スポンサーリンク
スポンサーリンク
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG 1/144 ガンダムファラクト レビュー

HGファラクトのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGガンダムファラクト」のガンプラレビューです。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダム 水星の魔女に登場し、エラン・ケレスが搭乗するガンダムファラクトをご紹介。

2022年発売。

バックブースターには4対のガンビット「コラキ」を格納でき、着脱できます。

肩部上側の先端部分を押し込めば、内蔵されたブースターが展開するギミックを搭載。

という事で、水星の魔女のガンダムタイプであるHGファラクトをレビューしていきたいと思います!

HG 1/144 ガンダムファラクト

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ペイル・テクロノジーズが開発したガンダムタイプのモビルスーツ、ガンダムファラクトさん。

ペイル社製MSの特徴でもある飛行性能を有し、新型大推力ユニット「ブラストブースター」が採用されているほかGUND-ARMとして開発された機体になります。

現段階ではHGでのガンダムタイプのリリースは希少なので、テンションが上がる内容になっているぞ!(>ω<)

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

組み立て書には、エランさんが記載。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。本キットは色分けが優秀なので、シェルユニット内部ぐらいにしかシールを使いません。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

そして完成したHG 1/144 ガンダムファラクトがこちら。

今までのMSと違い細身で独特なシルエットで再現されていて、ブルーグレーを主体とした暗めの配色になっているのが特徴です。

腕を組んでいる時、若干イナクトやフラッグ系を思い出しました。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

鳥類のクチバシのような足部ユニット「ビークフット」は角度を大きく変えることができ、接地性が優秀です。

ちなみに今回もポリキャップレスのKPS(やわらかプラ)関節が採用されており、サクサクと組み上げることができます。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

それでは各部細かく見ていきます!

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

可動域は広く、手足は大きく広がり顔を上げる動作も得意です。

シリーズ共通で足の付け根軸こそスイング可動しませんが、そのかわりガッチリと接続できる感じです。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

手足の関節も90度以上大きく曲がり、ヒザ立ち可能です。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

腰回りがスッキリしたデザインというのもあり、真横を向くことができます。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。赤い部分は、内部から露出する形で色分けされています。

ツインアイにシールを使わないところがいい感じ。

一部アンテナ先端は白系で要塗装で、4本のアンテナ先端には安全フラッグがついています。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。頭部は前後はめ込み式ですが、側面にでる合わせ目はモールド扱いでOKでした。(設定画で確認)

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

超アップで。額のシェルユニットは内部にホイルシールを貼り、上にスモークがかった暗めのクリアパーツをかぶせる形で再現します。

また、フェイスマスクまわりのパーツ分割が細かいです。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。ここも色分けが優秀で、合わせ目もありません。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

胸部を超アップで。この赤い部分はシールで、クリアパーツを被せる形で再現します。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

上半身は、前後左右と柔軟に可動します。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

肩部は基部パーツごと可動し、前方向への可動に優れています。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

細身の腕部に合わせ目はありません。

二の腕や前腕部のみならず、肩フレームや関節も合わせ目無しです。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。腰部前面のアーマーは、地味に可動します。

こちらの赤いところもシールで、上にクリアパーツをかぶせて再現します。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

腰部底面の穴は珍しく角型になっていますが、従来の3mm軸スタンド(アクションベースなど)に対応しています。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

特徴的な脚部。なんと、ここも合わせ目無し設計です。

足先のビークフットはクチバシのようになっていて、足裏にはビーム砲の砲口が造形されています。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ビークフットのカカトは引き出すことができ、つま先と同様に大きく角度を変えることができます。

白いパーツに肉抜きがないので、見栄えがいいですね。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

バックパックにはブラストブースターが搭載されています。左右のパーツはアームで接続されていて、可動。

ちなみにこのブースターの設定色はシンプルで、へっこんでいる内部をスミ入れペンなどで黒に塗りつぶすだけでOKです。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

左右の色分けも優秀です。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

先端の赤い部分はシールで、クリアパーツを被せる構造です。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

外側へ引き出し、色々な角度に動かすことができます。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

内側にはスタン効果を有するGUNDビット「コラキ」がマウントされています。

指で押せば簡単に取り外すことができます。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

外した状態がこちら。左右で4個搭載されているようにみえますが、それぞれ分離させることで8個になります。

※設定的に、コラキを射出すると2基に分離して挟み込むように展開し、触れた部位をスタンさせる電磁ビームを照射するという兵器

本キットに展開用スタンドは同梱しませんが、別売りの「水星の魔女 ウェポンディスプレイベース」を2セット使えばディスプレイ可能です。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

「意外と意地が悪いじゃないか、スレッタ・マーキュリー!」

ガンダムファラクト、決闘開始!

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

それでは武装とギミックを見つつ、アクションポーズいってみます!

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ガンダムファラクト専用の携行火器、ビームアルケビュースがこちら。

グレー1色3パーツのシンプルなパーツ構造で、銃持ち手は付属せず通常ハンドを使って持たせます。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

狙い撃つファラクト!

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ヒザを着いて射撃。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です HGファラクトのガンプラレビュー画像です

「だったら勝利くらい僕にくれよ!」

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

「じゃなければ…不公平すぎる!」

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

肩部上側を展開すれば、ブースターが顔を出します。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

圧倒的な機動性を見せつけるファラクト!

足先のビークフットを折り畳めるのがいい感じです。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

平手は、左手分のみ付属します。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ビーム砲で攻撃!

HGファラクトのガンプラレビュー画像ですHGファラクトのガンプラレビュー画像です HGファラクトのガンプラレビュー画像です

前腕部を展開すれば、ビームサーベルを引き抜くことができます。(左右とも)

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ガシュン……!

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

ガンダムファラクト、ビームサーベルを抜刀!

ビーム刃は、クリアグリーンのものが2本付属します。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です

斬りかかるファラクト!

HGファラクトのガンプラレビュー画像です HGファラクトのガンプラレビュー画像です HGファラクトのガンプラレビュー画像です

二刀流でパシャリ。

HGファラクトのガンプラレビュー画像です HGファラクトのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

HG 水星の魔女 ウェポンディスプレイベースのガンプラレビュー画像です

別売りの水星の魔女 ウェポンディスプレイベースを使えば、コラキを浮かせた状態で展示できます。

HG 水星の魔女 ウェポンディスプレイベースのガンプラレビュー画像ですHGファラクトのガンプラレビュー画像です

「ガンダムを倒せるのは…ガンダムだけだ」

HG 1/144 ガンダムファラクトの感想

ということでHG ガンダムファラクトのご紹介でした。

 

超厳密に見た場合は合わせ目があるのかもしれませんが(サーベルが収納されている基部とか)、ここまでくると合わせ目無し設計と言っても過言ではありません(*_*;)(一応モナカ割りライフルもモールドに見えるようなパーツ分割構造になっています)

シールもシェルユニット程度にしか使わないので、色分けも優秀。要塗装なのは、アンテナ先端やブースター内部ぐらいです。

以上のことから、パチ組み派モデラーさんには満足度が高い内容になっていると思うぞ!(>ω<)

デミトレーナーのころから感じていましたが、バンダイさん将来的には全て合わせ目無しの設計にしようと画策している気が。

 

弱点はありませんが、GUNDビット「コラキ」の展開状態を再現するには別売りのウェポンディスプレイベースが必要なので、そこだけはご注意を!

 

以上、「HG 1/144 ガンダムファラクト」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る