icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムテルティウム レビュー

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムテルティウム」のガンプラレビューです。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場し、シド(シドー・マサキ)が使用するガンダムテルティウムをご紹介。

2020年発売。

ガンダムMk-IIIをベースにしたガンプラで、先に発売されたHGガンダムゼルトザームの色替えランナーを使いつつ、「頭部」「武装」が新規造形として付属。右腕も左腕と同じデザインに変更されています。

また、別売りのHGゼルトザームアームズを組み込む事でフル兵装状態が再現可能です。

という事で、HG ガンダムテルティウムをHGゼルトザームアームズを装備させた状態を含め、徹底的にレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBD:R ガンダムテルティウム

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

ガンダムテルティウムのボックスアート。

ガンダムMk-IIIをベースにカスタマイズされたガンプラで、ガンプラ的にはHGガンダムゼルトザームのリデコキットです。

ただ、テルティウムのフル兵装状態を再現するには別売りの「HGゼルトザームアームズ」が必要になります。その点だけはご注意を(>ω<)

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

本キットは色分けが良好のため、ホイルシールの量は少ないです。「ツインアイ」「トサカ」「ライフル」を補うもののみ付属します。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル2種」「ビーム・サーベル×2」「手首パーツ×4」

武装は全てテルティウムの新規造形部分で、全てガンダムMk-IIIの標準武器のデザインになっているのが特徴です。

ランナー都合で一部HGガンダムゼルトザームの余剰パーツが出ますが、ゼルトザームのアンテナやフェイスマスクは同梱しないためゼルトザームに組む事はできません。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGガンダムテルティウムがこちら。

爽やかなホワイト・パープルを基調とした成形色に変更され、ゼルトザームからイメージががらりと変わりました(*_*)

基本的には頭部・武器以外はゼルトザームの色違いですが、右腕が左腕と同じ標準的な形に変化したのが特徴です。

※本キットにゼルトザームアルムは付属せず

関節パーツ(ダークグレーのパーツ)は「ガンダムMk-III」表記のランナーが使われています。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

腕と武装が変更され、ゼルトザームより更にガンダムMk-IIIに近づいた感じですね。

……HGガンダムMk-IIIの発売はほぼ決まったと見ていいのではなかろうか(>ω<)

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

本キットだけだと「ハイパーバーストランス」「シールドバインダー」が付属しないため、別売りのHGゼルトザームアームズとの併せ買いがオススメです。※装備させた状態は後述

それでは細かく見ていきます!

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

可動域はHGガンダムゼルトザームと同じで、腕は水平以上上がり、ほぼ真横まで開脚します。

ただ、股関節の緩さも継承されているので気になるモデラーさんは要調節といったところ。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がり、ヒザ関節は90度強曲がります。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナとフェイスマスクがテルティウムの特徴部分です。

頬の黄色い部分は、内部からパーツ露出する構造です。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

頭部は左右はめ込み式で後頭部に合わせ目が出ますが、よ~く見ると段落ちモールド化されているようです。(超アップで見ても微妙な感じでしたが、多分段落ちだと思います)

トサカ後ろのセンサーは数少ないシール部分です。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、上部と側面に合わせ目が出ます。

胴体はHGガンダムゼルトザームの色違いで、パーツ分割による色分けが細かいです。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

左右非対称だった腕は、左右対称のデザインになりました。(本キットにゼルトザームアルムは付属せず)

腕の合わせ目は全て段落ちモールド化されています。

ショルダーアーマーは一瞬合わせ目かと思ったのですが、よくみたら段落ち化されていました。ただ、肩内部は色が足りずグレーで要塗装となります。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

前腕部は独立可動します。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

バックパック左右には、別売りのHGゼルトザームアームズを取り付ける穴が空いています。

本キットだけだとちょっぴり寂しいぞ!(>ω<;)

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーは可動。フロントアーマー裏側はモールドが刻まれています。リアアーマーは固定。

サイドアーマーのくぼみ部分は要塗装です。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

脚部はヒザ関節のフレーム部分に合わせ目が出ます。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

「モモ後ろ」「後ろ側の関節パーツ」にも合わせ目アリ。

デザイン的に、接地性はそこまで良くないです。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

スネとふくらはぎのパーツは開閉します。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜き無し。股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いており、リアアーマー内側は裏打ちパーツで色分けされています。

それでは武器を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

本キットの特徴、ビーム・ライフル2種がこちら。

一度甲パーツを外して持たせるため、ガッチリと保持できます。

下部のエネルギーパックは取り外し可能ですが、ライフル自体には合わせ目アリです。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

ガンダムテルティウム、ビーム・ライフルを装備!

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

2丁持ちができるのがヨイ……。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは、2種類ともリアアーマーにマウント可能です。(プラ同士のシンプルな凹凸接続)

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを持たせてみます。こちらもガンダムMk-IIIのものをそのまま流用した武器、という設定。

弱点ですが、エフェクトパーツの凸と柄の凹サイズがあっておらず、簡単に抜けてしまうためここは要調節といったところです。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

斬りかかるガンダムテルティウム!

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

柄が長いので、両手で構える事ができました。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

二刀流!

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

HGガンダムテルティウムのガンプラレビュー画像です

↑組み立て書の設定画。という事で、本キットだけではフル兵装状態が再現できません

それではここから、別売りのHGゼルトザームアームズを装備させた状態を見ていきたいと思います!

 

HG ゼルトザームアームズ

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

こやつが別売りのHGゼルトザームアームズ。

パッケージにもあるように、HGBD GBN-ガードフレームなどにも対応しています。(ジョイントパーツが付属)

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

内容は「ハイパーバーストランス」「シールドバインダー/フォールディングバーストランチャー」「ゼルトザームアルム」「各ジョイントパーツ」です。

名称こそ変わっていますが、HGガンダムゼルトザームに付属するものの色違いで形状的な変更点はありません

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

ハイパーバーストランスとシールドバインダーを背負わせた姿がこちら。

……かなり印象変わるな!(>ω<;)

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

設定的には、シド(シドー・マサキ)が「より困難なミッションに挑むために本機専用にビルドした武装」との事。

ダークカラーのゼルトザームと違い、成形色の変化によりヒロイックな印象を受けますね。

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

ゼルトザーム同様、この状態だと武器類の重さで脚の付け根が緩みやすいです。

経年で勝手に足が開いてくる可能性があるので、やはりここは調節しながら組んだ方が良いと思われます。

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

ハイパーバーストランスを構えるガンダムテルティウム!

※ゼルトザームでは「ハイパーデストランス」という名称でした

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

いい感じ……(*´ェ`*)

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

フォールディングバーストランチャーを展開!

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

右腕をゼルトザームアルムに付け替えた状態がこちら。

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

HGガンダムゼルトザームの赤いゼルトザームアルムを左手につけてみた。

HGゼルトザームアームズのガンプラレビュー画像です

両腕ゼルトザームアルム状態、かっこいいな……!これは新発見。

色々な遊び方ができそうですね。

HGガンダムゼルトザームとテルティウムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

HGガンダムゼルトザーム(左)と比較。

HGガンダムゼルトザームとテルティウムの違い・比較のガンプラレビュー画像です HGガンダムゼルトザームとテルティウムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

頭部を比較。

HGガンダムゼルトザームとテルティウムの違い・比較のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD:R ガンダムゼルトザーム レビュー

 

HGBD:R ガンダムテルティウムの感想

ということで「HGガンダムテルティウム」および「HGゼルトザームアームズ」のご紹介でした。

 

重ねてになりますが、HGガンダムテルティウムのガンプラ単体ではフル兵装状態が再現できないため、そこだけはご注意を。

HGゼルトザームアームズとの併せ買いがオススメだよ!(>ω<)

 

以上、「HGガンダムテルティウム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る