スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ガンダムバルバトス第6形態 レビュー

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムバルバトス第6形態」のガンプラレビューです。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズに登場し、三日月・オーガスが搭乗するガンダムバルバトス第6形態をご紹介。

2016年発売。

第6形態のみならず、第5形態(地上戦仕様)」も再現できるほか、別キットからパーツを持ってくる事により「第5形態」も再現可能なガンプラに仕上がっています。

更に、HGグレイズリッターの一般機を再現するためのボーナスパーツまで付属

という事で、HGガンダムバルバトス第6形態をじっくりとレビューしていきたいと思います!

HG ガンダムバルバトス第6形態

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

ガンダムバルバトス第6形態のボックスアート。

今回のキットはズバリ、鉄血系キットの中でも拡張性の高いガンプラに仕上がっていました。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

組み立て書にはミカが記載。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量が多く、色分けはそこまで良くないです。

右下の鉄華団マークは、プラモデルオリジナルのカラーになっています。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「大型特殊メイス(通称:レンチメイス)」「レンチメイス用チェンソー」「機関砲×2」「背部ジョイントパーツ各種」「第5形態・および第5形態(地上戦仕様)再現用パーツ」「HGグレイズリッター(一般機)用パーツ」

レンチメイスはもちろん、各種形態再現用パーツが付属するのが最大の特徴です。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

こちらがグレイズリッター(一般機)再現用のパーツです。

HGグレイズリッター(一般機)のガンプラレビュー画像です

具体的には、別売りのHGグレイズリッター(カルタ機)へ↑のトサカパーツ

HGグレイズリッター(一般機)のガンプラレビュー画像です

胸部パーツと、

HGグレイズリッター(一般機)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーを移植する事で

HGグレイズリッター(一般機)のガンプラレビュー画像です

HGグレイズリッター(一般機)が再現できます。(要塗装)

ただ、第6形態のショルダーアーマーも移植する事になるため、グレイズリッター(一般機)を再現する場合は本キットで第6形態を再現できなくなる点はご注意を。

【ガンプラ】HG グレイズリッター(カルタ機) レビュー

 

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

第6形態のレビューに戻ります。こちらが完成したHGガンダムバルバトス第6形態。

白養分が増え、肩や足首パーツをはじめかなり特徴的な見た目になりました(*´ェ`*)

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

2016年製の比較的新しいHGにはなるのですが、レンチメイスをはじめ色の足りない箇所が多く、シールを多用するところも多いです。

できたら部分塗装推奨のガンプラだと思います。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

ガンダムフレームの恩恵で、可動域は広いです。

特に開脚範囲と接地性がエグい事になっています(*_*;)

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

ヒールが高いため、デザイン的にヒザ立ちはちょい苦手です。

ただ手足の関節は90度以上大きく曲がります。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナやフェイスマスクの一部グレーは要塗装です。

また、HGシリーズのため口の赤い部分のエッジが緩めに設計されています。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

頭部の内部フレームが左右はめ込み式のため、頭頂部と後頭部に合わせ目が出ます。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

胸部の鉄華団エンブレムはホイルシールです。

シールの厚みが気になるモデラーさんは、鉄血のオルフェンズ汎用デカール1のを別途使うのがオススメといったところ。

 

合わせ目はガンダムフレームの側面にしか出ないうえ、肩を取り付ければ目立たなくなります。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

上半身は前後・左右と柔軟に可動します。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

グレイズリッター(一般機)からくすねたショルダーアーマー。

側面の青い部分はシールです。各装甲は細かく可動します。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に可動。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

腕に合わせ目はありませんが、↑枠の白い部分にシールを使うので結構目立ちます。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

腰部ブースターの白い部分もシールです。

アームにより細かく動きますが、ブースター自身モナカ構造のため側面に合わせ目有りです。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

背部はジョイントパーツを介し、レンチメイスをマウント可能です。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

また、滑空砲用のジョイントパーツも同梱します。(本キットに滑空砲は入っていません)

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

脚部に合わせ目はありませんが、↑枠は全てホイルシールで色を補います。

シール量が多いので、このあたりは部分塗装推奨といった感じです。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

ヒザ関節は大きく曲がり、足首パーツを折りたたむこともできます。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

足裏には多少肉抜きアリ。

股下はアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

ガンダムバルバトス第6形態、出撃!

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

まずは大型特殊メイス(レンチメイス)から。

ダークグレー1色になっており、色分けされていません。

ガンダムバルバトス第6形態の画像です

↑は塗装した状態のレンチメイスです。

このように設定色ではライトグレーになっています。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

レンチメイスで敵を叩き潰すミカ!

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

機関砲で攻撃!

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

レンチメイスの先端は開閉し、チェンソーの刃を組み込むことができます。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

ギュルルル……

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

一つ残念なのは、第6形態が終盤で使った太刀が同梱しない点です。

↑の太刀は「HGガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型」に同梱します

ガンダムバルバトス第6形態の画像です

塗装してみた図。こちらも柄とガードは要塗装です。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

グレイズアインと交戦!

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG グレイズアイン レビュー

 

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

左が素組み、右が塗装した状態。レンチメイスを中心に結構塗り分ける必要がありますが、

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

見栄えが爆上がりするので、本キットは塗装するのがオススメだよ!(>ω<)

 

ガンダムバルバトス第5形態(地上戦仕様)

HGガンダムバルバトス第5形態(地上戦仕様)のガンプラレビュー画像です

それでは第5形態(地上戦仕様)に切り替えていきます。

第5形態の地上戦仕様は、本キットだけで再現できます。

HGガンダムバルバトス第5形態(地上戦仕様)のガンプラレビュー画像です

まず、胸部パーツを外して第4形態のショルダーアーマーに付け替えます。

HGガンダムバルバトス第5形態(地上戦仕様)のガンプラレビュー画像です

サイドアーマーは第1~第4形態共通のものと交換します。

HGガンダムバルバトス第5形態(地上戦仕様)のガンプラレビュー画像です

これで第5形態(地上戦仕様)の完成です。

ほとんど第4形態と同じですが、腕に機関砲を装備しているのが特徴です。

 

ガンダムバルバトス第5形態

HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です

次は地上線仕様ではない、第5形態を再現してみます。

個人的にオススメなのがこの第5形態で、他の形態よりも変化がでかいです。

ただ、第5形態の場合は本キットのほかに「HGシュヴァルベグレイズ (マクギリス機)」「HGガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型」の2キットが必要になります。

HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です

↑は本キットに同梱する腕部迫撃砲。機関砲と交換します。

HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です

↑がシュヴァルベグレイズの「フライトユニット」と、クタン参型に付属する「アームユニット」。

2つを組み合わせ、

HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です

バルバトスの腰に装着します。

HGガンダムバルバトス第5形態(地上戦仕様)のガンプラレビュー画像です

あとは足首パーツを交換すれば、

HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です

第5形態の完成です。

胸部追加装甲がメチャかっこいいっす!(>ω<;)

HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です

メイスや滑空砲、太刀などを持ってきて全部乗せすれば迫力が増すよ!(本キットにはどれも同梱しない点はご注意)

HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です HGガンダムバルバトス第5形態のガンプラレビュー画像です

個人的には、第5形態を再現できるのが本キットの売りだと思いますぞ。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

第5形態~6形態のまとめ。

第5形態以外は、本キットだけで再現できます。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

あなたはどの形態がお好み?

ガンダムバルバトス第6形態と三日月・オーガスの画像です

G.E.M.の三日月フィギュアとディスプレイ。

 

鉄華団のモビルスーツの画像です

第一期後半の鉄華団モビルスーツでディスプレイ。

HGガンダムバルバトス第6形態のガンプラレビュー画像です

HG ガンダムバルバトス第6形態の感想

という事でHGガンダムバルバトス第6形態のご紹介でした。

 

贅沢を言えばグレイズアイン戦で使った太刀をつけて欲しかったというのが本音ですが、第5形態(地上戦仕様)にも組み替える事ができ他からパーツを持ってくれば第5形態も再現できるので、非常に遊びの幅が広いガンプラに仕上がっていると思います。

ちなみに太刀はパーツ注文しちゃうのも手だと思うので、以下に商品コードとパーツ番号まとめておきますね(*´ェ`*)

・商品名:HG ガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型
・商品コード:2314542
・「L-3」「L-4」「J-2」各1個

 

以上、「HG ガンダムバルバトス第6形態」のレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る