スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC ジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機) レビュー【プレバン】

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)」のガンプラレビューです。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムMSVに登場し、リド・ウォルフが搭乗するジム・スナイパー2(リド・ウォルフ機)をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

通常のHGUCジム・スナイパーIIから成形色とマーキングシールが変更されています。

という事で、HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)を他のジムスナ2とどこが違うのかを解説しつつレビューしていきたいと思います!

HGUC ジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

リド・ウォルフとは

・ジオン軍から「踊る黒い死神」と呼ばれている連邦軍のエースパイロット
連邦軍撃墜数ランキング3位(MS68機/戦艦4隻)
※連邦の2位はアムロ、ジオンの3位はジョニー・ライデン
・搭乗機は地上では「ガンキャノン量産型」「ジム・キャノン」、宇宙では「ジム・スナイパーII」で、いずれも黒でカラーリングされていた

 

撃墜数ランキングは今やメチャクチャなプレミア価格になっている戦略戦術大図鑑 1年戦争全記録に記載されており、リド・ウォルフ自身はのちにギレンの野望や機動戦士ガンダム カードビルダーなどでも登場する事になりました。

1年戦争における連邦最強クラスのMSであるジム・スナイパーIIリド・ウォルフという事で、トップクラスの強さを誇る組み合わせになります。←こういうのいいよね……w(>ω<)

 

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

ホイルシールはリド・ウォルフ機専用のマーキングシールに変わっています。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「狙撃用ライフル」「ブルパップ・マシンガン」「ビーム・サーベル×2」「シールド」「手首パーツ×5」

手首パーツは左右の「武器(サーベル)持ち手」、右の「狙撃用ライフル持ち手」「ブルパップ・マシンガン持ち手」、左の「平手」の計5つが同梱します。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

リド・ウォルフカラーにあわせて装甲部分にあたるB2ランナーが2色入っているため、使わない色のパーツがかなり余ります。

肩・脚部まわりの外装がごっそり余剰パーツとなりますが、この中で他に使えるのはビーム・サーベルのグリップ×2ぐらいかな?

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

HGUCジム・スナイパーIIと比較。

マーキングシールこそ新規なものの、キット自体は通常版のジム・スナイパーIIの成形色違いです。

新規造形もなく、逆に通常版に同梱していたドラケンEも入っていないので、塗装派モデラーさんは通常版を塗装した方がお得な内容になっている点はご注意を。←身も蓋もない話ですが(*ノェノ)

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

リド・ウォルフ機の特徴は、成形色がブラック・グレーを主体とした色に変更されマーキングシールが新規になっている点です。

マーキングシールは特に「リド・ウォルフ」などと印刷されているものはないので、汎用の連邦ガンダムデカールとかでも代用できると思います。←身も蓋もない話part2

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

ベースキット自体、リバイヴ前あたりのHGUCという事で妙な肉向きもなくスケールモデルとしては非常に堅実なキットになっています。

ただ昨今のHGのように、上半身が前後左右に柔軟に動くなどのオサレ可動はしない感じです。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。メインカメラにはクリアグリーンのパーツが使われています。(通常のジムスナ2と同じカラー)

頭部バイザー中央のレーザーセンサー群にもクリアパーツが使われていますが、下半分はホイルシールで色を補います。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

頭部は頭頂部付近に合わせ目が出ます。

が、公式サイトの作例準拠だとモールド扱いでした。(段落ちモールドにはなっていません)

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

頭部バイザーは倒す事ができます。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、脇の下は段落ちモールド化されていますが上部分は普通に合わせ目になります。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

左右の黄色い部分はシールで色を補います。連邦のマーキングシールが新規です。

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

腕部分。二の腕は筒型パーツで、合わせ目は前腕部後ろ側にしか出ません。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

背部。リアアーマーにはビーム・サーベルのグリップが2本マウントされており、着脱可能です。

リアアーマー側の凸軸が折れやすいので、取り外す際の破損にはご注意を。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

腰部。フロントアーマー裏側は裏打ちパーツで色分けされています。

股関節(足の付け根パーツ)は可動式で、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

この腰回りの色分けが本キットの弱点で、腰部中央は本来黒なのですが色分けされていないため要塗装となります。(中央のライトグレーの部分)

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

脚部はアンクルガードに合わせ目が出ます。

モモ側面や後ろ側のヒザ下に合わせ目が出るのですが、設定画と作例で確認したところモールド扱いで良さそうでした。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

ただ、↑枠のように段落ちモールド化されていないので、合わせ目のように見えてしまいます。

足裏には肉抜きがありません。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

腕は水平以上広がり、開脚範囲も広いです。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度ほど曲がるので、立ちヒザ可能です。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

「黒の称号は伊達じゃないぜ。リド・ウォルフ、出るぜ!」

踊る黒い死神リド・ウォルフ、出撃!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

狙撃用ライフルは通常版と同じものが付属します。(他の武器も)

角度のついた専用持ち手が付属するので、違和感なく持たせる事ができます。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

シールドは基部で360度ロール回転します。

平手は左手分が同梱するぞ!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

「俺が黒い死神だ!覚えときな!」

無双するリド・ウォルフ!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

ブルパップ・マシンガンがこちら。

黒い甲パーツは狙撃用ライフルと共通になるので付け替えが必要ですが、色を気にしなければライトグレーのものを取り付けておく事ができます。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

最近のガンプラのように超絶可動するわけではないのですが、かっこいいポーズがガンガン決まります……(*´ェ`*)

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを持たせてみます。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

リド・ウォルフ、ビーム・サーベルを抜刀!

ビーム刃も2本付属します。

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

刺突!

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

「手加減はしねぇぜ!」

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGジム・スナイパーIIのバリエーションガンプラの画像です

HGUCジム・スナイパーIIのリデコキットでディスプレイ。

※「HGUCジム・スナイパーII(中央前)」「HGUCジム・スナイパーII ホワイト・ディンゴ隊仕様(左)」「HGBFジムスナイパーK9(中央奥)」

本キットとホワイト・ディンゴ隊仕様のみプレミアム・バンダイ限定です。

通常版では「ドラケンE」が、ホワイト・ディンゴ隊仕様には「ホバートラック・ジム頭・新規武装」が付属する事から、この中では本キットが一番付属品が少ないです。その点はご注意を!

【ガンプラ】HGUC ジム・スナイパーII レビュー
【ガンプラ】HGUC ジム・スナイパーII ホワイト・ディンゴ隊仕様 レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGBF ジムスナイパーK9 レビュー

 

HGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のガンプラレビュー画像です

HGUC ジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)の感想

ということでHGジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)のご紹介でした。

 

通常版のジムスナIIに入っていたドラケンEがオミットされているかわりに、リド・ウォルフ機カラーの外装ランナーが同梱する内容になっています。

という事でぶっちゃけ塗装派モデラーさんは連邦デカールを他から持ってくれば、通常版をフル塗装してしまった方がコスパがいいと思いますぞ。

リド・ウォルフカラーを無塗装で(腰中央は要塗装ではありますが)手軽にサクッと組みたい・かつ、ドラケンEがいらないモデラーさんにはオススメといったプレバン品だと思います。

 

以上、「HGUCジム・スナイパーII(リド・ウォルフ機)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る