icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ネモ レビュー

HGUCネモのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ネモ」のガンプラレビューです。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

機動戦士Zガンダムに登場し、エゥーゴが運用したネモをご紹介。

2013年発売。

先に発売されたUC版ネモから成形色がグリーンに変更されたほか、ビーム・ライフルが通常ネモのものに変更されています。

という事で、HGUCネモをZガンダムに登場する色々なモビルスーツとの写真を交えながらじっくりとレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ネモ

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

発売した順番は前後したものの、一般販売された元祖ネモさん。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は多く、主にスラスター内部のレッドを補うものなどが付属します。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「シールド」「ビーム・サーベル×2(エフェクトパーツ×2含む)」「ハンドパーツ×7」

多彩なハンドパーツが特徴で、武器持ち手・握り手・平手が左右分付属するという豪華な内容になっています。

写真以外だとハンドパーツの甲パーツ(グレー成形)が余剰パーツで付属します。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

完成したネモですが、深みのある濃いグリーンの成形色で立体化されています。

劇中に近い色になっているので、素組み派モデラーさんでも高品質なネモが仕上がると思うぞ!(>ω<)

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

ちなみにライフル以外はユニコーンVer.やデザートカラーVer.と同じ造形です。

プロポーションが現代風にアレンジされているものの、違和感を感じさせないスタイルになっていると思います。

やぼった過ぎず、スタイリッシュ過ぎずバランスがいいと思うぞ!(>ω<)

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

弱点としてはスラスター内など、全ての赤い箇所をシールで補う点かと思います。

それでは細かく見ていきます!

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

可動域は手脚が十分広がり、膝立ち可能です。

上半身は360度回転します。

今のガンプラ目線で見ると接地性は標準的といった感じ。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

頭部。おでこの黄色い部分はシールで補います。

ユニコーン版ではクリアブルーだったメインカメラは、クリアオレンジのパーツに変更されています。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

クリアパーツの下にシルバーのシールを貼る仕様です。

シール下にはモールド形状アリ。塗装派モデラーさんにも安心部分になっています。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

側面一部に合わせ目が出ます。

首は多少まわりにくいです。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

胴体はコクピット部のレッドをシールで補います。

サイズはぴったりですが、角ばった部分に貼るというのとポージング時に干渉する事があるので、少し剥がれてきやすい印象です。

胴体の側面一部には合わせ目が出ます。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

上半身は左右と、

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

前後に多少傾きます。

ちょっとした点ですが、ここのおかげで柔軟なポージングが可能となります。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

肩・胴体は合わせ目が出ます。

サブアーマーは可動。

肩側面のダクト内はレッド・グレーともに全てシールになり、シールを貼らない場合は合わせ目が露出します。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

肩の前後可動はこのぐらい。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

腕の合わせ目は前腕部後ろのみで、あまり目立たない位置になっています。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

腕関節は約90度曲がります。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

手首付近のグレーはシールで色を補います。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

腰部分。リアアーマーには2本のビーム・サーベルが収納されていて、引き抜けます。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

フロント・サイドアーマーともに大きく開きますが、裏側にモールドはありません。

股下にはアクションベース用の3mmスタンド穴アリ。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

脚部はアンクルガードと関節パーツ、

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

カカトパーツに合わせ目が出ます。

脚部スラスター内部は全てシール。

足裏は肉抜きがありません。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

スネ内部が、メカニカルな造形になっていて見栄えがいいです。素晴らしい(>ω<)

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

脚は前後に大きく可動。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

カカトも↑のようにある程度開き、柔軟な可動を実現しています。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

バックパックはジム・スナイパーIIの系譜で、デザインは酷似していますがガンプラ的には別造形になります。

HGUCジム・スナイパーIIのガンプラレビュー画像です

↑はHGUCジム・スナイパーIIのバックパック。

ネモの場合左右にある小さなスラスターが別パーツ化されていて、地味にアップデートされています。

中央2基のメインスラスター内のディテールも細かくなっていますね。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

弱そうな薄いネモのシールド。

突起部分のイエローは別パーツで色分け済み、シールド裏はモールドもあり基部で360度ロール回転します。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

また、伸縮機構も搭載されていてシールド表面の取り付け位置を変えるだけで再現可能になっています。

それでは武器を持たせ、アクションポーズいってみます!

HGUCネモのガンプラレビュー画像です HGUCネモのガンプラレビュー画像です

ネモ、ビーム・サーベルを抜刀!

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

サーベルのエフェクトパーツはユニコーンVer.のクリアピンクから、クリアグリーンに変更されています。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です HGUCネモのガンプラレビュー画像です

斬りかかるネモ!

HGUCネモのガンプラレビュー画像です HGUCネモのガンプラレビュー画像です HGUCネモのガンプラレビュー画像です

劇中イメージを損なうほどかっこいいポーズが決まるぞ!w

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

肩まわりの可動域に秀でているため、

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

両手でサーベルをつかむ事もできます。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

もちろん二刀流も可能です。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルを装備させてみます。

銃持ち手は右手のみ付属します。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGUCネモとジムIIのライフルの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCジムIIのビーム・ライフルと比較。

かなり似ていますが、ガンプラ的には別造形になっています。

HGUCジムIIとネモの比較ガンプラレビュー画像です

同じやられ役のHGUCジムIIと比較。

HGUCジムIIとネモの比較ガンプラレビュー画像です

両方共弱そうですが、ネモの場合ちゃんと「ジムIIよりは強いんだからね!」というデザインになっている気がしますw

【ガンプラ】HGUC ジムII レビュー

 

HGUCネモのガンプラレビュー画像です HGUCネモのガンプラレビュー画像です HGUCネモのガンプラレビュー画像です

最近のガンプラのように超絶可動するわけではないのですが、必要十分には動きかっこいいポーズがガンガン決まります。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルのフォアグリップは可動し、

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

両手で構える事もできます。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

カッケェっす!(>ω<;)

それでは他のZ作品ガンプラと絡めてみます。

HGUCネモとハイザックのガンプラレビュー画像です

ハイザックと交戦するネモ。

HGUCネモとマラサイのガンプラレビュー画像です

ポジション的なライバル機、マラサイと比較。

HGUCネモとサイコガンダムのガンプラレビュー画像です

ニューホンコンでヤバイ奴と遭遇するネモ!

HGUCネモの違い・比較のガンプラ画像です

HGUCネモ(ユニコーンVer.)ユニコーン デザートカラーVer.と比較。

まず最初にユニコーンVer.が2012年に発売され、今回のネモはその約1年後の2013年に発売されました。

HGUCネモの違い・比較のガンプラ画像ですHGUCネモの違い・比較のガンプラ画像です

主な違いは成形色とライフルになります。

頭部のクリアパーツ色が違う点、サーベル色が違う点は塗装派モデラーさんにも重要ポイントかもしれません。

【ガンプラ】HGUC ネモ(ユニコーンVer.) レビュー
【ガンプラ】HGUC ネモ(ユニコーンデザートカラーVer.) レビュー

 

エゥーゴのガンプラレビュー画像です

エゥーゴのモビルスーツでディスプレイ。

エゥーゴのガンプラレビュー画像です

>> Z系レビューはこちら

 

HGUCネモのガンプラレビュー画像です

HGUC ネモの感想

ということでHGUC ネモのご紹介でした。

 

本体の形状はUC版と同じため感想もかぶりますが、シールで補う箇所はそこそこ多いです。

合わせ目はそれなりにありますが、目立つ位置に出まくるわけではないので思ったほどは気にならない印象。

かっこいいポーズがガンガン決まるうえ変な肉抜きが無いため、非常に見栄えのいい堅実なガンプラに仕上がっていると思いますぞ!(>ω<)

 

以上、「HGUC ネモ」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る