スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconiconicon

【ガンプラ】HGAC ヴァイエイト & メリクリウス レビュー【プレバン】

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ヴァイエイトメリクリウス」のガンプラレビューです。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムWに登場し、トロワ・バートンとヒイロ・ユイが搭乗するヴァイエイトとメリクリウスのHGAC版のセットガンプラをご紹介。

プレミアム・バンダイ限定品になります。

トロワが搭乗した砲撃戦能力に特化したMS「ヴァイエイト」と、ヒイロが搭乗した防御力に特化したMS「メリクリウス」が完全新規造形で立体化されています。

という事で、HGACヴァイエイト&メリクリウスを1/144スケールの旧キットとの比較画像などを含めてレビューしていきたいと思います!

HGAC ヴァイエイト & メリクリウス

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

「最強の矛と盾、完全新規で登場」

という事で、HGAC版のヴァイエイトとメリクリウスはプレミアム・バンダイでのセット販売となりました。

旧キットの1/144ヴァイエイト・メリクリウスのフィギュア同梱版が2000年に発売なので、ガンプラとしては実に21年の時をこえて発売された事になります。

……めでたい!(>ω<)

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ホイルシールがこちら。

頭部まわりや、各武装の色を補うものが中心です。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

余剰パーツがこちら。

プラネイトディフェンサーのフレーム&スタンドの一部クリアパーツや、ジョイントパーツが余ります。使えそうなパーツは余らない感じです。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

↑が完成したHGACヴァイエイト(画像左)とHGACメリクリウス(画像右)。

2021年のHGACクオリティで立体化されているので、めちゃめちゃ出来がいいです……(*´ェ`*)

これはファンにはタマラン……。

それでは各部アップで見ていきます!

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。

ヴァイエイトとメリクリウスの、色と武装をのぞく本体の形状違いは頭部のみです。

アンテナの形や、カメラのシール色が変化しているのが特徴です。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

頭頂部のパーツは2種類付属し、パーツの差し替えにより↑のようなフェイスカバーの開閉状態が再現できます。

中のカメラ部分や、フェイスカバーを開いた状態の後頭部一部はシールで色を補います。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

後ろから。アンテナ先端には安全フラッグがあるものの、頭部は合わせ目無し設計です。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

頭部・武装以外の本体形状は同じため、ここからは2体同時で見ていきますぞ!

胴体・腰部は前後はめ込み式で、上部・側面に合わせ目が出ます。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

脇の下のグレー部分は別パーツで色分けされており、モールドも細かいです。

胴体~肩の接続面もグレーのパーツで細かく色分けされていたりします。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

肩部装甲は前後はめ込み式で、合わせ目あり。

ここは可動します。肩自体はボールジョイント接続で前方向への動きに優れていますが、上から見た場合の合わせ目はちょこちょこあります。(胴体・肩部)

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

腕をアップで。肩内部の球体は段落ちモールド化されているため合わせ目無し。

前腕部に合わせ目がありますが、二の腕と関節パーツに合わせ目はありません。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。細かな事を言えば底面に合わせ目アリです。

股下にはスタンド用の3mm穴が空いています。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

足の付け根パーツは前後にスライドし、足の前後可動に優れた作りになっています。

ただ、あまり動かし過ぎると緩くなってきそうな部分です。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

脚部はHGACリーオーのようなブロック構造になっていて、↑のように各部位を組み上げたあと接続するため塗装がしやすいパーツ構造になっています。

2021年製らしく「ABS不使用」かつ「グレーのフレームパーツにKPSが使われている」というのもあり、全体的に見て塗装派モデラーさんに嬉しい内容になっている模様。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

脚部は側面に一部合わせ目がありますが、ほとんどが段落ちモールドになっています。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

関節フレームにも合わせ目無し。

ただ、足裏はカカト付近に大きな肉抜きがあります。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

今のガンプラ目線で見た場合、可動域は標準+といったところ。

デザイン上そこまで手足は広がりませんが、先述した足付け根のスイングギミックにより動きがつけやすいです。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度強曲がり、ヒザ立ち可能です。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

上半身も360度回転します。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ヴァイエイト、メリクリウス、出撃!

 

ヴァイエイトのビームキャノン

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

ヴァイエイトの武装から見ていきます。

背中左側にはビームキャノン、右側にはジェネレーターを装備しているのがヴァイエイトの特徴です。

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

ジェネレーターの下部はビームキャノンに接続するパーツになっており、着脱可能です。

また、エネルギーケーブルは図太いリード線で再現されています。

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

装備させるには、一度ビームキャノンを取り外してジェネレーターを開きます。

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

中身はこんな感じになっていて、黄色い部分はホイルシールを使って色を補います。

黄色い部分のスリットモールドは刻まれているので、塗装派モデラーさんも安心部分です。

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

持たせる場合は、ビームキャノンの各パーツを動かして後方にジェネレーターから外したパーツを接続します。

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

ジョイントパーツも細かく動き、脇の下に接続します。

ガッチリと取り付けできるので、安定してビームキャノンを保持できるぞ……(*´ェ`*)

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

ヴァイエイト、ビームキャノンで攻撃!

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

開いたジェネレーターがめちゃいい感じです……!(*ノェノ)

HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です HGACヴァイエイトのガンプラレビュー画像です

 

メリクリウスの武装とプラネイトディフェンサー

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

メリクリウスの武装を見ていきます。こちらはクラッシュシールドで、右手に持たせます。

裏側はグレーの裏打ちパーツで色分けされていて、グリップ部分は一度手首パーツの甲を外してから持たせるためガッチリと保持できます。

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

左手にはビームガンを装備。

こちらもクラッシュシールドと同様の持たせ方をするためガッチリと保持できますが、グリーン部分のシール感はちょい目立ちます。

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

ビームガンで攻撃するメリクリウス!

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

……恐ろしくかっこいいです(涙

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

クラッシュシールドの中央には、ビームサーベルエフェクトを装着できます。

サーベル刃はクリアイエローのものが2本付属するので、1本は余剰となります。

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像ですHGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

プラネイトディフェンサーをアップで。全て分離可能です。

表面の黄色い部分はホイルシールで色を補います。

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

このように伸びた状態が再現できるほか、

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

プラネイトディフェンサー用のスタンドとフレームが2つ付属します。

1つにつき5基取り付ける事ができるほか、前面か上側か好きな位置に展示できます。

スタンドは曲げる事ができるので、色々な位置に持っていく事ができるぞ!

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です

プラネイトディフェンサーを展開!

HGACメリクリウスのガンプラレビュー画像です HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

ヴァイエイト&メリクリウス同時にディスプレイしてみます。

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像ですHGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

どさくさに紛れてモビルドールを破壊しまくるトロワとヒイロ!

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

「こいつも接近戦か!」

トールギス、メリクリウス&ヴァイエイトと交戦!

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

「宇宙でこんな事をやってのけるパイロットは、そうザラにいない…」

【ガンプラ】RGトールギス(TVアニメカラーVer.) レビュー【プレバン】

 

旧キットとHGACヴァイエイトの比較ガンプラレビュー画像です

旧キット1/144ヴァイエイト(左)と比較。

【ガンプラ】1/144 ヴァイエイト レビュー【旧キット】

 

旧キットとHGACメリクリウスの比較ガンプラレビュー画像です

旧キット1/144メリクリウス(左)と比較。

発売年が違いすぎるというのもあり、クオリティは圧倒的にHGAC版の勝利ではあるのですが、旧キットは値段が安いうえフィギュアが付属し、出来も悪くない出来でした(*´ェ`*)(色分け以外w)

【ガンプラ】1/144 メリクリウス レビュー【旧キット】

 

HGACヴァイエイト&メリクリウスのガンプラレビュー画像です

HGAC ヴァイエイト & メリクリウスの感想

ということでHGヴァイエイト&メリクリウスのご紹介でした。

 

特に目をひいたのが、その塗りやすいパーツ分割構造(特に脚部)と成形色の発色の良さの2点

肩以外の合わせ目はあまり目立たないので、塗装派・素組み派どちらのモデラーさんにも満足度の高いガンプラに仕上がっていると思います。

本体の共通点が多いので、組み立て書でも2体同時に組み上げていく形になります。2体分のランナーが同梱するものの、スピーディーに組み上がるのも長所の一つといったところ。

最近のアナザー系HG(HGAC,HGCEなど)はほんと出来の良いものが多いので、非常に満足度の高いプレバン品に仕上がっていました。

かなりオススメなので、将来プレ値で転売屋から買うより注文受付中にプレバンで購入するのがオススメだと思いますぞ。

 

以上、「HGACヴァイエイト&メリクリウス」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る