icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG オーガンダム レビュー

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG Oガンダム」のガンプラレビューです。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士00(ダブルオー)ガンダムに登場した、ロービジカラーの0ガンダムをご紹介。

2009年発売。

グレーを基調とした成形色になっているほか、新規造形のGNドライヴが付属

更にペット素材のGNフェザーが付属します。

という事で、HGオーガンダムを実戦配備型との違いや比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG オーガンダム

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

子供の刹那が見上げた、印象的なオーガンダムのHGになります。

カラーリングは正式なマイスター決定に合わせ行われるため、この段階ではグレーの機体色となっています。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはイノベイドのリボンズさんが記載。

0ガンダムの設定画って、G3ガンダムっぽくも見えるよね……(*´ェ`*)

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは実戦配備型より多く、アンテナや腰回りを補うものなどが付属します。

このキットより先に発売された実戦配備型のランナーを流用したキットとなるため、こちらの色分けが劣っているという理由だったりします。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームガン」「ビームサーベル」「ガンダムシールド」「GNコンデンサー(粒子貯蔵タンク)型バックパック(余剰パーツ)」

トリコロールカラー(実戦配備型)に付属していたビームサーベルのエフェクトパーツは同梱しません。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

そのかわり、GNフェザーが付属します。

ペット素材でできており、光に当てるとキラキラ光っているように見え非常に綺麗です。※このあたりは後述

おそらくこのグレーカラーのオーガンダムを購入する大半のモデラーさんは、このパーツ目当てですよね(>ω<)

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGオーガンダムがこちら。

RX-78-2ガンダムを彷彿とさせる、現代風ファーストガンダム風デザインになっています(>ω<)

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

10年前に発売されたHGになりますが、ご覧のように非常にプロポーションが良く再現性の高いガンプラに仕上がっています。

ただ実戦配備型に比べ、目立つ箇所をシールで補うためこちらの方が色分けは甘めとなります。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上まで上がり脚は真横まで開脚します。

各関節は90度ほど曲がり、綺麗に膝立ち可能です。

上半身は、少し引き上げて戻せばどの角度にも持っていけます。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ツインアイのシールは実戦配備型と比べ、くまどり(目の下の白い部分)もシールで補うため少し気になるかもしれません。

アンテナのイエローはシールで補うのですが、角ばった面に貼るため綺麗にいかず今回ここだけ塗装してあります。(安全フラッグもカット済み)

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面・頭頂部に合わせ目が出ます。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体側面にも合わせ目あり。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部の後ろ、見えなくなる部分にもモールドが細かく刻まれています。

胴体内部はクリアパーツが使用されています。

上品な使い方をしているな……(*_*)

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は前後にある程度可動します。

肩の上は合わせ目が出ますが、↑のように端に配置されているためそこまで目立ちません。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がります。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

前腕部の前後に多少合わせ目が出ます。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーともに大きく広がります。

ここのヘリウムコア(黄色い四角)部分はシールで補う仕様となり、少し見栄えが悪いです。

ちなみに、実戦配備型では色分けされている部分になります。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部は関節に合わせ目が出ますが、ここも端に配置されているのでほとんど目立ちません。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

脚の付け根と脚部側面、ふくらはぎ付近に合わせ目が出ます。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜きがあります。

股下のカバーを外すと、アクションベース用の3mmジョイント穴が露出します。

GNドライヴの比較画像です

そしてこちらが新規造形のGNドライヴ。(←が実戦配備型・→が今回)

形状が変わっているだけではなく、GNフェザーをとりつけるためコーン先端部が外れる構造に変わりました。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルの基部は可動します。

接続強度はかなりきついので、破損しないようご注意を。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドを持たせてみます。

色分け良好ですが、

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

裏側には肉抜きがあります。

グリップを手でつかませたあと、前腕部にスライドして取り付けます。

また、シールドは基部で360度ロール回転します。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを装備させてみます!

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

オーガンダム、ビームサーベルを抜刀!

注意点ですが、このキットにビームサーベルのエフェクトパーツは同梱しません。

※実戦配備型から持ってきました(>ω<)

実戦配備型のサーベルは1本余るので、オーガンダムマニアは両方買って1本こっちに持ってくるのも手だと思います。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

襲いかかるオーガンダム!

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

こいつ、動くぞ!(リボンズの声で

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルは両手で掴む事もできます。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!!!

バランス感が良く、スタンド無しでも↑のようなポージングが可能です。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームガンを装備させてみます。

手の穴にジャストフィットしないため、プラプラするのが弱点となります。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームガンで攻撃!

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

ハァハァ……

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

めちゃめちゃポーズが決まるわ……(涙

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

それではこのキットの売り、GNフェザーを取り付けてみます。

コーン先端を外し、GNフェザーを取り付けた後挟み込むようにして再現します。

また、リアアーマー中央のカバーを上にスライドさせ、新たなスタンド穴を露出させます。

※股下の穴を使うと脚を閉じたポーズができなくなるため

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

GNフェザー展開状態がこちら。

スタンドは別売りのアクションベース 2クリアグリーンを使用しました。

太陽炉持ちのHGにはこれ、必須でしょ!(>ω<)

 

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

今回のグレーカラーバージョンの、一番の売りとなる部分ですね。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

GNフェザーをアップで。

ペット素材でできており、厚みはないものの綺麗なGN粒子エフェクトが印刷されています。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから。

ガッチリ固定され、外れることはありませんでした。

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

くそっ……!

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

これは満足度高いわ……。

プレバン系でよくある『V2ガンダムやデスティニーの光の翼』と比べてしまうと簡素な出来になっていますが、安価なHGの付属品と考えると非常に見栄えがいいと思います。(あちらは単品でこのオーガンダム買えるお値段なので)

HGオーガンダムと実戦配備型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGオーガンダム(実戦配備型)と比較。

HGオーガンダムと実戦配備型の違い・比較ガンプラレビュー画像です HGオーガンダムと実戦配備型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

先述した通り、成形色とホイルシール以外の違いは『ビームサーベルのエフェクトパーツの有無』『GNフェザーの有無』『GNドライヴ』の3点になります。

今回の売りがGNフェザーだとすると、実戦配備型の売りは成形段階での色分けの良さ+サーベルのエフェクトパーツが付属する点だと思います。

詳しくは↓

【ガンプラ】HG オーガンダム(実戦配備型)レビュー

 

HGオーガンダムのガンプラレビュー画像です

HG オーガンダムの感想

ということでHG オーガンダムのご紹介でした。

 

やはり何と言っても、一番はGNフェザーが付属する点だと思います。

弱点は、トリコロールカラーの実戦配備型に比べ色分けが甘く、目立つアンテナ・くまどり・ヘリウムコア(腰の四角いブロック)をシールで補う事になる点。

素組み派モデラーさんは、色分けの面から言えば実戦配備型の方がオススメです。

ただ、GNフェザーをつけて展示すると恐ろしいほどかっこよくなるので、非常に悩ましい選択肢になっていると思われますぞ!(>ω<)

ビームサーベルのエフェクトパーツが付属しない点はご注意を。

 

以上、「HG オーガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る