icon
icon

【ガンプラ】1/144 トムリアット レビュー【旧キット】

トムリアットのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「1/144 トムリアット」のガンプラレビューです。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

機動戦士Vガンダムに登場し、ピピニーデン大隊が運用したトムリアットをご紹介。

1993年発売、1/144スケールの旧キットになります。

武装はビーム・サーベル、ビームローターシールド、ビーム・トマホークが付属。

という事で、1/144トムリアットを今のガンプラ基準で見るとどんな出来かを中心に、合わせ目を消して塗装した状態も含めてガッツリご紹介します!

スポンサーリンク

1/144 トムリアット

トムリアットのガンプラレビュー画像です

トムリアットですが、設定的にはゾロを発展強化した機体でありゾロの2倍近い性能を持っている地上侵攻用モビルスーツとなります。

キットの内容的にはMS状態のみが再現可能で、ヘリコプター形態への変形はできません。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

シールは細かな範囲を補うグレー部分のみ付属します。

TOMLIATの文字が印字されたシールもついてくるぞ!

トムリアットのガンプラレビュー画像です

付属品はこちら。

※「ビーム・ライフル」「ビーム・サーベル」「ビーム・トマホーク」「ビーム・ローター・シールド」

ビーム・ライフル以外はクリアブルーのパーツが使用されています。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

もちろん、ディスプレイスタンドとポストカードもついてくるぞ!

トムリアットのガンプラレビュー画像です

裏面にはビームローターの説明が書かれています。

衝撃的な飛び方だよね……(*´ェ`*)

トムリアットのガンプラレビュー画像です

そして完成した1/144トムリアットがこちら。

クリアパーツを除き、ランナーは全て男らしいパープル1色成型となっております(*´ェ`*)

色分けは死んでいるので、塗装必須モデルといったところですね。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

そしてご覧の通り、今のガンプラ基準で見ても良プロポーションかつ再現性の高い姿で立体化されています。

旧Vガン1/144シリーズは当たり外れがあるものの、このトムリアットは当たりに分類されるガンプラだと思いますぞ。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

それではじっくり見ていきます。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

可動域は同シリーズとしては標準的です。(今の基準でいうと狭いです)

手脚はほとんど上がりませんが、腕・脚関節はそこそこ曲がり上半身は360度回転します。

標準体型のモビルスーツのため、Vフレームとの相性はかなり良くポロリ率も少なめです。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

頭部はシンプルな2パーツ構造ながら、ご覧の通り造形はバッチリ。

この目がタマラナイのだ……(>ω<)

トムリアットのガンプラレビュー画像です

頭部・胴体ともに前後はめ込み式のため、側面に合わせ目が出ます。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

腰と股間はグレーのシールで補います。

ザンスカ臭でむせかえる、丸みを帯びた良デザイン。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

上から見ると一直線に合わせ目が出ます。

肩も側面に合わせ目。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

二の腕含め、腕部にも全て合わせ目が出ます。

腕関節はポリキャップが露出。

ハンドパーツもポリ製となります。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

腰回りの合わせ目はありません。

フロントアーマーはボールジョイント接続で独立可動し、ある程度上へ上がります。

トムリアットのガンプラレビュー画像ですトムリアットのガンプラレビュー画像です

脚の合わせ目はこちら。

足裏には肉抜きが無く、形も造形されています。

今のガンプラと比べ、パーツがジャストフィットしないので合わせ目消しの際はご注意。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

脚側面の合わせ目。

脚部4連マルチポッド(写真右)も、簡素ながらしっかり造形されています。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

バックパックのウイングはある程度可動します。

目立つ位置に肉抜きがあります。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

ローター発生パーツと2基のバーニアは別パーツ化されています。

それでは付属武器を装備させてみます!

トムリアットのガンプラレビュー画像です

まずはビーム・サーベルから。

柄一体型で、薄いクリアブルー製の湾曲したタイプが付属します。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

トムリアット、ビーム・サーベルを装備!

トムリアットのガンプラレビュー画像です

トムリアットの近接武器はビーム・トマホークのみのはず(うろ覚え)ですが、サーベルも似合いますね。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・ローター・シールドを装備させてみます。

多少分厚いクリアパーツになっており、回転しているような形状で造形されています。

シールド基部は長い筒のようになってしまっているため、内側から見ると(写真右)ちょっと見栄えが悪いです。

トムリアットのガンプラレビュー画像です トムリアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・トマホークを装備させてみます。

こちらも柄一体型のクリアパーツ成型で、1つのみ付属します。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・トマホークを装備するトムリアット!

トムリアットのガンプラレビュー画像です トムリアットのガンプラレビュー画像です トムリアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは簡素な1パーツ成型ですが、側面の肉抜きがないため同シリーズと比べ見栄えがいいです。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルとビーム・ローター・シールドで。

カッコイイっす……(*´ェ`*)

トムリアットのガンプラレビュー画像です

股下は今のガンプラによくある3mm穴が空いているので、アクションベースや魂ステージのスタンドに対応します。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

ビームローター展開飛行も再現できるぞ!

トムリアットのガンプラレビュー画像です トムリアットのガンプラレビュー画像です

ヘリコプター形態への変形が出来ないのは残念ですが、MS形態のビームローター飛行が再現できるのが嬉しいですね。

トムリアットのガンプラレビュー画像です

付属のディスプレイスタンドを使ってパシャリ。

塗装したトムリアットのガンプラレビュー画像です

それでは合わせ目を消して塗装したものもご紹介。

このガンプラに付属するものしか使っていないため、無改造です。

塗装したトムリアットのガンプラレビュー画像です

合わせ目消して細かいところの塗り分けさえしてあげれば、このように今のガンプラ基準でも十分通用する見た目になると思います。

……可動域を除けばw

塗装したトムリアットのガンプラレビュー画像です 塗装したトムリアットのガンプラレビュー画像です

アップで見ると塗りが酷いw

ガンダムスプレーと筆塗りで必死こいて作った思ひ出……(*´ェ`*)

塗装したトムリアットのガンプラレビュー画像です MS IN POCKETセッターの改造レビュー画像です

ガンイージ+セッター現る!

【MS IN POCKET】セッター レビュー【支援用ホバークラフト】

 

塗装したトムリアットとの比較ガンプラレビュー画像です

素組みと塗装済みを比較。

塗装したトムリアットとの比較ガンプラレビュー画像です

今回は組み立て書の作例基準で塗装してみました。

劇中のトムリアットはもう少し赤みがかった紫なので、原作再現派モデラーさんはご注意を!(この頃によくある設定画・ガンプラ・劇中の色がそれぞれ違う系)

塗装したトムリアットとの比較ガンプラレビュー画像です

トムリアット、何体あってもいいよね……。

1/144 トムリアットの感想

ということで1/144 トムリアットのご紹介でした。

 

先述した通り「Vフレームとの相性が良い」「ポロリ率がそこまで高くない」「再現性の高いプロポーション」のおかげで、同シリーズの中でも屈指の完成度を誇っていると思います。

ただ、ヘリコプター形態へは変形できないのでご注意を。

当時物キットという事でもちろん合わせ目の量は多く色分け・可動域ともに死んでいますが、手を加えればめちゃめちゃ化ける系のキットに仕上がっていると思いますぞ。

トムリアット好きなら満足するのではないでしょうか。

わたしは再販タイミングでもう1体ほど欲しいと思っています……w

 

以上、「1/144 トムリアット」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 ZM-S09G トムリアット』の在庫を見る