スポンサーリンク
スポンサーリンク

[PR]プレミアムバンダイ

icon
icon
iconicon
icon

【ガンプラ】RG 1/144 MS-06R-1A シン・マツナガ専用ザクII レビュー【プレバン】

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「RGシン・マツナガ専用ザクII」のガンプラレビューです。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムMSVより、ソロモンの白狼ことシン・マツナガ専用高機動型ザクIIのRG版をご紹介。

2018年発売プレミアム・バンダイ限定品になります。

RGのザク系ランナーを使用しつつ、成形色が変更され新規造形の試作型ザク・バズーカ右肩脚部パーツなどが付属

ということで、RGシン・マツナガ専用ザクIIをレビューしていきたいと思います!

RG 1/144 シン・マツナガ専用ザクII

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

高機動型ザクII(R-1A型)の個人用カスタム機、シン・マツナガ専用ザクIIのRG版。

HGUC版が2013年に発売されているので、1/144スケールのマツナガザクとしては5年ぶりに発売されたものになります。(HGUC版は一般で発売)

とはいえ今回のRG版は2010年発売のRGザクのリデコキットになるため、新しさでいうとHGUC版と甲乙つけがたい内容になっている模様。このあたりの比較は後半で!(>ω<)

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

リアリスティックデカールは、専用のものが付属します。

シン・マツナガのパーソナルマークなどが印刷されていますが、リアリスティックデカールとはいえ金属表現っぽいシール以外はマーキングシールと同じです。

今回は特に肩に貼る青いシールがうまくいかなかったので、気になるモデラーさんは別途水転写デカールの購入がオススメかもしれません(*_*)

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

余剰パーツは、あまりでません。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

1/144ジオン兵のフィギュアは、ベースキットのRG量産型ザクIIの色違いです。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

そして完成したRG 1/144 シン・マツナガ専用ザクIIがこちら。

パーソナル・カラーである白を基調とした成形色で再現されていて、右肩や脚部が新規造形になっています。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

RGシリーズらしくパーツ数はめちゃめちゃ多いです。

初期RGのリデコキットということもあり、初心者モデラーさんには組みにくいところがありまくるのでオススメはできず。

また、ベースキットでちょっと気になっていた自立性の悪さも継承されています。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

とはいえ、1/144スケールではディテールが細かすぎな高クオリティなガンプラに仕上がっている模様。

それでは各部細かく見ていきます!

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

可動域はそこそこ広く、開脚範囲が広いです。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ヒザ立ちも可能。特に、腕関節は180度近く曲がります。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

真横を向くこともできます。

それなりに動きますが、動かしまくっていると腰部フロントアーマーがポロリすることが多々あります。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。モノアイ周辺は、無色のクリアパーツが使われています。

モノアイ自体は、無色のクリアパーツにピンクのシールを貼って色を再現します。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

動力パイプはRGのザク系共通で、↑のようにランナーから切り離さない状態でパイプに通していく、面白い作りをしています。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

顔を動かせば、モノアイが連動して可動します。

また、余剰パーツで普通のツノも付属するため↑のように交換することもできます。

ただ頭頂部のパーツは穴空きパーツしか付属しないため、ブレード・アンテナ未装備状態にすることはできません。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

胸部をアップで。コクピットハッチは、左側のみ開閉します。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

L字シールドと肩部をアップで。

右肩部が新規造形になっていて、ダクトを備えた形が再現されています。(黄色い部分はリアリスティックデカールを使用)シールドはRGらしい細かな作りで、裏側も作り込まれています。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

左肩部のショルダースパイクアーマーは可動します。

↑のように、曲面に貼るためキレイにいかず。(私の貼り方が悪いだけ説アリ?w)また、端の部分は折り返して貼るため粘着力の関係ですぐ剥がれてきます。

このあたりは白狼だけのシールもあるので、青部分のみ塗装した方がキレイにいきそうな気がします。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

腕部。今回全てのシールを貼っているわけではありませんが、関節部に貼る金属っぽいシールが付属します。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

バックパックのレッド部はシールです。バーニアはそれぞれ可動。

センターにフックが設置され、タンクがやや小型化した06R-1A型のバックパック形状が忠実に再現されています。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

腰部の動力パイプも、先程の頭部パイプのような組み立て方です。

股下に↑枠のパーツを取り付けることにより、アクションベースに対応します。接続強度は強めで、外れる心配はそこまでありません。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

1/144スケールとは思えないパーツ数の、脚部。

接地性と自立性は、今のガンプラ目線で見ると少し悪いかもしれません。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

各部アップで。06R-2型とは異なる形状が再現されていて、ほぼ新規パーツが使われています。異なるバーニアの形状も再現。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

バーニア左右のパーツは可動します。足裏は、バーニア部が色分け済みです。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

シン・マツナガ専用ザクII、出撃!

平手は、左右分付属します。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

後ろ姿も美しいですね……(*_*;)

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザク・マシンガンに変更はありません。持ち手も付属します。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザク・マシンガンで攻撃!

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

フォアグリップは可動し、両手で構えることができます。

指可動タイプのハンドパーツは、左右分付属します。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

挑発するシン・マツナガ!

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザク・マシンガンのドラム式マガジンは着脱でき、腰部サイドアーマーかリアアーマーに取り付けることができます。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ヒート・ホークを装備!こちらもRGザク系共通のものです。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

アクション!

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ヒート・ホークも、腰部にマウント可能です。

マウント用のパーツはかなり小さいので、紛失にはご注意を。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

試作型ザク・バズーカがこちら。

グリップが引き出せるため、違和感なく構えることができます。また、スコープのハッチが開閉する細かな作りをしています。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

試作型ザク・バズーカを構えるマツナガザク。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

攻撃!

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

こちらも、フォアグリップが可動します。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ザク・バズーカも付属するぞ!

こちらは試作型と比べると簡素な作りになっていて、グリップ部を引き出すことはできません。

ただ、スコープ部にはしっかりとクリアパーツが使われています。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

L字シールドに取り付ける、ラッチパーツが付属します。

ヒート・ホーク、ザク・マシンガン、バズーカ(どちらかを選択)をマウントすることができます。

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

ただ、シールドに武器類をマウントすると、重さで右に傾いてしまう弱点はアリ。

一応何度か直せば傾かないで展示することができましたが、しばらくすると傾いてくると思います。

HGUCとRGのシン・マツナガ専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

HGUC 1/144 シン・マツナガ専用ザクII(左)と比較。

HGUC版は2013年発売ということでRGの方が新しいですが、RG自体2010年製のRGザクをベースにしているため、一応HGUC版の方が最新ガンプラになると思います。(RGの脚部外装はほぼ新規ではありますが)

HGUCとRGのシン・マツナガ専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

後ろ姿を比較。

HGUCとRGのシン・マツナガ専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

頭部を比較。RG版は、モノアイカバーに無色のクリアパーツが使われているのが特徴です。

動力パイプも、1本1本が全て別パーツ化されています。

HGUCとRGのシン・マツナガ専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

L字シールドと肩部を比較。

HGUCとRGのシン・マツナガ専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

ショルダースパイクアーマーを比較。

青いラインは、どちらもテトロン素材のシールです。

HGUCとRGのシン・マツナガ専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

脚部を比較。

HGUCとRGのシン・マツナガ専用ザクIIの比較ガンプラ画像です

バックパックを比較。

色分けやディテールの細かさはRG版の圧勝ですが、動かしていてパーツがポロリしないストレス面や組やすさではHGUC版に軍配が上がります。

シン・マツナガのモビルスーツガンプラバリエーション画像です

HGUC 1/144 シン・マツナガ専用ゲルググJも加え、色々なマツナガ専用機でディスプレイ。

この中で一般で発売されているのは、HGUC版のマツナガザクのみです。

【ガンプラ】HGUC シン・マツナガ専用ザク レビュー
【ガンプラ】HGUC シン・マツナガ専用ゲルググJ レビュー【プレバン】

 

高機動型ザクのバリエーション比較ガンプラ画像です

最後に、RGの高機動型ザクバリエーションでディスプレイ。

高機動型ザクのバリエーション比較ガンプラ画像です

頭部を比較。

高機動型ザクのバリエーション比較ガンプラ画像です

胴体を比較。

高機動型ザクのバリエーション比較ガンプラ画像です

左肩を比較。

高機動型ザクのバリエーション比較ガンプラ画像です

脚部を比較。

【ガンプラ】RG 1/144 黒い三連星専用ザクII レビュー【プレバン】
【ガンプラ】RG 1/144 MS-06R-2 ジョニー・ライデン専用 高機動型ザクII レビュー
【ガンプラ】RG 1/144 エリック・マンスフィールド専用ザクII レビュー【プレバン】

 

RGシン・マツナガ専用ザクIIのガンプラレビュー画像です

RG 1/144 シン・マツナガ専用ザクIIの感想

ということでRG シン・マツナガ専用ザクIIのご紹介でした。

 

RG版のザク系共通の弱点ではあるのですが、初期RGシリーズをベースキットにしているためパーツがポロリしやすいです。(胸部の小さなパーツと腰部フロントアーマー)

また、組むのに難解なところがちょこちょことあるので、初心者モデラーさんはご注意を。一般で入手できるうえ、組みやすく動かしやすいHGUC版も候補にあがると思います。

ということで今回のRGマツナガザクは、「あまり動かさず見た目特化なザクが組みたい方」向けキットになっていると思われますぞ。

 

以上、「RG 1/144 シン・マツナガ専用ザクII」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る