのボックスアート。

HGシリーズとして発売されましたが、昨今のHGAC(アフターコロニー)ではなくHGUC以前の旧キットに分類される1/144スケールのガンプラになります。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ガンプラの深淵を覗きはじめると意識してくるシリーズ、それがG-UNITな気がする……。

(多分今の時代アスクレプオスのレビューを見に来たあなたもガンプラマニア度かなり高いものと思われ……w)

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

組み立て書はカラーが多く、

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ガンダムアスクレプオスや、デュアルストーリーG-UNITについての細かな解説がびっしりと記載されています。

コミックボンボンの表記にノスタルジーを感じるぞ……。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

パイロットはデュアルストーリーG-UNITの仮面枠、シルヴァ・クラウン。

正体についてはネタバレにもなるので伏せておきます(*´ェ`*)

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

旧キットなため、シールの量はかなり多いです。

パイソンクロー(通常時はショルダーアーマーの部分)を補う広範囲なシールがめっちゃ付属。

マーキングシールも付属します。

※将来的に塗装しようかなと思ったので今回マーキングシールは貼っていません

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

そして完成したガンダムアスクレプオスがこちら。

ご覧の通り肩まわりのシールが特に多く、今のガンプラ基準で見てしまうと未塗装ではきついかもしれません。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

とはいえプロポーション・造形だけを見ればめちゃめちゃかっこいいのではなかろうか。

色分けと可動域については手を加える前提で組んだ方がいいかもしれません。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

腕はあまり上がらず、開脚範囲も狭いです。

膝立ちも出来ない上、上半身もそこまで回転しないため可動域は狭いです。

このあたりは22年前のガンプラという事で致し方ない部分(*´ェ`*)

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

頭部はアンテナ一面と口先、目やセンサーをシールで補います。

本来なら顔の左右先端はイエローなので、色分けについては塗装前提クオリティといっていいでしょう。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

とはいえ先端に突き出たトサカや各所モールドなど、形状的にはめちゃめちゃかっこいいです。

こういう旧キットは手を加えれば「パテとか使わず、塗ればかっこよくなる系のキット」に分類されると思うので塗装派モデラーさんには嬉しい部分だと思います。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

胸のダクト内部のイエローや股間部分ホワイトはシールで補います。

ちなみにこのライトグレー部分がHGガンダムジェミナス01に付属するG-UNITランナーの流用箇所になります。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

合わせ目は全身に出るので今回は説明を多少省略させていただきますが、胴体側面・上部、ショルダーアーマー上部などほぼ全てに合わせ目が出ます。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

肩は軸接続になりますが、間にサブアーマーを挟み込む特殊な構造をしています。

※接近戦モードで位置を変える仕様

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

パイソンクロー(ショルダーアーマー)部分は全てシールで補うため、見栄えは悪いです。

今回かなり集中して貼りましたが、広範囲かつ角が出る箇所に貼るため今のガンプラ基準で見てしまうと綺麗な見た目にはならないと思った方がいいです。

……シールマイスターならうまくやれるのだろうか(*´ェ`*)

ショルダーアーマー内部にはビームソードの柄を取り付けますが、接続できるサーベル刃は付属しないため実質固定式です。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

上から。

このあたり塗装すればかなり化けそうですね。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは可動する特殊な作り。

接近戦モードへの変形で位置を変えます。

※後述

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

二の腕はガンダムジェミナスと共通のG-UNITランナーで合わせ目あり。

前腕部も合わせ目が出るものの形状的にはショボさは感じず。

ただハンドパーツはポリ製になっているため交換推奨です。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

関節部はポリキャップがむき出しになり、隙間から内部も見えてしまいます。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

股間パーツ下部や膝のイエロー部はシールで補います。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

脚部は「プロペラントレッグタンク」になっており、推力用エネルギータンクとスラスターの役割を果たします。

合わせ目が出る上、色分けも甘いです。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

足裏は肉抜きがありません。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

バックパック中央のホワイト部はシールで補います。

他、バーニア等はグレーで要塗装です。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ビームソードを装備させてみます。

柄一体型のクリアイエロー成形で、迫力のある造形になっています(*´ェ`*)

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ビームソードで襲いかかるガンダムアスクレプオス!

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

か、かっこいいじゃないか……かなりのポテンシャルを感じるキットだぞ……(*´ェ`*)

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ビームソードは2本付属するため、二刀流も可能です。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

手持ち武器はビームソード2本のみになります。

そのかわり、このアスクレプオスは接近戦モードに変形可能です。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ガンダムアスクレプオス、接近戦モードがこちら。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

頭部パーツを外し、バックパック上部を頭にかぶせるように配置。

また、ショルダーアーマーを下ろしズゴックのアイアンネイルのようなパイソンクロー状態にさせます。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか……(*´ェ`*)

頭部は全方位アクティブスキャナーになっており、300km四方を完全に網羅するセンサーを搭載しています。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

パイソンクローはシールが目立つものの、迫力のある造形をしています。

ただ、クロー自体の可動はありません。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

接近戦モードで襲いかかるガンダムアスクレプオス!

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

ガンダムジェミナス01と。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

HGガンダムジェミナス01と比較。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

アスクレプオスは設定的に「ガンダムジェミナス02」を奪取し改造した機体のため、01と共通パーツがあります。

いわゆるバリエーションキットになっていますが、ご覧の通り新規造形の外装パーツは多いです。

HGガンダムアスクレプオスのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムジェミナス01 レビュー【旧キット】

 

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

ハイドラガンダムと交戦!

G-UNITのガンプラ画像です

全G-UNIT勢でパシャリ。

G-UNITのガンプラ画像です

【ガンプラ】HG ガンダムグリープ レビュー【旧キット】
【ガンプラ】HG ハイドラガンダム レビュー【旧キット】
【ガンプラ】HG ガンダムエルオーブースター レビュー【旧キット】

 

HG ガンダムアスクレプオスの感想

ということでHG ガンダムアスクレプオスのご紹介でした。

 

22年前に発売されたガンプラのため、色分けは甘く合わせ目も多いですがご覧の通り造形自体はかっこいいと思います。

可動域を広げるのは大変そうですが、素立ち限定なら塗装するだけでかなり化けそうなキットになっているのではないでしょうか。

 

HGガンダムジェミナス01はそうでもないですが、このナンバー02アスクレプオスあたりからレア度が増してくるので再販タイミングで購入推奨です!(もしくはガンダムベース東京でワンチャン狙い)

 

以上、「HG ガンダムアスクレプオス」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 HG 1/144 ガンダムアスクレプオス』の在庫を見る