icon
iconicon
icon
icon

【ガンプラ】HG ハイドラガンダム レビュー【旧キット】

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ハイドラガンダム」のガンプラレビューです。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムW デュアルストーリーG-UNITに登場し、ヴァルダー・ファーキルが搭乗するハイドラガンダムをご紹介。

1997年発売、1/144スケールの旧キットになります。

当時ものキットという事で作りは古いですが、ガンダムタイプの中でもかなり異質なデザインになっています。

という事で今回はHGハイドラガンダムをじっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ハイドラガンダム

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

なかなか再販されない筆頭のHGハイドラガンダム。

ほとんどの時期でプレ値になっている事が多いガンプラになります。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

G-UNITシリーズの4番目にリリース。

設定的にはガンダムWの世界で最強クラスの性能を誇る、精神感応型可変式高機動試作モビルスーツになります。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

最大の特徴としては、高機動モビルアーマー形態へ差し替え無しで変形できる点。

そして組み立て書には月刊コミックジャパンの宣伝が。

「月刊コミックジャパンってなんぞや?」と思い調べてみたところ、ホビージャパンによる漫画雑誌との事でした。(創刊号のみで2号目は発刊されず)

こういう小情報を掘り起こすの楽しいっす……(*´ェ`*)

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

パイロットは暗黒の破壊将軍(笑)の異名を持つ、ヴァルダー・ファーキルさん。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールが付属します。

ホイルシールは主に白い部分を補うものが付属しますが、どこも剥がれやすい箇所に貼るためご注意。

※このあたりは後述

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

「バスターカノン」「ビームサーベル」「EMFシールド」「ハンドパーツ×8(ライフル持ち手・握り手・平手・サーベルとシールド用の手)」

多くのハンドパーツが同梱します。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGハイドラガンダムがこちら。

黒い成形色部分はよく見ると少しガンメタル調になっています。

他は主にライトグレーとレッド成形色になっていますが、細かな箇所はシールで補う仕様です。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

立ち姿は今の目で見ても良スタイルで立体化されていますね。

ただ、当時ものキットという事でほぼ全ての箇所に合わせ目が出るため、その辺りは多少手を加えるモデラーさん向けといったところ。

※以上の理由から今回合わせ目説明は省略しました

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

腰から下の作りが独特で、大型のステルスジャマー(サイドアーマー)や袴(はかま)のように見えるレッグカバーが特徴的なデザインになっています。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

MS形態時の可動域はとにかく狭いです。

というのも、MA形態へ変形する際の脚部ギミックが影響しまともに膝を曲げる事すら難しくなっています。

上半身は360度回転するので、下半身の可動が弱点となります。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は左右のツノ(レッド部)とフェイスマスク全面をシールで補います。

特にフェイスマスクはシールの位置合わせが非常に難しいため、今から組むなら塗装必須と思った方がいいと思います。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

前後左右どこから見ても全て顔になっているという、全ガンダムタイプの中でも異質のデザインになっていますw

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

胸部ダクトとお腹のホワイトはシールで補います。

この胸部シール部分が弱点で、↑をご覧のように100パー剥がれてくるため塗装必須部分となります。(1日で剥がれてきましたw)

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

右肩にはバスターカノンをマウント可能です。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

左肩にはEMFシールドをマウント可能。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

肩はショルダークローになっており、↑のように大きく可動します。

※各接続ポイントはポリキャップ接続

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろ側のホワイトグレーはシールで補います。

バーニアは別パーツで再現されています。

ポリキャップがむき出しになるのが弱点。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部も他のG-UNITシリーズ同様、関節ポリキャップがむき出しになる仕様。

このあたりはさすがに旧キットといったところです。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーとモモカバーは可動します。

この3パーツはそれぞれ1パーツ成形のため合わせ目が出ません。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

モモカバー裏側はスリット状のモールドが再現されています。

股下には今のガンプラにあるようなスタンド穴は空いていません。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

大型のステルスジャマー(サイドアーマー)も多少可動します。

金色の部分はシールで補いますが、元デザインではホワイトグレーになっている箇所もあるため要塗装箇所になります。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部にはガッツリと合わせ目が出ます。

つま先のブレード(レッド部)は別パーツ化されています。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

大きなレッグカバーは可動します。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎ付近にはサブスラスターが造形されています。

※スラスター内部はレッドで要塗装

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

テールアーマー(リアアーマー)内側はメインスラスターが細かく造形されています。

※高機動MA形態時に外側に配置される部分

ステルスジャマー(サイドアーマー)裏側にも細かなモールドがびっしりあります。

このあたり旧キットにしては素晴らしい出来ですね。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありませんが、変形時につま先のブレードを収納できる隙間が空いています。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

それではバスターカノンを装備させてみます。

グリップ部を引き出し、銃持ち手に持たせます。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

バスターカノンを構えるハイドラガンダム!

平手も付属します。(左右分)

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

「これより処刑を行うーーー」

暗黒の破壊将軍現る!

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

EMFシールドを持たせてみます。

裏側にもびっしりとモールド形状あり。

このハイドラガンダム、結構細かいところまで造形されている印象です。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

今の目で見ても普通にかっこいいのではなかろうか……(*_*)

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

お次はビームサーベルを装備させてみます。

柄一体型のクリア成形になりますが、サーベル刃が迫力のある造形をしています。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

斬りかかるハイドラガンダム!

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

そして高機動モビルアーマー形態がこちら。

なんと差し替え無しで完全変形します。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

少しジオングっぽい?(*´ェ`*)

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部を前方に曲げ、ステルスジャマーの裏側に足裏が来るよう収納します。

レッグバーニア内を設定色の赤で塗ってあげれば見栄えが良くなりそうです。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

テールアーマー(リアアーマー)を上へ倒し、メインスラスターが露出する形になりました。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダークローはフレキシブルに可動します。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

武器をマウントしていた先端部分を回転させると、マジックハンドが顔を出します。

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

「見逃さんと言ったはずだ。高機動モード!」

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCジオングさんと比較。

【ガンプラ】HGUC ジオング レビュー

 

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

「やはり出てきたなっ、ヴァルダー!」

シルヴァ・クラウンのアスクレプオスを捕捉するヴァルダー!

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

「振り切れないのかっ!?」

ハイドラガンダムに追いつかれるガンダムアスクレプオス!

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

HGガンダムアスクレプオスと比較。

ガンダムグリープのガンプラレビュー画像です

ガンダムグリープと劇中再現!

ガンダムグリープのガンプラレビュー画像ですガンダムグリープのガンプラレビュー画像です

「しかし逃さん!」

ガンダムグリープのガンプラレビュー画像です

アスクレプオス、グリープとディスプレイ。

G-UNITのガンプラ画像です

全G-UNITのガンプラで。

G-UNITのガンプラ画像です

【ガンプラ】HG ガンダムジェミナス01 レビュー【旧キット】
【ガンプラ】HG ガンダムアスクレプオス レビュー【旧キット】
【ガンプラ】HG ガンダムグリープ レビュー【旧キット】
【ガンプラ】HG ガンダムエルオーブースター レビュー【旧キット】

 

HGハイドラガンダムのガンプラレビュー画像です

HG ハイドラガンダムの感想

ということでHG ハイドラガンダムのご紹介でした。

 

他のG-UNIT系ガンプラ同様、旧キットという事で合わせ目の数は相当多いです。

可動域も狭く、MS形態時の下半身がほとんど可動しない点はご注意。

先述したように、フェイスマスクと胸部を補う白いシールがすぐに剥がれるため塗装前提のキットと思った方がいいかもしれません。

 

総評として、素組み派モデラーさんは満足いかない可能性が高いですが合わせ目処理や部分塗装をするモデラーさんにはオススメといった感じ。

武器を構えて仁王立ちさせた状態だけでもめちゃめちゃかっこいいと思います(*´ェ`*)

 

以上、「HG ハイドラガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『HG ハイドラガンダム』の在庫を見る