icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムアストレイブルーフレーム レビュー

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムアストレイブルーフレーム」のガンプラレビューです。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED ASTRAY系に登場し、叢雲劾ムラクモ・ガイが搭乗するガンダムアストレイ ブルーフレームのHGをご紹介。

2004年発売。

旧HGアストレイ系のランナーが使われており、初期ブルーフレームの特徴であるM68キャットゥス500mm無反動砲(バズーカ)が付属

ポリキャップもブルーになっています。

という事で、HGアストレイブルーフレームを今のガンプラ目線で見るとどんな出来になっているのかレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムアストレイブルーフレーム

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

今回は敢えての初期HGブルーフレームのレビューだよっ……(*´ェ`*)

セカンドLリバイのHGは2013年に発売されていますが、初期ブルーフレームのHGは本キット以降立体化されていません。

HGガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)とニコイチして仕上げたいモデラーさんもいると思うので、注意点をちょっとだけ触れつつレビューしていきたいと思います。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはサーペントテールの叢雲劾ムラクモ・ガイが記載。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

ホイルシールのほか、サーペントテールのロゴが印刷されているマーキングシールが付属します。

ただテトロンシールになっているので、今の時代水転写のガンダムデカールでドレスアップした方がキレイにいくと思われます。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「M68キャットゥス500mm無反動砲(バズーカ)」「ビームライフル」「ビームサーベル×2」「シールド」「手首パーツ×3」

このバズーカが、他アストレイとは違うブルーフレームの売り部分です。

手首パーツは武器持ち手が左右、銃持ち手が右のみ付属します。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムアストレイブルーフレームがこちら。

特徴としてはバズーカのほか、ポリキャップもブルーになっている点です。

また、青のBランナーはアンダーゲートになっていたりします。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

2004年と17年前に発売されたHGという事で、2013年に発売されたHGアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)の本体と比べると古さを感じます。

ただ、ご覧のように今のガンプラ目線でも通用するスタイルで立体化されています。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上上がり、開脚範囲も広いです。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

ヒジ関節は90度強、ヒザ関節は90度曲がり、ヒザ立ちが可能です。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。前後左右と柔軟には動きませんが、時代を考えるとめちゃめちゃ動きます。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

頭部は非常にイケメンフェイスで造形されていますが、アンテナのエッジは緩いです。

イーゲルシュテルン(バルカン)まわりやフェイスマスク、側面の一部は要塗装です。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

胴体はお腹まわりにシールを使うものの、ブルーのパーツが内部から露出するなど色分けは良好です。

胴体は前後はめ込み式で、首と腰部に合わせ目が出ます。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

バックパックにはビームサーベル2本をマウントしています。丸い部分はブルーで要塗装です。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

肩は前後に可動します。ブルーフレームの特徴として、ショルダーアーマーに貼るサーペントテールのマーキングシールが付属します。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

腕は青いフレーム部分全てに合わせ目が出ます。指は一部白で要塗装です。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

腰部前面の青い部分はシールです。

腰も前後はめ込み式で、側面に合わせ目が出ます。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

脚部は足の付根、ニーアーマー、アンクルガード、関節など合わせ目部分が多いです。

ただ、ご覧のように造形自体はなかなか良くできています。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

股下にスタンド穴は無し。カカトが上がる構造で、可動範囲が広いです。

足裏に肉抜きはありません。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

ブルーフレーム、出撃!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

シールド表面は一部青が足りません。ここにもサーペントテールのシールを貼ります。

シールド自体基部で360度ロール回転します。

シールド裏にはグリップなどの造形がありますが、一体化されている感じで色分けもされていません。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

こちらが本キット最大の売り、M68キャットゥス500mm無反動砲。(舌噛みそう(*´ェ`*))

5パーツ使われていますが、砲身はモナカ構造で合わせ目が出ます。

また、グリップは非可動なのでちょい持たせ辛いです。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

戦場へ現れるブルーフレーム!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

2004年製とは思えないほど動きます(*´ェ`*)

出た当時はかなりの名キットだったことが想像できますね。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

「下がってろ。あとは俺がやる」

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

ビームライフルも付属します。

こちらはシンプルな3パーツ構造。フォアグリップは非可動です。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

カカトまわりの可動域が広いので、接地した状態でのアクションポーズが映えます。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

ブルーフレーム、ビームサーベルを抜刀!

手首パーツの穴とフィットします。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

シールドを投げ捨てるガイ!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

腕まわりがよく動くので、両手で構える事ができます。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

斬!

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

柄、ビーム刃ともに2本付属し、

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

二刀流も可能です。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

HGガンダムアストレイブルーフレームセカンドLリバイ(手だけ塗装済)と比較。

セカンドリバイは2013年製という事で、本キットの9年後に発売されました。

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG ガンダムアストレイブルーフレーム セカンドL レビュー

 

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

レッドフレーム(フライトユニット装備のフライトユニットを外した状態)、グリーンフレームと比較。

HGレッドフレームのフライトユニット装備は新しいフォーマットになっているので、フレームをブルーに塗装し本キットのバズーカを移植しても面白いと思います。

ただ塗装をする場合、ポリキャップが赤いままになってしまいます。(ポリキャップだけセカンドLのを持ってくればOKではありますが)

HGブルーフレームセカンドLには初期アストレイの外装は付属しないので、塗装をする場合はレッドフレーム(フライトユニット装備)が必要になる点はご注意を!

【ガンプラ】HG ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムアストレイ グリーンフレーム(トロヤ・ノワレ専用機)レビュー

 

HGガンダムアストレイブルーフレームのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムアストレイブルーフレームの感想

ということでHG ガンダムアストレイブルーフレームのご紹介でした。

 

今のガンプラ目線で見ても可動域が広く、プロポーションも良好です。

ただ合わせ目の量は多いので、そのあたりカバーできるモデラーさんにはオススメといった感じ。

何はともあれ本キット最大の売りはバズーカだと思うので、パーツ取りとして購入するのもアリだと思います!

 

以上、「HG ガンダムアストレイブルーフレーム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る