icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGBD:R ネプテイトガンダム レビュー

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ネプテイトガンダム」のガンプラレビューです。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ガンダムビルドダイバーズRe:RISEリライズに登場し、ヒロトが使用するネプテイトガンダムをご紹介。

2020年発売。

HG ネプテイトユニット」と「HG ネプテイトウェポンズ」を組み合わせる事によりネプチューンアーマーが完成し、コアガンダムIIと合体させればネプテイトガンダムが完成します。

もちろん他のコアドッキングカスタム対応ガンプラとの互換性も有り。

という事で、HGネプテイトガンダムをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ネプテイトガンダム

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

今回のネプテイトガンダム再現に必要なガンプラがこちら。

↑の「HGネプテイトユニット」「HGネプテイトウェポンズ」に加え、「HGユーラヴェンガンダム」に同梱するコアガンダムIIの合計3キットが必要です。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

それぞれのホイルシールがこちら。

主に発光部分を補うゴールドが中心です。HGスターゲイザーガンダムのようにホログラムシールにはなっていませんが、厚みは無くなり接着力は増したと思います。

 

HG ネプテイトユニット

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがネプテイトユニット。アーマーを装着する骨格部分は、ユーラヴェンガンダムやサタニクスユニットと共通のものが付属します。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

後ろから。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

台座の中に手首パーツを4つ収納できます。

ちなみにHGネプテイトユニットには↑の3種類のハンドパーツが同梱します。(左右の「武器持ち手」左の「平手」)

 

HG ネプテイトウェポンズ

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがネプテイトウェポンズの同梱物です。

各ユニットのほか、「手に持たせる事ができるグリップパーツ」が左右分と「他ガンプラに装備させる背部ジョイントパーツ」が1つ付属します。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ネプテイトユニットにネプテイトウェポンズを組み込めば、ネプチューンアーマーの完成です。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ゴールド部分は全てシールになるので、塗装派モデラーさんはこのあたりが重点的な塗装ポイントになりそうです。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

コアガンダムIIとディスプレイ。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

それではコアガンダムIIとネプチューンアーマーを合体させてみます!

 

ネプテイトガンダム

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらが完成したHGBD:Rネプテイトガンダム。エメラルドグリーンを主体としたカラーリングで、海王星の名を冠したガンダムになります。

ちなみに、今回はユーラヴェンやサタニクスで装備していたコアディフェンサーは使用しません。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

手持ち武器が寂しいですが、ヴォワチュール・リュミエールの展開ギミックを搭載しているのが最大の特徴です。※後述

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらが背部ユニット。ビームサーベルが搭載されたバックパックの上から取り付けます。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

上下のパーツはある程度折りたたむことができます。

ただ、下側のユニットは上下はめ込み式で側面に合わせ目が出ます。

本キットの数少ない合わせ目ポイントです。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナ中央はシンプルな1パーツで、裏側には肉抜きがあります。

中央のグリーンはホイルシールで色を補います。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーをアップで。前面のくぼみはグレーで要塗装。

前後に大きく可動します。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部。前腕部外側には左右ともダボ穴が空いていて、

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

↑の武器を装着します。このあたりのゴールドも全てシールです。

先端は自衛用のビームが搭載されています。

組み立て書にも記載されていますが、一度前腕部を外してから取り付けるようにしないと凸軸が折れる可能性が高いです。

一瞬ヒヤっとしたので、これから組む方は注意してね!(>ω<;)

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部。相変わらず接地性が良好です。

足裏には大きな肉抜きがあります。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ヒザは大きく曲がります。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

横から。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ネプテイトガンダム、出撃!

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

それではアクションポーズいってみます!

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームガンで攻撃!

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ネプテイトウェポンズに同梱する↑枠のグリップパーツを取り付ければ、

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

手に持たせる事ができます。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

コアガンダムIIのコアスプレーガンとビームサーベルを装備。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは本キットの売り、ヴォワチュール・リュミエール稼働状態を再現してみます!

まずは背部ユニット上のグレーパーツを上げ、パーツ同士を接続。下側のパーツを下げ、

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

両手を開きます。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部ユニットのグレーパーツを引き出し、背部ユニット側面に接続すれば完成です。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

左が元ネタのスターゲイザーの円形トーラス

ネプテイトガンダムでは、両手を広げて各パーツを固定することにより円環構造体を再現する形となります。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

ヴォワチュール・リュミエール展開!

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

今回は同梱する手持ち武器が寂しいですが、このギミックを再現できるのが最大の売りといったところです(*´ェ`*)

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

他ガンプラに対応させる↑パーツも付属します。(ネプテイトウェポンズの方に同梱)

※組み立て書では「HGユーラヴェンガンダム」「HGCEフォースインパルスガンダム」「HG GBN-ベースガンダム」が推奨商品との記載アリ

2つ穴タイプに対応しているので、対応ガンプラは結構多いと思われます。という事で、

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

GBN-ベースガンダムに装備させた状態がこちら。

無改造でジャストフィットでした。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

コアドッキングカスタムに対応しているので、アルスコアガンダムなどに装着する事もできます。

※「HGアルスアースリィガンダムに同梱するアルスコアガンダムを使用」

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

もちろんジャストフィットだよ……(*´ェ`*)

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGBD:R アルスアースリィガンダム レビュー

 

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

HGスターゲイザーガンダムと全身を比較。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

HGBFルナゲイザーガンダムも混ぜ、ヴォワチュール・リュミエール搭載ガンプラでディスプレイ。

ルナゲイザーガンダムは百式にスターゲイザーの機能を組み合わせたという設定のガンプラです。

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HG スターゲイザーガンダム レビュー
【ガンプラ】HGBF ルナゲイザーガンダム レビュー

 

HGネプテイトガンダムのガンプラレビュー画像です

HG ネプテイトガンダムの感想

ということでHGネプテイトガンダムのご紹介でした。

 

ネプテイトガンダムを再現するには、合計3キット必要になるという点だけはご注意を。コスパで選ぶならユーラヴェンガンダムに軍配が上がります。

今回の売りは「エメラルドグリーンの特殊な成形色」に「ヴォワチュール・リュミエールの展開ギミック」といったところ。

長所・弱点ともに今までのプラネッツシステム系と同じで、足裏に大きな肉抜きがあるものの相変わらずの高可動・合わせ目の少なさで非常に組みやすいガンプラに仕上がっています。

肩部前面の足りない色やゴールドを塗装すればクオリティが爆上がりしそう。

……早く活躍が見たいっす!(>ω<;)

 

以上、「HG ネプテイトガンダム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>>ネプテイトユニットの在庫を見る
>>ネプテイトウェポンズの在庫を見る