スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
iconicon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】RG ガンダムアストレイレッドフレーム レビュー

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「RGガンダムアストレイレッドフレーム」のガンプラレビューです。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムSEED ASTRAYシリーズに登場し、ロウ・ギュールが搭乗するガンダムアストレイレッドフレームのRG版をご紹介。

2015年発売。

レッドフレームの骨格カラーが再現されたアドヴァンスドMSジョイントが付属。

日本刀「ガーベラ・ストレート」の刀身はシルバーメッキ加工がされており、なかご(根本)には菊一文字きくいちもんじ」の銘モールドが刻まれているコダワリを感じる作りになっています。

という事で、RGガンダムアストレイレッドフレームを徹底的にレビューしていきたいと思います!

RG ガンダムアストレイレッドフレーム

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

RG19番、アストレイレッドフレームのボックスアート。

価格が2,750円(税10%込)という事で、再販タイミングが合えば実売2,000円ちょいでゲットできてしまう高コスパのガンプラに仕上がっています。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

リアリスティックデカールがこちら。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

今回付属するのはアドヴァンスドMSジョイント10で、ご覧のとおりランナー段階で「レッド」「ホワイト」と細かく色分けされているのが特徴です。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

アップで。さすがにRGナンバーも19番まで進んだというのもあり、半完成品のフレームクオリティが上昇しています。

No.1のRX-78-2と比べてもサクサクと組み上がり、難解なところがなかったので初心者モデラーさんにも作りやすいキットになっているよ……(*´ェ`*)

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームライフル」「ビームサーベル×2」「ガーベラ・ストレート(+さや用ジョイントパーツ)」「対ビームシールド」「手首パーツ×8」「アクションベース/3mm穴用ジョイントパーツ」「1/144ロウ・ギュール」

手首パーツは左右の「握り手」「指可動タイプ」「武器持ち手」、右の「ライフル持ち手」、左の「平手」の計8つ同梱します。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

1/144ロウ・ギュールをアップで。

左手に8「ハチ」を持った姿で再現されています。ファンにはタマランです……(*ノェノ)

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

そして完成したRGガンダムアストレイレッドフレームがこちら。

RGシリーズらしく、1/144スケールながら超絶的な色分け・モールド量で立体化されているのが見て取れます。

レッド・ホワイト部分だけでも多色成形になっているので、濃淡のある姿が再現されています。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

レッドフレームの1/144スケールはHG版新HG版(フライトユニット装備)も発売されていますが、今回のRG版は2015年製という事でこの中では一番新しいです。

フライトユニット装備にこだわりがない場合は、今回のRG版が今から買うレッドフレームとしては最適だと思います。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

後ろから見てもものすごい情報量ですね。

それでは各部細かく見ていきます!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

可動域はめちゃめちゃ広く、手足は水平以上広がります。

特に開脚範囲がエグい事になっています(*_*;)

ただ、顔を上下させる動作はそこまで得意ではありません。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

手足の関節は90度以上大きく曲がり、キレイにヒザ立ち可能です。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

上半身は前後左右と柔軟に可動し、腰をひねる動作も得意です。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。頭部だけで11パーツも使われており、イーゲルシュテルン(額左右のバルカン)も別パーツで色分け済みです。

ツインアイにはリアリスティックデカールを使います。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

超アップで。額にはクリアグリーンのパーツが使われています。

RGらしく、フェイスマスクのヘの字スリッドは開口されていて緻密な見た目を実現しています。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

胸部まわりの色分けも完璧で、モールド量も凄まじいです。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

コクピットハッチは開閉可能で、中の操縦席がチラリと顔を出します。

ただ、座っている状態の1/144ロウ・ギュールは付属しません。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは骨格にかぶせる形で再現します。

接続強度はちょうど良い感じで、以前のRGナンバーによくあったようなポロリ率は軽減されています。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

肩は、前方向へこのぐらい可動します。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

腕部。フレームがむき出しなデザインは、アドヴァンスドMSジョイントと相性バツグンですね。

レッド・ホワイト部ともに多色成形のため、立体感のある見た目を実現しています。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

バックパックのサーベル基部は可動。バックパック自体も、設定通りポジション変更が可能となっています。

動かした際ここのサーベル基部パーツがポロリしやすかったので、気になるモデラーさんは軸を太らすなどの加工をした方がいいかもしれません。(紛失防止にもなるので)

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

腰部をアップで。このあたりの色分けも完璧です。

サイドアーマーは後ろへ倒せたり、引き上げる事ができるため足可動の邪魔にならない作りをしています。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

また、腰の内部構造が面白く上半身を大きく前へ倒す事ができます

股下にスタンド用の穴は空いていませんが、↑枠のジョイントパーツを使う事によりアクションベースや魂ステージなどの3mmスタンドに対応します。

※前から後ろへスライドさせるようにして取り付けます

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

脚部をアップで。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

内部フレームと外部装甲がスライドしながら伸縮する連動可動ギミック(マルチリンクギミック)を搭載しており、人体の筋肉の動きのように足を曲げる事ができます。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

足首パーツも細かく動きます。

RGシリーズという事で、もちろん足裏には肉抜きがありません。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

「行くぜ、8ハチ!」

アストレイレッドフレーム、出撃!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

ビームライフルは、専用の持ち手が右のみ付属します。

また、腰部リアアーマーにマウントできますが接続強度は緩いです。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

対ビームシールドのグリップは引き出す事ができ、指可動タイプのハンドパーツを使う事により掴んでいるような見た目が再現できます。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

ビームライフルで攻撃!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

ビームライフルのフォアグリップは可動するので、

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像ですRGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

両手で構える事ができます。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

バックパックのサーベルグリップは着脱可能ですが、持たせる場合は

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

持たせる用のビームサーベル柄を使用します。

武器持ち手内の凹凸と合わせるように持たせるため、ガッチリと保持できます。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

斬りかかるレッドフレーム!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

攻撃!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

ガーベラ・ストレートさやは、モモ側面にマウントできるほか

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

↑枠のジョイントパーツを噛ませる事により、腰部側面にもマウントできます。

ただ、モモ側面に取り付けるよりこちらの方がポロリしやすい印象です。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

レッドフレーム、ガーベラ・ストレートを抜刀!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

刀身はシルバーメッキ加工されており、無塗装でもかなりキレイな色合いです。刀のみならずさやの色分けも超優秀なので、ここは素組み派モデラーさんにはポイントが高い部分。

また、組み上げてしまえば見えなくなるような刀のなかご(根本)部分には菊一文字きくいちもんじ」のめいモールドが刻まれています。

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

「王道ばかりが道じゃないぜ!」

ガーベラ・ストレートを構えるロウ!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

アクション!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

RGとしてはかなり動く方なので、かっこいいポーズがガンガン決まります(*_*;)

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

ガーベラ・ストレートは両手で構える事もできるぞ!

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です 色々な1/144スケールのガンダムアストレイレッドフレームのガンプラ比較画像です

1/144スケールの他レッドフレームと比較。

左が古いHG版で、真ん中がリニューアル(最新フォーマット化)されたHGフライトユニット装備です。

発売年はそれぞれ2003年、2013年、2015年で、今回のRG版が1/144スケールのガンプラでは一番新しいレッドフレームとなります。

色々な1/144スケールのガンダムアストレイレッドフレームのガンプラ比較画像です

後ろ姿を比較。フライトユニット装備はオプション兵装を取っ払えば、普通のレッドフレームを組む事もできます。

色々な1/144スケールのガンダムアストレイレッドフレームのガンプラ比較画像です

アップで比較。今から買うなら「フライトユニット装備とバクゥ偵察タイプのヘッドが付属するHGフライトユニット」か、今回のRG版がオススメです。

色々な1/144スケールのガンダムアストレイレッドフレームのガンプラ比較画像です

【ガンプラ】HG ガンダムアストレイ レッドフレーム レビュー
【ガンプラ】HG ガンダムアストレイレッドフレーム(フライトユニット装備)レビュー

 

RGガンダムアストレイレッドフレームとゴールドフレーム天ミナの比較ガンプラレビュー画像です

同じアドヴァンスドMSジョイント(色違い)を使用した、RGガンダムアストレイゴールドフレーム天ミナと比較。

RGガンダムアストレイレッドフレームとゴールドフレーム天ミナの比較ガンプラレビュー画像です

同じ骨格とはいえ、アマミナの方はデザイン的に可動は苦手です。(可動域は広いもののポロリ率が高い感じ)

その反面、グロスインジェクション処理された装甲超多彩な武装類が付属するので、今回のレッドフレームとはまたベクトルの違う面白いRGに仕上がっているのが特徴です。

【ガンプラ】RG ガンダムアストレイ ゴールドフレーム天ミナ レビュー

 

RGガンダムアストレイレッドフレームのガンプラレビュー画像です

「聞こえねぇのか…マシンの悲しみが」

RG ガンダムアストレイレッドフレームの感想

ということでRGガンダムアストレイレッドフレームのご紹介でした。

 

まず弱点からですが、「バックパックのサーベル基部パーツがポロリしやすい」点と「ビームライフルの腰マウントがポロリしやすい」点の2点です。ただどこも少し手を加えるだけで改善される部分なので、弱点という弱点ではないかもしれません。

色分けはほとんど完璧ですが、指可動タイプ以外のハンドパーツはネイルの白が色分けされていないため、要塗装です。(厳密に言えば指可動タイプも一部要塗装ですが、ABS樹脂になっている点はご注意)

その他は初期RGナンバーよりもポロリ率が軽減されているうえ、その機体デザインも相まり可動域はかなり広いです。

また、色分けされたアドヴァンスドMSジョイントやガーベラ・ストレートの「菊一文字」モールドなど、各所コダワリを感じるRGに仕上がっていました。

他のRGよりもサクサクと組みやすく、難解なところもないので初心者モデラーさんのRGデビューにもオススメだと思うよ!

 

以上、「RG ガンダムアストレイレッドフレーム」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る