スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC メッサーF02型 レビュー【プレバン】

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG メッサーF02型」のガンプラレビューです。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイに登場する、メッサーF02型をご紹介。

2021年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

一般販売されているHGUCメッサーF01型のランナーを使用しつつ、リフティング・フレアが追加装備された形状の脚部パーツが新規造形で付属。また、F01型には同梱しなかった「指揮官機用の頭部パーツ」「左の平手パーツ」も同梱します。

という事で、HGUCメッサーF02型をF01型とどこが変化しているのかを見つつ、レビューしていきたいと思います!

HGUC メッサーF02型

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

F01型の脚部に「リフティング・フレアが追加装備」されたF02型さん。

ガンプラ的にはパーツを追加装備する形ではなく、新規造形の脚部パーツが付属します。

という事で、本キットではF01型を組む事はできません。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

ホイルシールはF02型専用のものが付属し、新規部分(リフティング・フレア)の色を補うものが中心です。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ロング・ビーム・ライフル」「手首パーツ×4」「ビーム・サーベル×2」「シールド」「アクションベース用ジョイントパーツ」「指揮官用頭部パーツ」

新たに「左の平手」「指揮官用頭部パーツ」が同梱するのが本キットの特徴です。(同日発売のF02型指揮官機にも同梱)

余剰パーツは、↑枠のスパイクのみです。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCメッサーF02型がこちら。

F01型と比べ、脚部がマッシブなデザインに変化しました。

ちなみにF02型はGジェネ版デザインに相当する仕様になっていて、地上でのホバー走行の持続時間が向上していたりします。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

ポリキャップとABSは不使用で、KPS関節を中心とした現代風ガンプラに仕上がっているため非常に塗装のしやすい仕様です。

接地性は悪くはありませんが、良くもない感じ。自立性は高いです。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

それではまず、F01型との違いをハッキリさせていくぞ!(>ω<)

HGメッサーF01型とF02型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCメッサーF01型と全身を比較。

ベージュとレッドを基調とした外装や、グレー部分のランナー色は全く同じです。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

ほとんど同じランナーですが、

HGメッサーF01型とF02型の違い・比較ガンプラレビュー画像です

脚部が変化しているのが変化ポイントです。(逆に言えば本体はここだけ)

※今回のF02型では「指揮官用頭部」「左の平手」が追加で付属(このあたりは後述)

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

F02型のレビューに戻ります。

可動域はF01型と同じで、手足はここまで広がります。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

腕関節は180度近く曲がり、足関節も90度以上曲がります。

ただ、腰をひねる動作はちょい苦手です。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。モノアイに凸モールドはなく、ピンクのシールで再現します。

また、口元の動力パイプのイエロー部分はシールで色を補うため、このあたりは部分塗装推奨といった感じです。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

頭部の赤いパーツは上下はめ込み式で、側面にぐるりと合わせ目が出ます。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

額のパーツを外し、↑枠のパーツを動かせばモノアイを左右に振る事ができます。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

また、新規造形でアンテナ付きの指揮官用頭部パーツ(額部分)が付属します。

このカラーの指揮官頭部は本キットにしか同梱しないので、地味に貴重なパーツになっています。(一応F02型指揮官機にも色違いの同形状パーツが付属)

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。エアインテークはイエローで色分けされており、HGシリーズとしてはエッジの効いた造形になっています。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

上半身の前後左右への可動が凄まじく、表情付けがうなります。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

背部のスラスターは、上下のカバーパーツが可動します。(スラスター自身も可動)

厳密に言えばグレーの球体パーツに合わせ目がありますが、ほとんど目立ちません。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

右肩はスパイクアーマーになっていて、スパイクは全て別パーツになっています。

↑枠のアーマー内部には、ビーム・サーベルの柄を1本収納する事ができます。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

右肩同様、左肩にも合わせ目はありません。

上側の動力パイプのイエローはシール。側面のサブアーマーは可動します。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

腕は「肩内部ブロック」「前腕部」に合わせ目があります。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーはボールジョイント接続で、リアアーマーはアームによりフレキシブルに可動します。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

新規造形、リフティング・フレアの脚部がこちら。

F01型からの本体変更ポイントはここで、後ろ側に合わせ目が出ます。

また、細かなベージュ部分はホイルシールで色を補います。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

腰内部フレームまわりに変更はなく、スタンドに展示する場合は↑枠のジョイントパーツを取り付けます。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

下から。足裏に肉抜きはありません。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

メッサーF02型、出撃!

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

ロング・ビーム・ライフルから。ライフル持ち手は右手分のみ付属します。

ぶっちゃけ、武器類はF01型と全く同じため新鮮味は薄いですが、こちらでも解説していくぞ!(*ノェノ)

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

ロング・ビーム・ライフルをぶっ放すメッサーF02型!

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

1/144スケールにしてはデカいので、迫力があります。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

シールドの内側には、ビーム・サーベルの柄が2本収納できます。

↑枠の左の平手が新規造形です。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

平手を添えてパシャリ。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを抜刀!

ビーム刃は、長めのクリアイエローが2本付属します。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

アクション!

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

攻撃!

腰をひねる動作だけは苦手なので、幾分かはポーズ幅が限られます。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

脚部がマッシブな形に変わり、ジオン系統のデザインが色濃くなりましたね。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

頭部を指揮官仕様にして、何枚かいってみます。

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

結構イメージ変わりますね(*_*)

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

メッサーF01型(右)とディスプレイ。

HGギラ・ドーガとHGメッサーF02型の比較ガンプラレビュー画像です

設計のベースとなった機体、ギラ・ドーガと比較。

HGUCギラ・ドーガも1/144スケールとしては大きいですが、メッサーは更にデカくなっています。

【ガンプラ】HGUC ギラ・ドーガ レビュー

 

色々なメッサーバリエーションのガンプラ画像です

色々なメッサーバリエーションでディスプレイ。

F01型以外は、プレミアム・バンダイ限定品になります。

色々なメッサーバリエーションのガンプラ画像です 色々なメッサーバリエーションのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC メッサ―F01型 レビュー
【ガンプラ】HGUC メッサーF02型(指揮官機) レビュー【プレバン】

 

閃光のハサウェイのガンプラ画像です

HGUCクスィーガンダムも混ぜ、反地球連邦政府運動マフティーのガンプラでパシャリ。

閃光のハサウェイのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC クスィーガンダム レビュー

 

HGメッサーF02型のガンプラレビュー画像です

HGUC メッサーF02型の感想

ということでHGメッサーF02型のご紹介でした。

 

新たに「指揮官用ヘッド」「左の平手」が同梱するものの、本体の変化ポイントは脚部のみです。

同日に発売されたHGUCメッサーF02型指揮官機では成形色が変わっていたり、F型ネイキッドも再現できるため変化を求めたい方はそちらをチョイスするのもオススメだよ……(*´ェ`*)

ガンプラ自体はKPSが多用された現代風ガンプラに仕上がっており、満足度の高い内容になっていました。

最近ガンプラの種類が増えすぎて個々の再販が少なくなってきている気がするので、気になるモデラーさんはゲットしておいて損はないと思いますぞ。

 

以上、「HGUCメッサーF02型」のガンプラレビューでした!

icon
icon

 

 

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る