スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HG ジムスナイパー レビュー【旧キット】

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ジムスナイパー(旧キット)」のガンプラレビューです。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ジムスナイパーは2017年にプレミアム・バンダイ限定でHGUC版が発売されましたが、こちらは1999年に発売された旧HG版のレビューになります。

実はこの旧版、新しいHGUC版より付属品が多く「ロケットランチャー」「1/1200 アプサラスIII」が付属するキットになっています。

改造用or部品取り用ガンプラとして需要があると思うので、HGUCジム・スナイパーとの形状の違い・比較を含めてじっくりレビューしていきたいと思います!

HG ジムスナイパー

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ボックスアートはアニメ作画のジムスナイパーとアプラサスIIIが描かれています。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

HG表記になりますが、HGUCではなく「HG08小隊シリーズ」という旧キットに分類されるキットです(*´ェ`*)

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

付属品はかなりの量の武装とアプサラスIIIが付属

※「ロングレンジ・ビームライフル」「100mmマシンガン」「ロケットランチャー」「ミサイルランチャー」「サーベル一体型のクリアビームサーベル×2」「シールド」「1/1200 アプサラスIII

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGジムスナイパーがこちら。

同シリーズの旧HG陸戦型ジムベースの色替えランナーで、それにジムスナイパーの新規パーツを足したキットになります。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

HGUCより濃いめのグリーン成形。

元々の配色がシンプルなため色分けは優秀ですが、目立つ合わせ目が多く関節ポリキャップもむき出しな仕様。

形状再現度は高いですね。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

上半身が360度回転するものの、可動域は狭いです。

特に足があまり曲がらないため、ロングレンジ・ビームライフルを構えての膝立ちはできません。

HGとHGUCジム・スナイパーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

気になるモデラーさんも多い、HGUCジム・スナイパーと比較してみます。

旧版の方が全高が高くなっています。

HGとHGUCジム・スナイパーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUC版は頭部が小さいですね。

ご存知ジム・スナイパーは陸戦型ジムの頭部と同形状なのですが、HGUC版は全く違う顔にアレンジされています。

※HGUC陸戦型ジムも同じ顔

HGとHGUCジム・スナイパーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

合わせ目の少なさ、可動域の広さは圧倒的にHGUC版の勝利となります。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

目はクリアパーツではなく、光沢感のあるホイルシールを貼る仕様です。

弱そうな陸戦型ジムフェイスは再現されていますが、なにか物足りない造形?w

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

頭部は前後2パーツのシンプルな構造で、側面には合わせ目が出ます。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

胸中央の▽と、胸左右のダクト内はシールで補います。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

上から見ると、ショルダーアーマーと胴体に合わせ目あり。

胴体側面にも合わせ目が出ます。

このあたりは旧キット感が出ていますね。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

バックパックのバーニアは別パーツでグレーに色分けされています。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

二の腕と前腕部にもそれぞれ合わせ目あり。

関節はポリキャップむき出しになるため、トップコート時はご注意。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは、今のキットのように中央をニッパーで切るだけで独立可動はせず。

形状再現度は高いです。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

脚部はガッツリと合わせ目あり。

膝のスパイクはHGUC版より突き出ています。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

スネ、ふくらはぎやスリッパ部分にも合わせ目。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

足の接続はボールジョイント。

足裏はモールドや造形がありません。

それでは武装を見ていきます!

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

シールドは基部で360度回転します。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルは柄と一体型のクリアパーツが2本付属。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

斬りかかるジムスナ!

可動域が狭いため派手なポージングはできません。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

……でも頑張って動かしてみるぞ!(*´ェ`*)

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

100mmマシンガンはリバイヴ系のマシンガンより優れていて、トリガー形状が造形されており銃持ち手も付属します。

もちろんストックも後方へ可動します。

注意点としては、トリガー部の穴が狭いため今のHGシリーズに移植する場合はハンドパーツの指が通らない可能性あり。

HGとHGUCジム・スナイパーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUC版と比較。

言うまでもなく旧版の圧倒的な勝利ポイントです(*´ェ`*)

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

100mmマシンガンを構えるジムスナイパー!

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

お次はロケットランチャー

ロケットランチャーはHGUCには付属しないため、部品取りとして使えそうです。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

22年前のガンプラとして見れば中々かっこいいですね。

最近のクオリティがおかしすぎるんだ……w(*´ェ`*)

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ミサイルランチャーを装備させてみます。

HGとHGUCジム・スナイパーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUC版に比べ、でかいです。

グリップ部分は折りたためますが、HGUC版は真横まで折り畳めるためここはHGUC版の勝利といったところ。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ミサイルランチャーを構えるジムスナ!

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

そしてジムスナのアイデンティティ、ロングレンジ・ビームライフルがこちら。

さすがキットの売りなだけあり、旧版といえど見栄えがかなりいいです。

HGとHGUCジム・スナイパーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUC版のロングレンジ・ビームライフルと比較。

照準レンズのサイズやサブグリップのモールド有り・無しなど細かく違いますが、わずかにHGUC版の勝利といったところ。

照準レンズのシールはほぼ共通で、光沢感のある分厚いシールが付属します。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ライフルに手を添えるタイプのハンドパーツが付属します。(左手のみ)

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ハンドパーツは今の目線で見ても良くできた形状。

ただ、ハンドパーツは一般のボールジョイントタイプではなく軸を差し込むタイプになっており、今のHGとは互換性がありません。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ロングレンジ・ビームライフルをかかえ移動するジムスナ!

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

可動域が狭く、かっこよく構えられない点はご愛嬌。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

そしてこちらが1/1200のアプサラスIIIになります。

この旧版にしか付属しません。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

下から。細かいモールドが刻まれており、形状もかなりかっこいいです。

アプサラスIIIに対するバンダイの異常な愛を感じるぞ……(*´ェ`*)

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

アプサラスIIIを狙い撃つジムスナイパー!

遠近法でそれらしく見えますw

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ジムスナイパーとアプサラスIIIのサイズ比較。

アプサラスIIIを同梱するという、旧キットの遊び心がいいよね。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

アイナ・サハリンのフィギュアとディスプレイ。

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

UCHG地上戦セット」に付属するジム頭に交換してみました。

公式で説明されている通り、互換性があります。

だいぶイメージが変わったぞ……(*_*)

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ただ、旧HGジムスナイパーは体が大きめに造形されているので、頭部が少し小さく見えるかも。

このあたりは好みですね。

HGとHGUCジム・スナイパーの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCジム・スナイパーと一緒に。

【ガンプラ】HGUC ジム・スナイパー レビュー【プレバン】

 

色々な陸戦型ジムバリエーションの画像です

新旧の陸戦型ジムとジム・スナイパーでパシャリ。

【ガンプラ】HGUC 陸戦型ジム レビュー

 

HGジムスナイパー(旧キット)のガンプラレビュー画像です

HG ジムスナイパーの感想

ということでHG ジムスナイパー(旧キット版)のご紹介でした。

 

22年前のガンプラという事で合わせ目が多く、可動域も狭いので素組みでは満足いかない可能性大ですが、「ロケットランチャー」「1/1200アプサラス」「トリガー形状のある100mmマシンガン(小加工必要)」目当てなら面白いキットに仕上がっています。

定価安いしね……。

そしてもし部品取り目的なら、ロングレンジ・ビームライフルをHGUCジム・スナイパーIIに移植して塗装すれば「オレら連邦愚連隊」に登場するネメシス隊仕様にできたりします。

※ネメシス隊仕様はHGUCジムスナイパーIIに同梱する75mmスナイパー・ライフルではなくロングレンジ・ビームライフルを装備している為

 

再販タイミングが合えば実売だとかなり安いので、コアなモデラーさんにはオススメです!

 

以上、「HG ジムスナイパー」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGジムスナイパー』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUCジム・スナイパー』の在庫を見る