スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG バクト レビュー

HGバクトのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGバクト」のガンプラレビューです。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムAGEに登場し、UE(ヴェイガン)が運用するバクトをご紹介。

2011年発売。

尻尾のようなビームライフルはフレキシブルに可動し、前方へ展開できます。

差し替えパーツ無しで、「MS形態」「飛行形態」の2形態に切り替え可能。

という事で、HGバクトをレビューしていきたいと思います!

HG バクト

HGバクトのガンプラレビュー画像です

重装甲タイプで、電磁装甲らしきものによりガンダムAGE-1のドッズライフルさえも跳ね返すMS、バクト。

近接戦闘に特化した装備が施されている、ヴェイガンのモビルスーツになります。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

組み立て書には、ジラゼノが描かれているぞ……(*´ェ`*)

ファーデーン編なつかしい……w

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ホイルシールは「カメラアイセンサー」「ビームスパイク」の色を補うものが付属します。

元のメカデザインがシンプルな配色をしているため、色分けはめちゃめちゃ優秀です。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGバクトがこちら、

グリーンとライトブルーを基調としたシンプルな配色になっていますが、そのおかげで素組みでも色分け良好なバクトが再現できます。

ただ、設定色はもうちょい濃いめのグリーンなので気になるモデラーさんは要塗装といったところです。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

重装甲タイプらしく、マッシブな脚部が特徴です。

ガフランやゼダスに隠れがちですが、ヴェイガンらしい特殊なデザインが面白いですね。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

尻尾はガフラン同様、ビームライフルになっておりフレキシブルに可動します。

重心が後ろに寄りそうなものの、自立は安定し接地性も良好です。

それでは各部細かく見ていきます!

HGバクトのガンプラレビュー画像です

可動域はまずまずといった具合いで、手足はここまで広がります。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

腕関節は90度以上・ヒザ関節は90度ほど曲がり、ヒザ立ち可能です。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

頭部は、アゴ部分にのみ合わせ目が出ます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

超アップで。カメラアイセンサー部は、光沢感のあるグリーンのシールで色を補います。

首は左右はめ込み式で、前後に合わせ目が出ます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、装甲は上部と側面、腰部は側面に合わせ目が出ます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

胸部はビームスパイクになっていて、クリアイエローのパーツで再現されており中側はオレンジのホイルシールで色を補います。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

腕は「二の腕」「関節フレーム」「前腕部」に合わせ目が出ます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

手首パーツは二種類、左右分付属します。

手の平のビームバルカンはある程度可動し、砲口は開口されています。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

腰部はサイドアーマーが無いデザイン。

股下のパーツを外せば、スタンド用の3mm穴が露出します。

奥まった位置に穴があるので、魂ステージのスタンドとは相性が悪くアクションベース推奨です。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ウイングは展開しますが、基部部分に合わせ目が出ます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

尻尾はガフランと同様にビームライフルになっていて、細かく可動します。

ただ、このあたりはフレーム含めて全て左右はめ込み式のため合わせ目が出ます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

脚部は「モモ側面」「関節フレーム」「足首パーツ」に合わせ目が出ます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

足を曲げた際に露出するフレームにも、合わせ目あり。

足裏に肉抜きはなく、色分けも優秀です。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

バクト、出撃!

HGバクトのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ビームバルカンで攻撃!

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ビームライフルは、前方へ向かせる事ができます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ビームライフルをぶっ放すバクト!

HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です

可動域は標準的ですが、かっこいいポーズは決まります(*´ェ`*)

HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です

ビームライフルは、上側から展開する事もできるぞ!

HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です

いい感じ……。

HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です

本キットにサーベル刃は付属しませんが、他キットから合うタイプのエフェクトパーツを持ってくればビームバルカンからサーベルを発生する事ができます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

バクト、ビームサーベルを展開!

HGバクトのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

連邦軍を翻弄するバクト!

HGバクトのガンプラレビュー画像です

それでは飛行形態へ変形させてみます。

差し替え無しでの完全変形を実現しており、腕・ビームバルカンの角度を変えて

HGバクトのガンプラレビュー画像です

頭部パーツを展開。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ビームライフルを後ろへ向け、ウイングを広げます。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

あとは脚部の装甲パーツを外側へ引き出せば、

HGバクトのガンプラレビュー画像です

飛行形態の完成です。

この状態でも、アクションベースに対応します。

HGバクトのガンプラレビュー画像です

横から。

HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です

襲いかかるバクト!

HGバクトのガンプラレビュー画像です

ガンダムAGE-1に襲いかかるバクト!

HGバクトのガンプラレビュー画像です HGバクトのガンプラレビュー画像です

HGガンダムAGE-1ノーマルと全身を比較。

バクトは、頭一つ分ほど全高が上がっています。

【ガンプラ】HG ガンダムAGE-1 ノーマル レビュー

 

HGバクトのガンプラレビュー画像です

HG バクトの感想

ということでHGバクトのご紹介でした。

 

ガンダムAGE-1ノーマルやガフランと同様に、意外と合わせ目の量は多いです。

この時代のHGになるとパーツの合いが良くABSが使われていないため、素組みでもそこまで目立たないとは思いますが合わせ目絶対消す派モデラーさんはご注意を。

クオリティ的にはガフランとほぼ同じため、ヴェイガン系MS好きにはたまらないデザインで立体化されていると思うよ……(*´ェ`*)

 

テレビ放映当時は在庫が余りまくっていた印象ですが、今の時代むしろレア化していると思うので店頭で見つけたら即買い推奨です。

 

以上、「HGバクト」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る