icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG オーガンダム(実戦配備型)レビュー

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG 0ガンダム(Oガンダム)実戦配備型」のガンプラレビューです。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム00に登場し、ラッセ・アイオンとリボンズ・アルマークが搭乗した0ガンダム(実戦配備型)をご紹介。

2009年発売。

RX-78-2ガンダムをリスペクトしたトリコロールカラーの成形色になっており、ビームガン・ビームサーベル・ガンダムシールドと一通りの武器が付属します。

という事で、オーガンダムの実戦配備型をRX-78 ガンダムやフルアーマー0ガンダムとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG オーガンダム(実戦配備型)

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

10年前のHGシリーズになりますが、ダブルオーあたりのキットは今のガンプラ目線で見ても出来のいいものが多い気がします。

さてHGオーガンダムはどうなっているか……!?

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

本体の色分けが優秀なため、ホイルシールの量はかなり少ないです。

クリアパーツの下を補うものと目部分のシールしか付属しません。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームガン」「ビームサーベル」「ビームサーベルのエフェクトパーツ×2」「ガンダムシールド」「ハンドパーツ×2」「GNドライヴとGNコンデンサー(選択式)」

グレーのHGオーガンダムには付属しないパーツは、ビームサーベルのエフェクトパーツになります。(それ以外だとGNドライヴが違います)

※1本は余剰パーツになります

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

そして完成したオーガンダム(実戦配備型)ですが、懐かしきトリコロールカラーのファーストを彷彿とさせる成形色になっております(>ω<)

また、ホワイト・イエロー・ブルー・レッドとほとんど色分けされています。

※足りないのはトサカ左右のグレーやシールド裏

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

現代風のプロポーション。

アゴが引け、カトキ立ちがバシッと決まります。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

デザイン上可動域が優秀で、関節可動は90度ほどですが手脚はかなり上がり膝立ちも綺麗に決まります。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

上半身はそのままだとそこまでまわりませんが、少し引き上げると360度回転するようになります。(写真右)

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

トサカの左右にあるくぼみはグレーで要塗装ですが、頭頂部のセンサーは0ガンダムの場合真っ黒なので(設定画基準)スミ入れペンで塗りつぶしてあげるだけでOKです。

アンテナには安全フラッグあり。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、上部・側面に合わせ目が出ます。

不思議なもので、パーツの合いが良いのかそこまで目立たないです。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

胴体の白いアンテナも別パーツになっています。

※今回、イエローのパーツだけ塗装してあります

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

胴体側面には合わせ目が出ます。

ここはゲートが太くなっていました。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

胴体内部にはクリアパーツが使用されています。

あまり目立たない部分ですが、クオリティアップに繋がっている部分だと思います(*´ェ`*)

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

肩は↑部分に合わせ目が出ますが、端の方に出るため極力目立たないようパーツ分轄されています。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

前後にはこのぐらい可動。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

前腕部は肘関節あたりに合わせ目が出ます。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

そして注意ポイントですが、腕関節(↑のグレー部分)を肩に接続する時に白化してしまいました。(しかも両腕w)

接続強度がきつかったので、力を入れてしまったのが原因っす(>ω<)

これから組まれる方はあまり力を入れないようご注意を!(単に組むの下手なだけ説あり)

実はこの実戦配備型を組むのは2回目で、以前フル塗装したものを人にあげた事があるのですがその時も白化した気がします。みんなは気をつけてね!

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

腰回りの色分けは完璧で、合わせ目も出ません。

フロントアーマーもかなり上まで上がります。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

脚部は側面に合わせ目が出ます。

組み立て書の作例基準ではモールドになっていましたが、設定画ではモールドが入っていません。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎにも合わせ目が出ます。

電撃データコレクションのガンダム00で確認

また、足裏のつま先周辺には肉抜きがあります。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

細かな事を言えば、脚関節と脚の付け根にも合わせ目が出ます。

ほぼ目立たないため、ここはこのままでいいかもしれません。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

スリッパの左右可動が優れており、↑まで開脚しても接地します。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

股下は最近の主流である3mm穴が空いているため、アクションベースに対応します。

カバーもついています。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

脚は前後によく動きます。

今のガンプラ基準で見ても優秀な部分だぞ……(>ω<)

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

背中はGNドライヴ(太陽炉を利用)とGNコンデンサー(粒子貯蔵タンク)から選択します。

リボンズ仕様なら前者、ラッセ仕様なら後者といった感じ。

選択式になりますが、組んだ後でも交換可能です。

それでは武器を見ていきます!

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

ビームガンはシンプルな3パーツ構成で合わせ目が出ます。

ハンドパーツ穴のサイズと微妙に合っていないため、少しプラプラします。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

ガンダムシールドはグリップを持たせてから腕に挟む形で接続。

こちらは安定して保持できます。

ただ、シールド裏にはぐるりと肉抜きがあります。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

オーガンダム(実戦配備型)、ビームガンとガンダムシールドを装備。

それではアクションポーズいってみます!

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

こいつ、動くぞ……!

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

やば、めちゃめちゃかっこいい(*_*)

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルの基部は可動します。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

収納状態の柄を掴む事ができますが、腕関節は90度しか曲がらないためちょっと無理矢理感はあります。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

オーガンダム(実戦配備型)、ビームサーベルを抜刀!

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

うむ。これ今のガンプラ目線で見ても普通にかっこいいわ……。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

両手持ちも可能です。

が、注意点あり。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

「ヒャッホー!かっこいいわ!」

と、調子に乗って動かしていたら

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

↑がポッキリいったので修理しましたwなんか微妙にズレたけど気にしないでおこう

ここは元々2パーツ構造なのですが、接続部分の凸が折れました。

という事で、両手で持たせて遊ぶのには気をつけてね!(>ω<)

※なんか今回失敗談レポートになっている気がする

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

ラッセの乗ったGNコンデンサーバージョンでもパシャリ。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

「これは運命だ……まだ僕は…戦える!!」

ちびボイスのリボンズとディスプレイ。

HGオーガンダムと実戦配備型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGオーガンダムと比較。

HGオーガンダムと実戦配備型の違い・比較ガンプラレビュー画像です HGオーガンダムと実戦配備型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

違いは成形色とホイルシールのほか、「サーベルエフェクトパーツの有無」「GNフェザーの有無」「GNドライヴ」の3点となります。

【ガンプラ】HG オーガンダム レビュー

 

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

HGUC RX-78 ガンダム(リバイヴ版)と比較。

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC RX-78-2 ガンダム (新生REVIVE版) レビュー

 

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

ROBOT魂のフルアーマー0ガンダムと比較。

わたくし、このちょっとやぼったいフルアーマーオーガンダム大好物です……

HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です HG0ガンダム(Oオーガンダム)実戦配備型のガンプラレビュー画像です

【ロボット魂】ROBOT魂 フルアーマー0ガンダム レビュー

 

HG オーガンダム(実戦配備型)の感想

ということでHG オーガンダム(実戦配備型)のご紹介でした。

 

本体色分けもほとんど完璧で、今のガンプラ目線で見てもプロポーションが非常にかっこよく仕上がっています。

合わせ目はそこそこありますが、肩の上はほとんど目立たず前腕部は一部だけだったり、極力目立たないよう配慮されています。

以上の点から、素組み派モデラーさんでも満足いくオーガンダムに仕上がっていると思いますぞ。

また、ABS樹脂を使用していないため塗装派モデラーさんにもオススメ。

※低価格プラモという事で「足裏・シールド裏」に目立つ肉抜きがあるため、完璧に処理しようとするとそこそこ時間はかかると思われます

 

灰色のHGオーガンダムとの違いは、成形色・ホイルシール以外だと『ビームサーベルのエフェクトパーツの有無』『GNフェザーの有無』『GNドライヴの形状』になります。

主に「カラーリング」と「翼の有り・無し」を基準に選ぶのがいいと思いますぞ。

わたしはラッセ機目的で実戦配備機を購入しましたw(*_*)

 

以上、「HG オーガンダム(実戦配備型)」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る