スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 1/144 ジム (スレッガー搭乗機) レビュー【プレバン】

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGジム (スレッガー搭乗機)」のガンプラレビューです。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島に登場し、スレッガー・ロウが登場するジム(スレッガー搭乗機)をご紹介。

2022年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

新規造形の前期型のビーム・スプレーガンや、特徴的なシールドなどが付属

成形色がライトブルーのパーソナルカラーで再現されているほか、「S」をモチーフにした中隊のエンブレムが印刷された水転写デカールも付属する豪華な内容になっています。

という事で、HGジム(スレッガー搭乗機)をレビューしていきたいと思います!

HG 1/144 ジム (スレッガー搭乗機)

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ククルス・ドアンで登場したスレッガージムさん。

映画で登場した姿が再現されているのが特徴で、「胸部」「ソール部」は青みがかった緑「襟元」「関節の円形パーツ」は白で塗り分けられているのが特徴です。

今までスナイパーカスタム、ガードカスタムなどカスタム機が中心のラインアップでしたが、ついにスタンダードなオリジンジムが来た!といった印象です……(>ω<)(プレバン行きになったけど)

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールのほか、今回は豪華な水転写デカールが付属するのが特徴です。

今回は貼っていませんが、特に剣に「S」がからみついたようなスレッガー中隊のエンブレムが印刷されているのがデカいです。(胸部中央に貼る感じ)

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGジム(スレッガー搭乗機)がこちら。

成形色は、ライトブルーを主体としたスレッガーのパーソナルカラーで再現されています。

また、基本的にはHGヘビーガンダムからはじまったオリジン系の連邦フレーム系ランナーが使われていますが、前期型のビーム・スプレーガンなどが新規造形で付属します。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

オリジンのジム系は可動域をはじめ出来がめちゃめちゃいいので、2022年時点の視点で見ても最新ガンプラを感じるフォーマットで作られています。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

関節部やアンクルガード側面の丸いパーツが、白で再現されているのも面白いですね。

それでは各部細かく見ていきます!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

可動域はめちゃめちゃ広いです。

腕は水平以上、足は真横まで開脚します。デザイン的に顔を上げる動作は少し苦手ですが、気になるほどではない感じ。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

特に上半身が前後左右と柔軟に動くため、違和感のないポージングが可能です。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。真横を向くことができます。

この可動域の広さが、オリジンジム系最大の長所と言っても過言ではありません。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。メインカメラにはクリアブルーのパーツが使用されており、中もメカニカルなモールドが刻まれています。

トサカ前後のオレンジは、ホイルシールで色を補います。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、頭頂部から側面にかけて合わせ目が出ます。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。こちらも前後はめ込み式で側面に合わせ目が出ますが、こちらは段落ちモールド化されています。

上部は合わせ目のようなラインが出ますが、モールドに見えなくもないような感じでした。(設定画では上面を確認できず)

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

肩部グレーのパーツは地味に動きます。

肩はボールジョイント接続で、前後に大きく可動します。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

左前腕部にのみ、ガトリング砲を装備しているのが特徴です。(スレッガー機の特徴というわけではなく、オリジンのノーマルジムの特徴)

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

腕部の合わせ目はモールドっぽくなっていますが、厳密に言えば設定画ではモールドがない部分だったりします。

厳密な違いに気にしない場合、合わせ目消しをしなくても違和感のない見た目にはなっている感じです。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ランドセルには5つのスラスターを搭載。一部ポリキャップによるボールジョイント接続になっていて、可動します。

いっぽうビーム・サーベルとラックは右側にしか搭載されていませんが、一応余剰パーツで左分のサーベルとラックがついてくるのが地味に嬉しかったりします。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

腰部は、中央の小さなV字もイエローで色分けされています。

底面にはスタンド用の3mm穴あり。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

股間軸は、前後にスイング可動します。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

脚部に合わせ目はなく、パネルラインに合わせたパーツ分割構造になっています。足を曲げた際に露出する関節フレームにも、合わせ目なし。

ふくらはぎのカバーは開閉し、中にはスラスターが搭載されています。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ここで注意点。↑枠部アンクルガード側面の白い丸パーツがポロリしやすいので、接着推奨です。

というのもポロリした事すら気付かない大きさなので、紛失する可能性が高い気がします。ここはご注意を。

足裏に肉抜きはなく、つま先は独立して可動します。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

スレッガー・ロウ、アレグランサ島に到着!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

まずはこちら、前期型のビーム・ライフルが付属します。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

照準サイトやフォアグリップは可動し、

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

両手で構えることができます。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

また、腰部リアアーマーにマウントすることができるぞ!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

特徴的なシールドは、前後にスライド可動します。こちらは新規造形です。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ランドセルにマウントすることができます。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

こちらも新規造形で、ビーム・スプレーガン(前期型)が付属します。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

やっぱりスプレーガンの方が似合う……。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ピシュンピシュン!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ちなみに、銃持ち手は左右分付属します。2丁持ちも可能です。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

撃ちまくるスレッガー!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

腕周りの関節可動が優秀で、マウント状態のサーベルグリップをつかむことができます。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

平手も左右分付属します。「武器持ち手」「銃持ち手」「平手」はすべて左右分同梱するので、同梱する手首パーツの数が多いのも売り部分です。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ガンキャノンとディスプレイ。(左が古いHGUCで右がREVIVE版)

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC190 ガンキャノン レビュー

 

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

EX MODEL 1/144 ガンペリーとディスプレイ。

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

ガンペリーがあるとテンションがブチ上がるので、ククルス・ドアンの島ファンには必須アイテムだぞ!(>ω<)

 

あと今ちょっと調べたのですが、現時点で普通にホビーオンラインショップ
iconで販売されていました。定価で購入したい場合は値上がりしているネットショップではなく、公式サイトから買えるチャンスかもしれません。

>>プレミアム・バンダイ 1/144ガンペリー販売ページ

 

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

HG 1/144 ジム (スレッガー搭乗機)の感想

ということでHG ジム (スレッガー搭乗機)のご紹介でした。

 

これはオリジンのHGジム系の長所と同じなのですが、

HGジム(スレッガー搭乗機)のガンプラレビュー画像です

↑とにかく柔軟に動きまくるのがポイント高いです。かっこいいポーズがガンガン決まるので、ポージングにこだわる方にはたまらないHGに仕上がっていると思います。

あとは新規造形部分や、「S」字の水転写デカールが付属して2,090円(税込)というのはかなり安いかと。

この記事執筆時点ですが、まだ再販されているようなので気になる方は早めの購入をおすすめします。

 

最後に……バンダイさん!色替えでいいと思うので、オリジン版の普通のジムを一般で発売してくれませんかね……?(ジムは複数買いがうなる商品だと思うので(>ω<))

 

以上、「HG 1/144 ジム (スレッガー搭乗機)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る