icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ガザC レビュー

HGUCガザCのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ガザC(一般機)」のガンプラレビューです。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

機動戦士Zガンダムに登場し、ネオ・ジオンが運用するガザ・Cの一般機をご紹介。

2006年発売。

一部差し替えにより、MA形態へ変形可能です。

という事で、HGUCガザCを他のガザCタイプとの比較画像を含めてレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ガザC(一般機)

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ガザCのボックスアート。大量のガザCがナックル・バスターを放っています……(*´ェ`*)

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ホイルシールのほか、マーキングシールも付属します。

ホイルシールは「メインカメラの奥」「胸部」「腕部」「腰部後ろ」「ナックル・バスター」の色を補うものが付属しますが、量は少なく意外にも色分けは良好です。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・サーベル×2(+エフェクトパーツ×2)」「手首パーツ×3」「変形用差し替え手首パーツ×2」「簡易スタンド(+交換用支柱)」「スタンド用ジョイントパーツ2種」

ハマーン専用機より付属品が多く、「簡易スタンド」「スタンド用ジョイントパーツ2種」は今回の一般機にのみ付属します。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCガザCがこちら。

2006年発売と14年前に発売された古いHGになりますが、ご覧のように劇中再現度が非常に高いスタイルで立体化されています……(*_*;)

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

特に発色が素晴らしく、特徴的な「濃いめのピンク」「パープル」の再現度は非常に高いのではなかろうか。

各動力パイプには軟質素材が使われており、グレーの関節パーツはABS樹脂が使われています。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

可動域から。腕は水平まで広がり、開脚範囲も広いです。

頭部は少しだけ上げる事ができますが、左右に動かす事はできません。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度、ヒザ関節は90度以上大きく曲がり、ヒザ立ち可能です。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ただ、腰をひねる動作は苦手です。(↑が限界)

変形ギミックの恩恵で手足可動は優れていますが、頭と腰の可動が苦手といったところ。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

メインカメラは光沢感のあるシルバーのシールを貼り、その上にクリアグリーンのパーツをはめ込みます。

色分けが優秀かつ、合わせ目も出ません。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

胸部にもクリアグリーンのパーツが使われています。

動力パイプはあずき色の軟質素材を使用。動かしていると多少抜けやすいです。

合わせ目の量は少ないですが、肩フレームのABS部分に合わせ目が出ます。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ナックル・バスターは右胸部の下に取り付けます。

動力パイプは脇の下に接続。ナックル・バスターは着脱可能です。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

真横まで動かす事ができ、

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

上下にも可動します。

右手のみナックル・バスター用の手首パーツが付属します。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

腕をアップで。「肩」「前腕部」に合わせ目が出ます。

手首付近の紫部分はシールです。バインダーは軸接続で、

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

表面に貼るマーキングシールが付属。

また、内側にはビーム・サーベルの柄が収納されていて引き抜く事ができます。(左右とも)

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

腰回り。フロントアーマーとリアアーマーは左右独立して動きます。(リア側のみ中央をカットすれば動く仕様)

リアアーマーの紫部分のみシールで色を補います。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

脚部は前面ほぼ一直線に合わせ目が出ます。関節パーツは合わせ目無し。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

「足の付け根側面」「モモ後ろ」「ふくらはぎ」「足首パーツ後ろ側」にも合わせ目が出ます。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

独特な形をした足首パーツは、色分けが良好です。

脚部クローは細かく動きます。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

股下のカバーを外せば、角型のスタンド穴が露出します。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

背部は、濃い紫の部分がモナカ構造で合わせ目が出ます。

ビーム・ガン(一番上の部分)の銃口は穴がちょい浅め。スラスター内部はピンクで要塗装です。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ガザC、出撃!

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

それではアクションポーズいってみます!

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ナックル・バスターで攻撃!

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

!?めちゃめちゃかっこいいぞ……(*_*;)

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ただ頭部は左右へ動かず、腰をひねる事もできないためポーズパターンは限られます。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルの柄は手首パーツの穴とサイズがあっていないため、プラプラします。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ガザC、ビーム・サーベルを抜刀!

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です HGUCガザCのガンプラレビュー画像です HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

それではMA形態に変形させてみます。

差し替えるのは↑の手首パーツだけで、

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

あとは角度や取り付け位置を変えながら変形させていきます。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ババン。砲台形態の完成。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

切り替えは超簡単でした。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ビーム・ガンで攻撃!

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

この状態から脚部を前へ持っていき、

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

クローを折りたためば

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

このような状態に変化します。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

なかなかかっこいいですね。この状態でもスタンドに対応しています。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ハマーン様のガザCと一緒にパシャリ。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です HGUCガザCのガンプラレビュー画像です HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

本キットには簡易スタンド+ジョイントパーツ(2種類)が付属します。

※ハマーン専用機やユニコーンVer.には付属しません

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

ガザCバリエーションを比較。

※左から「HGUCガザC(本キット)」「HGUCガザC(ハマーン専用機)」「HGUCガザC(ユニコーンVer.)」

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

スタンドやマーキングシールの有無など多少の違いはありますが、ざっくり言うと「一般機とハマーン専用機はただの色違い」「ユニコーンVer.は胸部と袖部に新規造形アリ」といった感じです。

ユニコーンVer.はメインカメラなどのクリアパーツがクリアブルーに変更されているのも特徴です。

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ガザC ハマーン・カーン専用機レビュー

 

HGUCガザCのガンプラレビュー画像です

HGUC ガザC(一般機)の感想

ということでHGUC ガザC(一般機)のご紹介でした。

 

2006年製ガンプラながら、とにかくプロポーションの再現度が高く成形色がキレイなのが売りだと思います。

合わせ目が多く頭部と腰を動かすのは苦手ですが、元のカラーデザインのおかげで色分けは良好です。

合わせ目を消し、シンプルなポーズで飾っておく分なら最近のガンプラにも負けない良スタイルのガンプラに仕上がっていると思うぞ!(*_*)

 

以上、「HGUC ガザC(一般機)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る