icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R ロードアストレイダブルリベイク レビュー

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ロードアストレイダブルリベイク」のガンプラレビューです。

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場し、コーイチとアンシュが使用するロードアストレイダブルリベイクをご紹介。

2020年発売。

機体の前面と背面の概念をなくした特殊なデザインになっており、射撃を主体とするスタンダードな形態である「クアドロ」、格闘性能に特化した「レベルソ」の2モードに切り替え可能です。

という事で、HGロードアストレイダブルリベイクをレビューしていきたいと思います!

HGBD:R ロードアストレイダブルリベイク

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

2モードに切り替え可能な特殊なガンプラ、ロードアストレイダブルリベイクさん。

前後を逆にして各種パーツ位置を差し替えることにより、2種類の姿が再現できるおもしろガンプラに仕上がっています(*´ェ`*)

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

組み立て書にはコーイチとアンシュ(シバ・ツカサ)が記載。

クアドロのファイターはコーイチで、レベルソのファイターはアンシュが担当します。

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

「フェイス部分」「腰部」「肩部」まわりの色を補うものが中心です。

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

付属品は「サーベル刃が長短2つずつ」「リード線×2」「ランナーレススタンド+専用支柱」「別キット用肩部対応パーツ」が同梱します。

 

クアドロ

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

まずはコーイチが担当する、射撃を主体としたスタンダードな形態であるクアドロ状態を見ていくぞ!

ご覧のとおりアストレイ系をモチーフとしているものの、「カラーリング」「デザイン」ともにかなり異質なガンプラに仕上がっています。

脚部などが複雑なパーツ構造になっていて、いつもより組み立て時間がかかったような気がします。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

成形色はワインレッド・ダークブルー・ホワイトを主体としていて、フレームにはパープル色が使われています。

肩部上の白いパーツや細かなブルーはシールで色を補います。

頭部の黄色いアンテナ部が色分けされていたりするので色分けは決して悪くありませんが、シールが目立つ箇所はあるといった感じです。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

後ろから見ると一発でモードチェンジできるとわかるデザインですねw

それでは細かく見ていきます!

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

可動域から。デザイン的に腕はそこまで広がりませんが、足は真横まで開脚します。

股関節が動きまくるためモモを色々な方向へ持っていく事ができます。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

ヒザ関節は90度ほどしか曲がりませんが、立ち膝は可能。

肘関節は90度以上曲がります。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

上半身は360度回転します。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

特殊な頭部ユニットをアップで。

額のモノアイ部分とツインアイはシールで色を補うものの、その他の色分けは良好で合わせ目もありません。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

横、後ろから。後ろのフェイス部分(レベルソ時の顔)は全面シールです。

シール下にモールドはあります。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

クアドロのフェイス部分を超アップで。

アンテナはボールジョイント接続になっていて、開いたり上下に動かすことができます。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

胴体は前後はめ込み式で、側面にちょこちょこと合わせ目が出ます。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

胴体フレームの上部分には合わせ目あり。

肩部上のウイングのようなパーツは全面シールです。バックパックの黄色い部分もシール。このあたりは結構目立つので、部分塗装推奨ポイントになっています。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

腕部にはガントレットセイバークロウを装備。

クラドロ時では先端からビームを発生させて戦うスタイルです。(後述)

腕部に合わせ目はなく、細かく色分けされています。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

腰部フロントアーマーのパープル部分はシールです。

股下は後ろ側にスタンド用の3mm穴が空いています。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

股関節は前後に大きく動くうえ、左右独立しているため色々な表情付けが可能です。

強引に動かすとポッキリいってしまいそうなので、ちょっと注意した方がいい部分だと思います。←破損させまくりな人の予言(*ノェノ)

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

脚部はパーツ数が多く、基部やふくらはぎの一部にしか合わせ目がありません。

青い部分以外はパーツ分割により色分けされていて、非常に優秀な作りです。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎにはレベルソ状態の足首パーツが収納されています。

2つのスリッパ底面には肉抜きがあります。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

ロードアストレイダブルリベイク、出撃!

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

それでは武装を展開させつつ、アクションポーズいってみます!

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

ガントレットセイバークロウの先端に、サーベル刃を装着してみます。

アストレイノーネイムではガンダムX系のサーベルが同梱していましたが、今回はスタンダードな刃が長短2つずつ計4つ同梱します。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

高速戦闘を仕掛けるロードアストレイダブルリベイク!

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

肩部パーツを外して、

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

トラスティハーケンにリード線を取り付ければ

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

展開状態が再現できます。

接続強度はちょうどよく、抜け落ちることはありませんでした。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

攻撃!

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

肩部側面のアクティブバインダーを外し、グリップ部分を展開させれば

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

ローブバスターライフルになります。

肩パーツと接続し、固定することもできます。

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

ジャキッ……!

HGロードアストレイダブルリベイク(クアドロ)のガンプラレビュー画像です

ローブバスターライフルで射撃!

 

レベルソ

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

それではアンシュ(シバ・ツカサ)が操作する、格闘戦特化タイプのレベルソに切り替えてみます。

肩部パーツとガントレットセイバークロウを外し、

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

腕部・脚部を前後逆にし、胸部パーツ(クアドロでバックパックだった部分)の白いパーツを収納します。

手首パーツを一度外し、取り付け位置を変更したあと

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

取り付け位置を変更したアクティブバインダー(ライフルだった部分)と、4本指パーツを先端に取り付けたガントレットセイバークロウを取り付けます。

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

ふくらはぎの足首パーツを展開し、

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

クアドロの足首パーツをふくらはぎに収納。

専用の支柱パーツを使って本体を支えれば……

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

レベルソに切り替え完了です。

そこまで難しくないので、慣れたらソッコーで切り替え可能だと思います。

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか……。禍々しくて強そうな見た目になり、全高も上がっています。

ただ自立は難しいので、同梱するスタンドを使って展示させる形となります。

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

襲いかかるロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)!

HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です HGロードアストレイダブルリベイク(レベルソ)のガンプラレビュー画像です

クアドロ状態と違い、フェイス部分と胸部(イエロー部)のシール感はちょい目立ちます。

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

オマケパーツとして、↑枠の「他キットに肩部パーツを移植できるパーツ」が付属します。

2穴タイプと相性がいいです。

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

HGBD GBN-ガードフレームとはシンデレラフィットだったよ……(*´ェ`*)

【ガンプラ】HGBD GBN-ガードフレーム レビュー

 

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

HGBDガンダムアストレイノーネイムと全身を比較。

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD ガンダムアストレイノーネイム レビュー

 

HGロードアストレイダブルリベイクのガンプラレビュー画像です

HGBD:R ロードアストレイダブルリベイクの感想

ということでHGロードアストレイダブルリベイクのご紹介でした。

 

脚部や肩部が特殊なパーツ構造になっているので、組みごたえのあるガンプラに仕上がっていました。

デザイン的に肩まわりやヒザ関節はそこまで動きませんが、クアドロ・レベルソの2モードが楽しめるので満足度は高いです。

色分けは決して悪いわけではないのですが、「レベルソのフェイス・胸部」「腰部」「肩部上のパーツ」をはじめシール感が目立つところがちょこちょこあるので、できたら部分塗装推奨といった感じです!

 

以上、「HGBD:R ロードアストレイダブルリベイク」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る