icon
icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBF ライトニングガンダム レビュー

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGBF ライトニングガンダム(+ライトニングガンダムフルバーニアン)」のガンプラレビューです。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドファイターズトライに登場し、コウサカ・ユウマが使用したライトニングガンダムをご紹介。

2014年発売。

リ・ガズィがベースになっているものの、ガンプラ的には完全新規造形になっています。

という事で、HGBFライトニングガンダムを別売りの「ライトニングバックウェポンシステムMk-IIと組み合わせた状態も含めじっくりと見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGBF ライトニングガンダム

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

このライトニングガンダムですが、本編で装備していたバックウェポンは同梱せず基本的な本体と武器のみの構成になっています。

3種類のライトニングバックウェポンシステムのうち、どれかと一緒に購入するのがオススメだぞ!(>ω<)

※装着状態は後述

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはご存知コウサカ・チナの弟、コウサカ・ユウマが記載。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量はそこまで多くはなく、細かな黄色い部分やセンサー部グリーン、カカトなどを補うものが付属します。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ハンドガン」「ロングバレル」「バレル」「センサーユニット」「ビームサーベル×2(+ビームエフェクトパーツ×2)」「ハンドパーツ×3」「シールド」

ハンドガンに各種バレルやセンサーユニットを取り付ける事により、色々な形態のビームライフルに変化します。

ライトニングガンダム

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

そして完成したHGBFライトニングガンダムがこちら。

リ・ガズィをモチーフに製作されたデザインで、全体のシルエットがリ・ガズィ風味になっています。

成形色は綺麗なライトブルーを基調とした配色になっているぞ……(*´ェ`*)

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

バーニング系と違い、宇宙世紀の作品に登場しても違和感が出ないデザインですね。

アゴが大きく引けるためカトキ立ちがバシッと決まります。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上上がり開脚範囲も広いです。

太ももが短いデザインのため綺麗に膝立ちはできないものの、関節は90度以上曲がります。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は少ししかまわりませんが、少し引き出せば好きな位置に持っていく事ができます。

ただ真横にした場合など外れやすくなるため、ポーズ付けする際はご注意を。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部。アンテナまわりの配色・形状はリ・ガズィ・カスタムを思わせるデザインになっています。

ここはバルカンのみ要塗装となります。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめ込み式で、側面と頭頂部付近のトサカに合わせ目が出ます。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体は色分けが完璧かつ、合わせ目も出ません。

全体的にこのライトニングガンダム、色分けも良好で合わせ目が少ないガンプラに仕上がっていました。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

肩部センサーはシールで補います。

その他はグレー、ブルー、ライトブルーと細かく色分けされているうえ、合わせ目も出ません。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

肩は前後に大きく可動し、上半身も前後にそこそこ傾きます。

2014年の新規造形ガンプラなだけあり、柔軟に可動する模様。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部は肩内部ブロック内側に合わせ目が出ますが、モールドっぽく見えるうえ内側なのでほとんど目立ちません。

その他は合わせ目が出ないパーツ構造をしています。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

腕は90度以上大きく曲がります。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは大きく上がります。

リアアーマー(写真右上)の黄色い部分はシール、股下はアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部に合わせ目は出ません。

厳密に言えば写真右の「膝関節下の奥」に見える程度です。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

カカトのライトブルー部分はシールになりますが、ご覧の通りシールだというのがわからないぐらい違和感が出ません。

関節にも合わせ目無し、ただ足裏にはぐるりと大きな肉抜きがあります。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

背部。このキットにバックウェポンシステムは同梱しませんが、別途購入すれば無改造で取り付ける事が可能です。

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドの表面左右にあるビームバルカンはグレーで色分けされています。

表面の先端にある黄色い部分はシールで補います。

シールドは固定式で、回転しませんがある程度は動きます。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルはサイドアーマーの内側に収納されています。(左右とも)

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ライトニングガンダム、ビームサーベルを抜刀!

サーベル刃のエフェクトパーツは長めのものが2本付属します。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

戦闘開始!

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

二刀流で。リ・ガズィモチーフということで、ゼータ風味を感じるデザインが最高にかっこいいっす(>ω<;)

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

柔軟に可動し、かっこいいポーズがガンガン決まります。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ハンドガンを装備させてみます。

この武器を起点に各種バレルを着せ替え、形態を変えていく感じです。

後方の円柱部分のライトブルーはシールで補います。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ハンドガンで攻撃!

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

バレルとセンサーユニットを接続してみます。

接続強度が丁度良く、硬過ぎず緩過ぎずスムーズに切り替え可能です。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ロングバレルを装着してみます。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

また、ビームライフル(ハンドガン)の後ろは肩部センサーに接続する事ができます。

ここも接続強度は丁度いい感じです(*´ェ`*)

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ボックスアート風で。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドは、精密射撃用にバイポッドとしても使用可能です。

銃身の先端付近とシールド上部の凹凸を噛み合わせる形で再現します。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ライトニングガンダムフルバーニアン

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

それでは別売りのライトニングバックウェポンシステムMK-IIを装着した、ライトニングガンダムフルバーニアン状態も見てみます。

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

売りとしてはバックパック部分のほか、ライトニングガンダムに同梱するハンドガンに接続できる開放型バレルが付属する点かと思います。(先端グレーのバレル)

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

2本のビームキャノン先端には、↑のようにライトニングガンダムに付属するサーベルエフェクトパーツを取り付ける事が可能です。

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

ライトニングガンダムにライトニングバックウェポンシステムMk-IIを組み込んだ、ライトニングガンダムフルバーニアンがこちら。

この状態でやっとライトニングが完成された気がします!(>ω<)

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

背部ユニットは重いのですが、なんとか自立は可能です。

バックパックの接続強度も強過ぎなほどで、ポロリの心配はありません。

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

こちらがハンドガンに開放型バレルを取り付けた、ハイビームライフルになります。

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

浮かせてディスプレイ。

自立するとはいえ、ちょっとした振動で転倒のおそれがあるためスタンド展示推奨です。

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

後ろから見てもかっこいいぞ!(>ω<;)

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

フルバーニアン状態で、肩にハイビームライフルを接続させてみます。

肩部センサーだけではなく、ビームキャノンにも連結させる事ができます。

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

ハイビームライフルで攻撃!

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

また、飛行形態を再現する事もできます。

ライトニングバックウェポンシステムMk-IIのガンプラレビュー画像です

なかなか凝った作りをしていますね。

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

ぷちきゃらのコウサカ・ユウマとディスプレイ。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGBFライトニングガンダムとリ・ガズィの比較ガンプラレビュー画像です

モチーフ機体のHGUCリ・ガズィと比較。

パーツの流用はありません。

【ガンプラ】HGUC リ・ガズィ レビュー

 

HGBFライトニングガンダムとライトニングZガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

同じコウサカ・ユウマのガンプラ、HGBFライトニングZガンダムとディスプレイ。

【ガンプラ】HGBF ライトニングZガンダム レビュー

 

HGBFパワードジムカーディガンのガンプラレビュー画像です

HGBFビルドバーニングガンダムHGBFパワードジムカーディガンと。

【ガンプラ】HGBF パワードジムカーディガン レビュー

 

HGBFライトニングガンダムのガンプラレビュー画像です

HGBF ライトニングガンダムの感想

ということでHGBF ライトニングガンダム(+フルバーニアン)のご紹介でした。

 

合わせ目も少なく色分け良好、可動域も申し分ないので不満の少ない現代のガンプラといった感じでした。

とても組みやすく、各部接続強度が丁度良いというのもありガンプラ初心者さんにもうってつけのキットだと思います。

 

ライトニングバックウェポンシステムは「Mk-I(無印)」「Mk-III」もあるのでお好みで。

本編の後半で活躍したライトニングガンダムフルバーニアンならMk-II一択ですぞ!(*´ェ`*)

『アイランド・ウォーズ』仕様のライトニングガンダムストライダーにするならMk-IIIで。

何かしらのバックウェポンシステムは必須かもしれません!

 

以上、「HGBF ライトニングガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> Mk-Iの中古を見る
>> Mk-IIの中古を見る
>> Mk-IIIの中古を見る