スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】MG ガンダムエピオン EW レビュー

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「MGガンダムエピオンEW」のガンプラレビューです。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

新機動戦記ガンダムW Endless Waltz 敗者たちの栄光、Frozen Teardropに登場するMG ガンダムエピオンEW(エンドレスワルツ版)をご紹介。

2011年発売。

MS形態/飛行形態へ完全変形し、ヒートロッドはパーツの結合部を引き出す引き出し機構により「しなり表現」が再現されています。

カトキハジメ氏によりデザインされた、マーキングシールも付属

という事で、MGガンダムエピオンEWをレビューしていきたいと思います!

MG ガンダムエピオンEW

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

EPYONはギリシャ語で「次の」「次世代の」という意味を表す、ガンダムエピオンのMG EW版ボックスアート。

エピオンのアーリータイプということで少し特殊な位置付けになりますが、他のガンダム5機と比べTV版との違いはそこまで多くないのもエピオンEWの特徴となります。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

ホイルシールとマーキングシールのほか、ガンダムデカール(ドライデカール)も付属。

マークは、カトキハジメ氏デザインのものになっているぞ!(>ω<)

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

1/100ミリアルド・ピースクラフトがこちら。

立ち姿のほか、コックピット内部に組み込む座った状態のものも1体付属します。※後述

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

そして完成したMGガンダムエピオンEWがこちら。

2011年発売のマスターグレードということで今や11年前に発売されたものになりますが、ご覧のとおり非常に高プロポーションで再現されているのが見て取れます……(*_*)

完成して持った時、パーツが詰まっているようなズッシリとした感触があり所有欲が満たされまくりました!(>ω<)

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

いかがでしょうか。もう立たせておくだけでメチャメチャかっこいいです……(涙

ただちょっと弱点もあったので、そのあたりじっくり解説していきますね。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

接地性はそこまで良くないですが、エピオンウイング(ウイングユニット)の先端が接地するおかげで自立が安定します。

それでは各部細かく見ていきます!

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

可動域から。手足は大きく広がり、顔を上げる動作も得意です。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上曲がり、一応ヒザ立ち可能ですがデザイン的には無理がでる感じです。

腰をひねることもできますが、真横を向くことはできませんでした。

今のガンプラ目線で見てしまうと、可動域は標準ちょいマイナスといったところでしょうか。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。MGらしくパーツ分割による色分けが優秀で、アンテナ先端に安全フラッグはありません。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。後頭部のグレー部分も細かく色分けされているのが見て取れます。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。サーチアイには無色のクリアパーツが使われており、奥に光沢感のあるグリーンのシールを貼る仕様です。

胸部まわりの色分けも細かいぞ!(>ω<)

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

コックピットハッチは開閉しますが、組み上げてしまうと中はあまり見えなくなります。(↑画像右が中の座っているミリアルド)

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

肩は前方向への可動に優れています。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーをアップで。このあたりの色分けもさすがMGクラスといったところ。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

腕部をアップで。MA形態への変形ギミックの恩恵もあり、エピオンクロー(黄色い部分)は可動します。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

腰部右側には、ビームソードをマウントしています。

↑枠のジョイントパーツを噛ませることにより、アクションベースに対応します。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

脚部の作り込みもスゴイです(*_*;)

ただ、ヒザ付近にある尖ったパーツを無理に組み込むとユルユルになるため、組み立てる際は要注意です。(実際少し強引に取り付けたせいで一部プラプラになりました(*ノェノ;))

ヒザを曲げた際に露出するフレーム部分には、合わせ目がありません。

フレームはすべてABS樹脂になっているので、塗装派モデラーさんはご注意を。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

足首パーツは、地味にクリアパーツが使われています。(グリーン部分を覆うパーツ)

足裏に肉抜きはなく、モールドが細かいうえ小さなボルトのような部分も色分け済みです。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

背部をアップで。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

エピオンウイングの先端パーツを引き出せば、各部連動して展開します。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

「あえて悪魔となろう…このガンダムエピオンで!」

ガンダムエピオン、出撃!

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

エピオンシールドがこちら。

前腕部の後ろ側に引っ掛けるようにして取り付けます。ガッチリと接続されるので、ポロリの心配はありません。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

先端はヒートロッドになっていて、パーツの結合部を引き出す「引き出し機構」を搭載。しなりが再現できます。

一応先端パーツだけを外し、エピオンシールドに取り付け収納状態を再現することもできます。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

「こちらから行かせてもらう!」

エピオン、ヒートロッドで攻撃!

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

ビームソードを持たせて見ます。

エネルギーチューブのリード線は図太く、右腰部とビームソードの間に噛ませることで手に持たせた状態が再現できます。

サーベル刃のエフェクトパーツも、迫力のあるクリアグリーンで再現されているぞ!(>ω<)

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

「ゼロシステムの力…最大限まで引き出す!」

ビームソードを掲げるエピオン!

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

アクション!

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

「この距離はエピオンの間合いだ!」

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

攻撃!

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

いい感じ……。ただ、思ったほどは柔軟に動かない印象です。

特にモモを上げると腰部フロントアーマーがパカパカ外れるので、気になるモデラーさんは接着推奨かもしれません。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

それでは飛行形態へ変形させてみます。

まずはハンドパーツを外し、エピオンクローを前方へ展開します。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

一度腰部リアアーマーを開いて、

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

下半身を前方へ展開し、フロントアーマーを戻します。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

脚部を前へ引き出します。

ちなみに、口のような部分が展開するおもしろギミックを搭載しています。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

あとはエピオンウイング基部を後ろへスライドし、

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

エピオンシールドなどを接続すれば……

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

飛行形態(MA形態)の完成です。

専用のスタンド用ジョイントパーツを組み込むので、この状態でもアクションベースに対応します。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

後ろから。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

「変形して敵陣を突破する!」

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

旧キット1/144 ガンダムエピオンと比較。

発売時期や値段が違いすぎるのもあり、クオリティ差は歴然ですね。

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ガンダムエピオン レビュー【旧キット】

 

MGガンダムエピオンEWのガンプラレビュー画像です

「エピオン…未来を見せてくれ」

MG ガンダムエピオンEWの感想

ということでMGガンダムエピオンEWのご紹介でした。

 

弱点は、今のガンプラ目線で見た場合「そこまで細かく動くわけではない」「モモを上げると腰部フロントアーマーのパーツがポロリしやすい」「接地性がちょい悪」の3点。

それ以外は色分け、プロポーション、ギミックどれをとってもため息が出るほどかっこいいエピオンが再現されています。

前述したとおりヒザパーツの取り付け方だけはマジ注意ポイントなので、組み立てる際の破損には注意してね!(>ω<)

 

以上、「MG ガンダムエピオン EW」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る