スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconicon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC ガンダムMk-III レビュー【プレバン】

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ガンダムMk-III」のガンプラレビューです。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムZ-MSVに登場する、ガンダムMk-IIIのHGUC版をご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

新規造形として、頭部胸部肩部脚部バックパック専用シールドなどが付属します。

という事で、HGガンダムMk-IIIをレビューしていきたいと思います!

HGUC ガンダムMk-III

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

エゥーゴがティターンズから強奪したガンダムMk-IIを解析し、フジタ博士が中心となり開発されたガンダムMk-IIIさん。

RE/100版は一般発売されましたが、HGUC版はプレミアム・バンダイ限定品としてのリリースとなりました。

ガンプラ的には先に発売されたHGBD:Rガンダムゼルトザームの色替えランナーを使いつつ、Mk-IIIの新規造形パーツが付属する内容となっています。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

頭部・胸部まわりや、シールドに貼る赤いシールなどが付属します。

本キットに黄色いランナーは同梱しないので、細かなイエロー部などを補うものもチラホラと同梱する感じです。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル2種」「ビーム・サーベル×2」「ビーム・キャノン×2」「ビーム刃のエフェクトパーツ2種類×2」「専用シールド」「手首パーツ×4」

手首パーツは左右の「武器持ち手」「ビーム・キャノン(大型ビーム・サーベル)用持ち手」の計4つが付属します。

大型ビーム・サーベル持ち手は、ライフルを支える手としても機能すると思います。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCガンダムMk-IIIがこちら。

ブルーとレッドを主体とした独特のカラーリングで立体化されており、細かな赤い部分の色分けが優秀です。

ただ、シンプルな機体色のため色数は少なめのキットとなっています。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ビルド系から原典の立体化を地で行くようなキットですね。

骨格や共通の外装に2020年フォーマットのHGが使われているので、ABS不使用・KPS多用+ポリキャップ少なめという、最新ガンプラ感溢れる内容になっています。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足ともに大きく広がります。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

腕関節は90度、足関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

上半身も前後・左右と柔軟に動くため、細やかなポージングも得意です。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

全体的に見て、可動域は広いです。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。Mk-IIIらしいゼータフェイスが再現されています。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

頭部は左右はめ込み式で、後頭部に合わせ目が出ます。

が、よ~く見ると段落ちモールド化されているような感じでした。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面の一部と上部に合わせ目が出ます。

脇の下は段落ちモールド化されている上、設定画でもモールドがあるのでこのままでOKです。

胸部は内部スリットが露出するようなパーツ構造で、色分けに優れています。ただ、緑の部分はホイルシールで色を補います。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

バックパックにはビーム・キャノンが2基搭載されており、着脱可能です。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

バックパック中央にはメインスラスター、左右にはアクティブスラストバインダーを装備しています。

アクティブスラストバインダーはボールジョイント接続で柔軟に可動し、バインダー自体も上下に細かく動きます。

設定的には、百式のウイングバインダーとゼータガンダムのロングテール・スタビライザーを組み合わせた機構を持つユニットとなります。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー側面のサブアーマーは可動し、腕を上げる動作の妨げにならない作りをしています。

肩はボールジョイント接続で、前後に可動。

上から見た場合、胴体の合わせ目が見えます。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

腕は段落ちモールド化されており、合わせ目無し設計になっていました。

肩の細かな黄色い部分はシールです。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

前腕部は独立してまわります。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

腰部。このあたりの色分けも優秀です。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

脚部はモモの後ろ側と関節パーツに合わせ目が出ます。(画像では見えづらいですが、ふくらはぎのカバー内にも)

ゼルトザーム/テルティウムと違い、Mk-IIIのスリムな脚部が再現されています。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ふくらはぎのパーツを押し込む事で、

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

脚部の可動範囲が向上します。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはなく、底面にはスタンド用の3mm穴が空いています。

下から見るとフロントアーマー裏側にもモールドがあり、リアアーマーはグレーの裏打ちパーツにて色分けされています。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ガンダムMk-III、出撃!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは2種類付属します。

どちらもリアアーマーにマウント可能だぞ!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

専用シールドは、表面にビーム・サーベルを2つ・裏側に予備のEパックを2つ搭載しており、すべて着脱可能です。

ジョイントパーツを前腕部に噛ませて保持。基部でロール回転します。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルをぶっ放すガンダムMk-III!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

もう一つのビーム・ライフルを装備。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

2丁持ちもできるぞ!(>ω<)

嬉しい部分ですが、人差し指を突き出したライフル持ち手は同梱しません。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

無双するMk-III!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

ビーム・キャノンは着脱可能で、手に持たせれば

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

大型ビーム・サーベルになります。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

斬りかかるガンダムMk-III!

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

専用の持ち手は左右分付属。また、大きめのビームエフェクトパーツも2つ付属します。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

専用シールドのビーム・サーベルを持たせてみます。こちらも着脱でき、

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

先程よりも小さめのビーム刃が2本付属します。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

一応、専用シールドにマウントした状態でもビーム刃を取り付け可能です。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

LEGEND BB 武者頑駄無真悪参(ムシャガンダムマークスリー)と比較。

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

【レジェンドBB】武者頑駄無真悪参 レビュー【BB戦士】

 

HGUCガンダムMk-IIIバリエーションのガンプラレビュー画像です

HGBD:RガンダムゼルトザームHGBD:Rガンダムテルティウム(+ゼルトザームアームズ)と比較。

順番的にはゼルトザームが最初に出て、そのリデコキットとして今回のネタ元Mk-IIIが立体化された形となります。

HGUCガンダムMk-IIIバリエーションのガンプラレビュー画像です HGUCガンダムMk-IIIバリエーションのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムゼルトザーム レビュー
【ガンプラ】HGBD:R ガンダムテルティウム レビュー

 

HGUCガンダムMk-IIIのガンプラレビュー画像です

HGUC ガンダムMk-IIIの感想

ということでHGガンダムMk-IIIのご紹介でした。

 

満を持して発売されたガンダムMk-IIIですが、ゼルトザームからの新規造形も多く、特徴的な各種武装も再現されておりZ-MSVファンにはたまらないキットに仕上がっていると思います。

ベースキットの時点で出来が良かったので、可動・色分けともに優秀です。

再販タイミングを逃すとプレ値になりそうな気配がするので、予約受付中のうちにゲットするのがオススメだよ!(>ω<)

 

以上、「HG ガンダムMk-III」のガンプラレビューでした!

icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る