icon
icon

【ガンプラ】HG ガンタンク初期型 レビュー

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG ガンタンク初期型」のガンプラレビューです。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム THE ORIGINに登場したガンタンク初期型。

漫画版では通常のガンタンクでしたが、アニメ版で設定された機体になります。

キットの方はディテールが細かくミリタリー臭溢れる泥臭く渋い硬派なガンタンク!といった出来栄えになっていたのでご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

HG ガンタンク初期型

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

ガンタンク初期型の勇姿がこちら。

今回はほぼ素組みに少しウェザリング+つや消しでフィニッシュさせました。

ではぐるりと見ていきます。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

カラーリング渋すぎか!

ガンプラは数あれど、その中でもミリタリー臭溢れる硬派なデザインをしています。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

履帯は軟質素材ではなくプラで出来ていますが、履帯のたるみがちゃんと表現されています。

バンダイのこういう技術ってほんと凄いよね。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

排煙ダクト(バックパック)は多少上下に動きます。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

全長は低めですが横に広いので、かなりの存在感を放っています。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です HGガンタンク最初期型を裏側から見たガンプラレビュー画像です

真下から見てみた図。

HGガンタンク最初期型の頭部のガンプラレビュー画像です

頭部バイザーはクリアパーツで出来ています。

また、頭部はぐるぐる可動。

額センサーは色分け無しなので要塗装です。※今回は塗っていません

HGガンタンク最初期型の腕可動のガンプラレビュー画像です

腕はここまで可動し、二重関節になっているので90度以上曲がります。

肩の茶色い部分には合わせ目が出ます。

HGガンタンク最初期型の大口径砲可動のガンプラレビュー画像です

砲身のパーツが筒状のものを重ねる感じで組み上げるので合わせ目が出ません。

素組み派のモデラーさんにも安心設計です。

大口径砲は写真のように上下に可動します。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

また、大口径砲の可動に連動して砲身根本のシリンダーが伸縮します。

こういう細かなギミックがとても良い……(*´ェ`*)

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

腰もぐるぐる回転します。

ガンタンク系の可動としては完璧です。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

胸サイドにあるスモーク・ディスチャージャーは1パーツ構造ですが、形状がかなり細かいです。

HGガンタンク最初期型の4連装機関砲のガンプラレビュー画像です

4連装機関砲の銃身先端はバッチリ色分けされています。

銃身自体が別パーツになっているのでぐるぐる回転可能。

ディテールも細かいので非常に見栄えが良いです。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

前側には3連装機銃ハッチが造形されています。※ハッチは開きます

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

その下部に付属のマーキングシールを貼る感じ。

このマーキングシールのフォントと色がめちゃめちゃ渋くてかっこいいですね。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

後ろ部分。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

少し見えづらいですが上面ダクトのような部分は開口されています。

また、手前のバー部分は別パーツになっており、取り付ける形で再現。

HGガンタンク最初期型の履帯可動のガンプラレビュー画像です

履帯(キャタピラ)部分はハの字に広がります。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

このような感じでポージングする事が可能です。

タンクタイプとは思えない表情付けができます。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です HGガンタンク最初期型の履帯のガンプラレビュー画像です

履帯ユニットをアップで。

転輪が開口されており、とにかくディテールが細かいです。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

ズゥン!

このガンタンク初期型、存在感が半端ないです……。

HGガンタンク最初期型のガンプラレビュー画像です

人型モビルスーツとは作りが全然違うので、作っていてめちゃめちゃ新鮮で楽しかった……。

HG ガンタンク初期型の感想

という事でHG ガンタンク初期型のご紹介でした。

 

このキットですが、作る前は戦車のプラモデルをイメージして作るのが大変そうだな……と勘違いしていましたが、かなり作りやすく「やはりガンプラだ!」と思えるキットになっています。

 

具体的には目立つ合わせ目が肩ぐらいで、砲身に合わせ目が出ないおかげでパチ組み派にも安心な点。

色分けもほぼ完璧なのでつや消し吹くだけで見違えるようになります。

 

このガンタンク初期型もですが、オリジンのキットって渋いモビルスーツが多いのでついつい玄人向けかなと思いがちですが、素組みでも満足するツボをおさえているので初心者のモデラーさんにもオススメ出来る名キットになっていると思います。

 

普段部分塗装する時間を汚しの時間にもっていけるので、時間がないお父さんが休日組むガンプラとしても最適。

 

オリジンのキットにハズレ無し。おすすめ!

 

以上、「HG ガンタンク初期型」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HG RTX-65 ガンタンク初期型』の在庫を見る