スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 1/144 ミカエリス レビュー

HGミカエリスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG 1/144 ミカエリス」のガンプラレビューです。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 水星の魔女に登場し、シャディク・ゼネリが搭乗するミカエリスをご紹介。

2023年発売。

右腕には、展開可能な複合装備ビームブレイサーを搭載。ビームブレイサー展開用のミニ台座や、ワイヤーも付属します。

という事で、HGミカエリスをレビューしていきたいと思います!

HG 1/144 ミカエリス

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

GUND-ARM排除を目論むグラスレー・ディフェンス・システムズが開発した新型MS、ミカエリスさん。

GUNDフォーマット妨害装置、通称「アンチドート」を搭載した機体で、アンチドートデバイスに攻撃能力を付加させたMSになります。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

組み立て書には、グループ内御三家グラスレー社CEOの養子でありグラスレー寮を束ねるシャディク・ゼネリさんが記載。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

頭部、肩部・脚部のクリアパーツ下に貼るパープル、小型シールドに貼るグレー、ビームブレイサー裏側に貼るものが付属します。

ビームブレイサー裏に貼るシールは、「非発光」「発光状態」からの選択式です。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG 1/144 ミカエリスがこちら。

べギルべウに近い「ホワイト」「パープル」を基調としたカラーリングや、脚部デザインになっているのが特徴です。

足首パーツが小さいので自立性は低いですが、接地性は良く一応自立します。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

スリムなプロポーション(*´ェ`*)

今回のミカエリスは全高がちょい高めで、騎士のような姿が特徴的なMSになっていますね。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

ちなみに、見た目から感じる印象よりパーツ数が少ないように感じました。最近のバンダイさん、少ないパーツ数でクオリティ高めるのを努力しているのかもしれません。

それでは各部細かく見ていきます!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がります。

特に脚部は上方向に際限なく動くので、開脚範囲がメチャ広です。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

手足の関節も大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

上半身も前後左右と可動し、柔軟なポーズ付けが可能です。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。可動に関して不満は0です。

最近のガンプラ、ほんとよく動くな……(*_*;)

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。メインカメラはクリアパープルのパーツが使用されています。

クリアパーツの下パーツにシールを貼るのですが、一応シールを貼らずともモールドは刻まれているので塗装派モデラーさんにも親切設計になっています。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。合わせ目はありません。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

首元にも、クリアパープルのパーツが使用されています。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

胴体の白い装甲は前後はめ込み式ですが、合わせ目部分は段落ちモールド化されています。

ここの構造が面白く、腰のグレーパーツは非可動なのですが胸部まわりがぐるりと動く構造になっています。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

背部。取り付けはいつもの2穴タイプで、非可動です。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

肩部の中は、地味にクリアパーツが使用されています。(中に光沢感のあるパープルのシールを貼る構造)

ショルダーアーマーに合わせ目はありません。肩はボールジョイント接続で、前後に可動します。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

右腕にはアンチドートデバイスを主とした複合装備、ビームブレイサーを装備。

シールドコーティングが施された4枚のプレートで構成されていて、「ビームサーベル」「ビームキャノン」「ビームマシンガン」3種類の各種モードが搭載されています。(分離状態は後述)

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

左腕はスタンダードな腕になっていて、小型シールドを装備。

シールド表面に一部シールを使いますが、合わせ目はありません。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

腰部。足の付け根はべギルべウのようなデザインになっています。

フロントとリアアーマーは非可動です。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

底面にはスタンド用の3mm穴あり。足の付け根軸はスイング可動しません。(水星の魔女HG仕様)

リアアーマー内側は、グレーの裏打ちパーツで色分けされています。こういう地味だけど細かな色分けをしている点が、パチ組みでもショボさを感じない印象を与える理由だと思われます。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

細身の脚部をアップで。足裏は、つま先パーツに肉抜きがあります。

接地性はすこぶる良いのですが、接地面が狭いため自立性は悪いです。(一応自立はします)

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

ちなみに脚部はこのようなフレーム構造になっていて、フレームを組んだあと外装をかぶせていく形で再現します。

ここ組んでるとき、鉄血HGのガンダムフレームを思い出したよ……(*´ェ`*)

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

「まずは露払いだ」

ミカエリス、決闘開始!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

ビームブレイサーを振り上げるミカエリス!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

中央には、砲口が造形されています。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

3枚のプレートをパカッと開けば、ビームブレイサーを展開することができます。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

アップで。先端パーツは外側に回転。

内側のシールは、非発光状態と発光状態2種類のシールが付属します。(今回は発光状態をチョイス。非発光のシールは真っ黒になっています)

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

ビームブレイサーで攻撃!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

ビームブレイサーと小型シールドに、サーベル刃を取り付けることができます。

エフェクトパーツはクリアグリーンのものが、2本付属します。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

二刀流で立ちふさがるミカエリス!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

そしてこちらが、ビームブレイサー展開用のミニスタンドとケーブルパーツです。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

ビームブレイサーを外し、ミニ台座に展示して

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

このように腕に接続します。

ビームブレイサーを外した右手先端は3mm軸になっていて、ジョイントパーツ(+リード線)を取り付けて再現します。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

有線式の遠隔攻撃を展開させるミカエリス!

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

リード線は、少し長めのものが1本付属します。好きな長さにカットして使ってください、との指示あり。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

「ここまでだ、スレッタ・マーキュリー。ミオリネの隣に立つのは、俺だ!」

HGミカエリスのガンプラレビュー画像ですHGミカエリスのガンプラレビュー画像です

HG 1/144 ベギルベウ(左)と比較。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

肩部、腕部を比較。ベギルベウとは、デザインが近いです。

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

脚部を比較。クリアパーツ部分や、太ももの装甲も近いものを感じますね。

【ガンプラ】HG ベギルベウ レビュー

 

HGベギルペンデのガンプラレビュー画像です

べギルペンデと一緒にディスプレイ。

HGベギルペンデのガンプラレビュー画像です HGベギルペンデのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG 1/144 ベギルペンデ レビュー

 

HG 1/144 ミラソウル社製フライトユニット装備のガンプラレビュー画像です

同日発売の、HG 1/144 ミラソウル社製フライトユニット装備を装着してみた図。

無改造でいけます。

【ガンプラ】HG 1/144 ミラソウル社製フライトユニット装備 レビュー

 

HGミカエリスのガンプラレビュー画像です

「ガンダムなのか?お前は…」

HG 1/144 ミカエリスの感想

ということでHGミカエリスのご紹介でした。

 

水星の魔女シリーズらしく、合わせ目が少なく高可動と、現代風ガンプラを感じる安定の作りをしていました。

このシリーズ何体か組んでいて確信したのですが、そこまでパーツ数が多くないのにこのクオリティを実現しているのがスゴいと思います……(*_*;)

キット化やアニメのことを考えて設定色をシンプルにしているせいかもしれませんが、少なくとも色分けについては歴代HGシリーズの上位で間違いないでしょう。

ガンプラ初心者さんにもオススメなので、普段ガンプラを作らないシャディクファンの方にもオススメだよ!

 

以上、「HG ミカエリス」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る