icon
icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.) レビュー【プレバン】

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGシナンジュスタイン(ユニコーンVer.)」のガンプラレビューです。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムUC(PS3用ゲームソフト)およびバンデシネに登場し、フル・フロンタルが搭乗するシナンジュ・スタインのユニコーンバージョンをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

ナラティブVer.から成形色がホワイトに変更されており、「ハイ・ビーム・ライフル」「シールド」「外装パーツ一部」が新規造形で付属

という事で、HGシナンジュスタイン(ユニコーンVer.)をナラティブVer.との違いがハッキリわかるようレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シナンジュ・スタインのユニコーンVer.とは

・UC計画の一環で作られたサイコフレーム搭載型の試作機で、コードネームは「スタイン01」

・フル・フロンタルにより強奪された機体

・ガンダムNTのゾルタンが乗っているものとは別機体

・本来の名前はシナンジュだが、赤の袖付きシナンジュと区別するためこちらがスタインと呼ばれるようになった

 

ナラティブVer.との主な違いは「成形色」「袖無しの外装」「武装」「プロペラント・タンクの長さです(*´ェ`*)

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

組み立て書は、ナラティブVer.のものに追加で白黒の紙が付属するいつものプレバン仕様です。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

袖が無くなり、ホイルシールの量が減りました。

ツインアイと股間部下を補うもののみ付属します。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ハイ・ビーム・ライフル」「シールド」「ビーム・サーベル×2(+ビーム刃エフェクトパーツ×2)」「バズーカ(砲身2種)」「手首パーツ×6」「HGシナンジュの余剰パーツ」

青字が本キットの特徴で、ハイ・ビーム・ライフルとシールドはナラティブVer.とは別形状のものが付属。また、クリアイエローだったビーム刃がクリアレッドに変更されているのが特徴です。

余剰パーツとしてHGシナンジュのパーツが余り、ビーム・ライフルは組む事ができます。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)がこちら。

ナラティブVer.ではグレーだった装甲色がホワイトに変更され、装甲は袖無しのデザインになりました。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

元をたどればHGシナンジュ(2010年)のランナーを使ったリデコキットとなりますが、2018年発売の「関節可動が強化されたHGシナンジュ・スタイン(ナラティブVer.)」の構造を引き継いでいるため可動域は広いです。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

可動域はナラティブVer.と全く同じで、手足は大きく広がります。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がり、キレイにヒザ立ち可能。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。バルカンは内部からグレーのパーツが露出する構造で、色分け良好です。

ちなみに頭部は、色以外ナラティブVer.からの変更はありません。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

頭頂部は別パーツで上からかぶせる構造ですが、基本部分は左右はめ込み式になっていて後頭部に合わせ目が出ます。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

胴体は襟前部(コクピット上)のパーツが新規造形です。

ユニコーンVer.という事でエングレービング無しのデザインになっています。

腰のライトグレー部は前後はめ込み式ですが、合わせ目は段落ちモールド化されています。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

写真ではちょっとわかりづらいですが、バックパックは奥まった部分とプロペラントタンクの接続基部に合わせ目が出ます。

各スラスター内部はレッドで要塗装。

UC版では筒型の短いプロペラント・タンクに変更され、タンク自体の合わせ目が無くなりました。

左右のフレキシブル・スラスターは柔軟に可動します。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

肩は外側へ引き出す事ができ、前後に大きく動きます。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

肩のサブアーマーは可動の邪魔にならないよう可動し、大きく腕を上げる事ができます。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

基本腕に合わせ目は出ませんが、ショルダーアーマーの奥まった位置には合わせ目有りです。ただ、ほとんど目立ちません。

前腕部の一部が新規造形で、ユニコーンVer.特有の袖無しデザインに変更されています。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

腰部はフロント・サイドアーマーのみならず、リアアーマーも独立可動します。(真ん中をカットするいつもの仕様)

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

脚部の合わせ目は少ないです。ただ、ヒザを曲げた際に一部合わせ目が露出します。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

あとはカカト上のフレーム部に合わせ目が出ます。モモ側面は段落ちモールド化されていないように見えますが、設定画でもモールドになっているのでそのままでOKといったところ。

バックパックまわりもそうですが、合わせ目は全体的に見て目立たない位置に配置されています。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

脚部スラスターは回転します。また、ふくらはぎのカバーも展開可能です。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きは無く、色分け良好。リアアーマー内部は別パーツで色分けされていて、モールドが細かいです。

股下は少し奥まった位置にスタンド穴が配置されています。魂Stageなどのスタンドとは少し相性が悪いです。(一応展示は可能です)

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)、出撃!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

新規造形のハイ・ビーム・ライフルがこちら。シンプルな4パーツ構造で、機関部はモナカ構造で合わせ目が出ます。

ナラティブVer.では下部にバズーカをマウントできましたが、ユニコーンVer.では取り付け不可でシンプルなデザインに変更されているのが特徴です。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シールドも新規造形で、基部で360度ロール回転します。

νガンダムのシールド風デザインになっており、裏側には4発のミサイルとビーム・キャノンが造形されています。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ハイ・ビーム・ライフルをぶっ放すシナンジュ・スタイン!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

成形色がホワイトになり、袖無しの角張った装甲になったことで連邦風味を感じるデザインになりました(*´ェ`*)

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

可動域が広く、ヒザをキレイについて無理なく射撃姿勢をとらせる事ができます。

平手は左手のみ付属します。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

狙撃するシナンジュ・スタイン!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シールドミサイルを発射!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

いい感じ……!(>ω<)

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

前腕部のカバーを外し、サーベル柄を引き抜く事ができます。(両腕とも)

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

シナンジュ・スタイン、ビーム・サーベルを抜刀!

ナラティブVer.ではビーム刃がクリアイエローでしたが、ユニコーンVer.ではクリアレッドに変更されているのが特徴です。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

斬りかかるシナンジュ・スタイン!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

バズーカを装備。こちらはナラティブVer.からの変更は無しです。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

グリップとフォアグリップは可動します。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

バズーカを撃ち込むシナンジュ・スタイン!

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

フォアグリップを掴み、両手で構える事ができます。

 

ナラティブVer.との違いを比較

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

ここからはナラティブVer.のシナンジュ・スタイン(右)と比較し、違いをスッキリさせていこうと思います(>ω<)

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

まずはパッと見おわかりいただける通り、装甲色が「ホワイト」「グレー」とそれぞれで変化しています。

地味に関節パーツの成形色も違い、UC版ではグレー、ナラティブ版では茶色だったりします。

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

胸部を比較。ここはエングレービング無し・有りの違いです。

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

前腕部は袖無し・袖有りの違い

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

背部のフレキシブル・スラスター自体に変化はありませんが、プロペラント・タンクの長さが違います

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

ハイ・ビーム・ライフルは名称こそ同じものの、形が違います

UC版ではバズーカを取り付けられず、よりシンプルな形に変化しているのが特徴です。

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

シールドを比較

違いをまとめると、「成形色」「胸部」「袖部」「プロペラント・タンク」「ハイ・ビーム・ライフル」「シールド」「ビームエフェクトパーツの色です。

ユニコーンVer.では色を含め、よりヒロイックなデザインになっていますね。

HGシナンジュ・スタインのユニコーンVer.とナラティブVer.の違い・比較ガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC シナンジュ・スタイン (ナラティブVer.) レビュー

 

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ちびきゅんキャラのフル・フロンタルとディスプレイ。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

DXFフィギュアのフル・フロンタルと。

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGシナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のガンプラレビュー画像です

HG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)の感想

ということでHG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)のご紹介でした。

 

ベースキットと同様、ちょこちょこ合わせ目はありますがどこも目立たない位置に配置されています。

また、色分けが良好で可動域の広さも継承している感じ。ABSレス仕様のため塗装もしやすいと思います。ただ、バックパックのスラスター内部レッドは色分けされていないため、このあたりは要塗装です。

弱点も同じで、経年で足の付け根が緩んでくるかもといったところ。このあたりは調節しながら組んだほうが安全かもしれません。

ユニコーンVer.部分としては、ぶっちゃけ購入する前は「新規部分少ないかな……」と思っていたのですが、胸部と前腕部の袖なし外装パーツだけではなくハイ・ビーム・ライフルとシールドも違う形をしているので印象が変わって見える点はポイント高いです。

元が2018年製のガンプラということもあり、完成度は非常に高いと思いますぞ!

 

以上、「HG シナンジュ・スタイン(ユニコーンVer.)」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る