スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG フォビドゥンガンダム レビュー

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回はHGフォビドゥンガンダムのガンプラレビューです。

機動戦士ガンダムSEEDに登場し、シャニ・アンドラスが搭乗するフォビドゥンガンダムをご紹介。

2012年に発売されたリニューアル版になりますが、元は2003年に発売されたガンプラになります。

付属のニーズヘグ(鎌)がかなり小さい形状だったので、刃部分をプラ版を使って改造してみました。そちらも併せてご紹介します!

HG フォビドゥンガンダム

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

という事で早速完成させたHGフォビドゥンガンダムがこちら。

今回は合わせ目を消し、色が足りない箇所を部分塗装しているものの外装パーツは成形色のままで仕上げました。

リニューアル版ということで、ご覧の通り劇中色に近い成形色で再現されています(*´ェ`*)

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像ですHGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

特徴的なバックパックですが、重いため重心が後ろに寄ります。

一応自立は可能です。

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

色が足りない部分は後述しますが、素組み状態だと細かな色がほとんど足りていませんでした。

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

合わせ目は頭部、胴体、腕部、脚部と量は多いです。

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

下から。股下にアクションベース用の穴はありません。

足裏の肉抜きがないのはいいですね。

HGフォビドゥンガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

今回、ヒザ関節にはホビージャパン付録のHGガンダムSEEDカスタムキットを使いました。

脚が延長されヒザ関節の可動範囲が広がるため、今からフォビドゥンを組もうと思っているモデラーさんは組み立てる前にゲットした方がいいと思いますぞ!

 

HGフォビドゥンガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

腕は真横まで広がり、開脚範囲も中々広いです。

HGフォビドゥンガンダムの可動域のガンプラレビュー画像です

腰はあまり回転しません。少しは曲がるので表情付けはできる感じです。

HGフォビドゥンガンダムの頭部のガンプラレビュー画像です

フォビドゥンガンダムの頭部アップ。

今の目で見てしまうとちょっとエッジが緩い感じがしますが、ちゃんとフォビドゥン顔になっていますね。

頬のグレー部分は要塗装となります。

HGフォビドゥンガンダムの胴体のガンプラレビュー画像です

バストアップ。左肩のマーキングシールはこのリニューアル版にのみ付属するテトロンシールです。

HGフォビドゥンガンダムの胸部のガンプラレビュー画像です

腕関節は90度曲がります。

改造パーツ、関節技EX・極め手の画像です

今回は右の手首パーツを関節技EXの極め手144角に交換してみました。

フォビドゥンガンダム自体かなり昔のキットという事もあり、HGCEに少しでも近づけるためにちょこちょこ改造パーツを使ってみたぞ……(*´ェ`*)

この手首パーツ、サイズもバッチリかつディティールがかなり細かい(フォビドゥン本体よりも細かいw)のでメチャメチャおすすめです。

 

HGフォビドゥンガンダムのフロントアーマーのガンプラレビュー画像です

腰部。フロントスカートにもこのリニューアル版特有のマーキングシールが付属します。

あるとないのでは印象が結構変わるので、どちらか迷った場合はリニューアル版がオススメです。

HGフォビドゥンガンダムの脚部のガンプラレビュー画像です

脚部は細かな色が足りず、合わせ目も出ます。(合わせ目部分汚くてすみません……w)

ここはこのキットで一番手間をかけた方がいい部分かもしれません。

HGフォビドゥンガンダムの脚部をSEEDカスタムパーツに交換したガンプラレビュー画像です

やはりHGガンダムSEEDカスタムキット効果はかなり高く、特に脚関節だけは交換推奨です。

1つで数体分入っています。

HGフォビドゥンガンダムのシールドのガンプラレビュー画像です

ゲシュマイディッヒ・パンツァー(エネルギー偏向装甲)のグレー、レッド部分は色分けされていないため、要塗装となります。

リニューアル版はここに貼るマーキングシールも付属します。

改造した鎌、ニーズヘグの画像です

フォビドゥンガンダム最大の特徴、巨大な鎌ニーズヘグがこちら。今回はこの刃部分を改造してみました。

というのも、本キットについているニーズヘグが小さすぎて劇中のようなハッタリの効いたフォビドゥンガンダムにならなかったので、プラ版をカットして適当に作成した次第であります。


↑Amazonの商品画像から。小さすぎない?w

もっと大きい方がいいかもしれませんが、今ならコトブキヤのサイズ等を使って改造した方が楽かもしれません。

 

わたくしこのニーズヘグ作った時ガンプラ初心者だったのですが、プラ版切って適当に付けたらそれっぽくなったのでプラ版から作るのもオススメだよ!

 

HGフォビドゥンガンダムの鎌のガンプラレビュー画像です

うぅぅむ……フォビドゥンガンダムカッケェ!!!

最初アニメで観た時「なんだこのふざけたガンダムは!鎌ってwww」と思ったのですが、話が進むに連れSEEDのMSの中でもトップクラスに好きになっていました……。

HGガンダムSEEDカスタムキットの画像です

それではHGガンダムSEEDカスタムキットを使ったポージング例を一つ。

HGガンダムSEEDカスタムキットの画像です

肩を取り付ける凸部分にこのパーツを噛ませれば、

HGガンダムSEEDカスタムキットの画像です

このようにポージングに表情が出ます。

HGガンダムSEEDカスタムキットの画像です

フォビドゥンガンダムのように、ニーズヘグを両手で持たせるようなMSの場合にはかなり使えるジョイントパーツだと思います。

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

「全部殺っていいのぉ?」

戦闘態勢のシャニ!

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

浮かせるとかなりかっこよくなりますね!

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

「アハハッ!遊んでやるよ!」

シャニの声いいよね……w

HGガンダムSEEDカスタムキットの画像です

このキットには他のリニューアル版同様、腰に挟み込むタイプのアクションベース用ジョイントパーツが付属します。

HGフォビドゥンガンダムのガンプラレビュー画像です

という事でアクションベースに設置。

腰に少し隙間ができますが、アクションベースに対応する事ができました。

フォビドゥンガンダムの高速強襲形態の画像です

レールガンのエクツァーンを前方に回転させ、背部のバックパックを前面に倒せば高速強襲形態に変形します。

フォビドゥンガンダムの高速強襲形態の画像です

ギミック的にはバックパックを倒すだけで再現可能です。

シンプルなのにかっこいいですねぇ……

フォビドゥンガンダムの高速強襲形態の画像です

ゲシュマイディッヒ・パンツァー(シールド)のジョイント部分はフレキシブルに可動し、前面に展開できます。

劇中でもこの形態でキラのフリーダムを苦しめていた印象。

HGレイダーガンダムのガンプラレビュー画像です

カラミティ、レイダーと一緒にディスプレイ。

HGレイダーガンダムのガンプラレビュー画像です HGレイダーガンダムのガンプラレビュー画像です HGレイダーガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG カラミティガンダム レビュー
【ガンプラ】HG レイダーガンダム レビュー

 

フォビドゥンガンダムの高速強襲形態の画像です

「今度失敗したらまた怒られる…」

HG フォビドゥンガンダムの感想

という事でHGフォビドゥンガンダムのご紹介でした。

 

やはり元がSEED放映時のキットなだけあり、全身に渡り合わせ目があり可動域は狭いです。

可動域に関しては前述したHGガンダムSEEDカスタムキットを使用すれば相乗効果で頭身も上がってHGCEフリーダムガンダムと並べても違和感が減るのでオススメです。

 

色が足りない部分は↓

HGフォビドゥンガンダムの要塗装部分です HGフォビドゥンガンダムの要塗装部分です

確かに各所古さは否めないガンプラですが、手を加えれば加えた分だけ見た目にフィードバックされる良ガンプラだと思うぞ……(*´ェ`*)

 

以上、「HG フォビドゥンガンダム」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG R09 フォビドゥンガンダム』の在庫を見る