icon
icon
icon

【ガンプラ】1/144 メリクリウス レビュー【旧キット】

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「1/144 メリクリウス」のガンプラレビューです。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場する、メリクリウスをご紹介。

こちら2000年に発売されたフィギュア付きの旧キットになります。

古いガンプラながら、プラネイトディフェンサーは展開可能です。

という事で、1/144メリクリウスをレビューしていきたいと思います!

スポンサーリンク

1/144 メリクリウス

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

OZに捉えられたガンダム開発者が、トーラスを参考にして開発した宇宙用モビルスーツの1機メリクリウスさん。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

組み立て書とヒイロ。

キット的には本体がヴァイエイトと共通の色替えランナーで、それにメリクリウスの特徴であるクラッシュシールドやビームガン、プラネイトディフェンサーがついてくる感じです。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールの量は少なく、頭部カメラと腰回りを補うもののみ付属します。

元々シンプルなカラーデザインのメリクリウスですが、この時代のガンプラらしくざっくりしか色分けされていません(*´ェ`*)

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「クラッシュシールド+ビームエフェクトパーツ」「ビームガン」「フェイスカバーオープン状態の差し替えパーツ」「余剰パーツ(ヴァイエイトのアンテナ)」

クラッシュシールドのソード刃はクリアパーツではなく、グレーのパーツになっています。

本体のランナーがヴァイエイトと同じため、ヴァイエイトのアンテナも余剰パーツとして付属します。(逆にヴァイエイトではメリクリウスのアンテナも付属)

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

今回はフィギュア付きを買ったので、1/35ヒイロ・ユイもついてきました(>ω<)

タンクトップじゃなくてパイロットスーツなところがかっこいいですw

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

そして完成した1/144メリクリウスがこちら。

さすが旧キットというだけあり、2色しか色分けされていないので真っ赤だよっ(*ノェノ)

全身に合わせ目が出るうえ、可動域が狭いのもご愛嬌といったところ。

※旧キットという事で、今回合わせ目説明は省略させていただきます

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

こう見てみると造形自体は悪くないですね。

おそらく今の時代1/144メリクリウスを見に来てくれるモデラーさんは、ある程度改造&塗装を考えている方が多いと思いますので、改造前の素体として確認してみてくださいまし。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

それでは細かく見ていきます!

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

可動域は狭く、腕は水平まで上がるもののほとんど開脚せず。

脚関節はほぼ曲がりません。上半身は多少回ります。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。中央の穴はグリーンで塗るか、もしくはくり抜けば奥のセンサー(グリーン)が露出するかもしれません。

※フェイスカバーオープン状態は後述

ひさしのフチはパープル、頭部左右にある○はグレーで要塗装となります。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。腰回りのシールはすぐに剥がれてくるので、ここも要塗装だと思います。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

横から。肩は昔ながらの軸接続です。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーが動き、肩まわりの可動の妨げにならない構造をしています。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

肩の球体部分はパープル、二の腕はレッドで要塗装です。

前腕部はデフォルトで少し反り上がった形状になっています。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

肘関節は90度曲がりますが、関節はシリーズ共通のポリパーツになっています。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

そしてメリクリウスの特徴、プラネイトディフェンサーがこちら。

ポリキャップ接続により背部に接続しますが、動かしているうちにヘタってきました。

経年で垂れ落ちてきそうです。このあたりは要調整箇所かもしれません。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

脚部は真っ赤ですが、何気に設定色でもほとんど真っ赤だったりします。

くるぶしまわりなどがグレーで要塗装といった感じです。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

肉付きの良い体型バランスは、何気に原作再現度が高いですね。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

下から。足裏にモールドの類はありません。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

脚の付け根と足首パーツはボールジョイント接続です。

ここが一番の弱点だと思いますが、脚の付け根の接続強度が弱く、無改造状態だとプラプラします。

立たせておくだけなら問題ありませんが、浮かせて飾ると垂れ落ちてくる感じです。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

クラッシュシールドは2パーツ構造で、手首パーツにガッチリと持たせる事ができます。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ビームガンはシンプルな1色1パーツ成形で、右側面には肉抜きがあります。

それではアクションポーズいってみます!

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ビームガンを構えるメリクリウス!

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です 1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

可動域がめちゃめちゃ狭いが……頑張って動かしてみるぞ!w(>ω<)

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ソード刃を差し込んでみます。接続強度は問題ありませんでした。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です 1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です 1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

クラッシュシールドで攻撃するヒイロ!

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です 1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

フェイスカバーオープン状態は、差し替えで再現します。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ちょっとイメージ変わった。オープン状態かっこいいですね。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

プラネイトディフェンサーを展開してみます。

ディフェンサーのパーツ分割は↑写真でいうと左2・中央2・根本1になっており、繋ぎ目のポイントで可動します。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

また、アームを脇の下からスライドさせ前方へ持っていく事ができます。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です 1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です 1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

各部を曲げて展開。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

左右で形を変えて。何気に自由度が高いですね。

このキット一番の売りはここで間違いないです。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

前方へ展開!

プラネイトディフェンサーは全て前後はめ込み式で側面に合わせ目が出るものの、形状自体は今でも通用しますね。

複雑な色ではないため、中央の○部分を黄色で塗るだけで色分けは完了します。

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です メリクリウスとヴァイエイトの違い・比較のガンプラレビュー画像です

1/144ヴァイエイトと比較。

本体は共通の色変えランナーで、それぞれに専用の武装ランナーが付属します。

メリクリウスとヴァイエイトの違い・比較のガンプラレビュー画像です

素立ちで飾る分には塗るだけでかなり化けそう。

メリクリウスとヴァイエイトの違い・比較のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ヴァイエイト レビュー【旧キット】

 

1/144メリクリウスのガンプラレビュー画像です

1/144 メリクリウスの感想

ということで1/144 メリクリウスのご紹介でした。

 

旧キットという事で「色分け・可動域・合わせ目の多さ」以外の評価をすると、「脚の付け根」「プラネイトディフェンサー」の接続強度が緩いのが弱点となります。

立たせて飾っておくのみなら問題ありませんが、ポーズジングさせて遊ぶ場合はこのあたりが改修必須だと思われます。

写真をご覧の通り形状自体は悪くないので、ある程度手を加えるモデラーさんにはオススメといった感じです!

ヴァイエイトとセットで組むのがオススメだよっ!(>ω<)

 

以上、「1/144 メリクリウス」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る