icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム レビュー【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT版)」のガンプラレビューです。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

機動戦士Zガンダムや機動戦士ガンダムZZに登場し、カミーユ・ジュドー・ルーなどが搭乗するZガンダムをご紹介。

2017年発売。

GUNPLA EVOLUTION PROJECT第一弾という事で、今までのゼータ系プラモで苦手とされていた可動域を高めたガンプラになります。

差し替えでウェイブライダー形態に変形可能で、ハイパー・メガ・ランチャーなどのゼータガンダムの武器が全て付属。

という事で、GUNPLA EVOLUTION PROJECT版のHGUCゼータガンダムを旧版との比較・違いを含めガッツリとレビューしていきたいと思います!

HGUC ゼータガンダム【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

早速ですが完成したHGUCゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT版)がこちら。

旧版に比べ、目立つ場所にあった脚部などの合わせ目が無くなり、パーツ分割による色分けと可動域が進化しています。

※今回はシールが付属しない箇所を少しだけ部分塗装し、つや消しトップコートで仕上げてあります

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

立たせておくだけでもかっこいいですね……(>ω<)

MG版よりも接地性に優れており、それなりに開脚した状態でもキレイにカトキ立ちできます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ただ弱点もあり、バックパックの赤いラインは全てシールで補うことになります。

このあたりはHGのパーツ数・価格帯で発売するために仕方がなかった部分かもしれませんが、素組み派モデラーさんにはちょい残念ポイントになっています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビーム・ライフル」「シールド」「ハイパー・メガ・ランチャー」「ビーム・サーベル×2(+刃のエフェクトパーツ×2)」「グレネード・ランチャーのマガジン×2」「ウェイブライダー形態への差し替えパーツ」「ランディングギア」「ウェイブライダー用スタンド」

RG版では付属しなかったハイパー・メガ・ランチャーが同梱するのが特徴です。

HGUCゼータガンダム新旧の違い・比較ガンプラレビュー画像です

2003年に発売された旧HGUCゼータガンダム(塗装済)と比較。

違いは主に、胸のエアインテークやフロントアーマー、バックパックの大きさが変わっている点です。

脚部の合わせ目も減りました。

HGUCゼータガンダム新旧の違い・比較ガンプラレビュー画像です

色分け・可動域も進化しているので、HGのゼータガンダムの場合今から買うならこのGUNPLA EVOLUTION PROJECT版一択だと思います。

HGUCゼータガンダム新旧の違い・比較ガンプラレビュー画像です

それではGUNPLA EVOLUTION PROJECT版のレビューに戻ります。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

大きく進化した可動域ですが、手脚が大きく広がります。腕関節は180度近く、ヒザ関節も十分曲がるためキレイに膝立ち可能。

上半身は真横までいかないまでも、必要十分に曲がります。

ここがGUNPLA EVOLUTION PROJECT版最大の特徴と言ってもいい部分で、ゼータガンダムとしては非常に高可動なガンプラに仕上がっています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。非常にイケメンフェイスで立体化されていますね(*_*)

トサカ中央のセンサーやツインアイは、シールで色を補います。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

横、後ろから。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

見えにくいものの、頭部後ろの装甲はメカニカルな造形になっています。

HGUCゼータガンダムU.C.0088の違い・比較ガンプラレビュー画像です

↑余談ですが、プレバン限定のU.C.0088版ではモールドが消えていたので、この部分は今回の通常版の勝利ポイントです。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体まわりはパーツ分割による色分けが完璧で、旧HG版では塗り分けが必要だった細かなグレー部も色分け済みです。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体と腰側面には合わせ目がありません。

このあたりはウェイブライダー形態へ変形させる際にパーツを外す部分になるため、接着しないようご注意を。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は柔軟に可動し、前方に傾ける事ができます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

肩アーマーは↑枠のイエロー部分がシールです。

剥がれやすいので、可能であれば部分塗装推奨といった感じです。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

肩の接続ジョイントは胴体内部から引き出す事ができ、前後に大きく動かす事ができます。

このあたりが可動に重きを置いたという「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」のコンセプト構造になっていると思われる部分。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部のパーツ分割は素晴らしく、小範囲のイエローをシールで補うものの色分けが良好な上、合わせ目も出ません。

動力パイプも細かく造形されています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

前腕部側面には、グレネード・ランチャーのマガジンを取り付ける事ができます。

マガジンは両腕分付属しますが、左腕にはシールドを装備させる形となります。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

グレネード・ランチャー先端のハッチは開閉し、グレネードが露出します。

グレネードはグレーで色分けされています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

旧HGUCより大型化されたフロントアーマー。

リアアーマー内側のモールドも細かくデザインされており、リアアーマー自体も可動します。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部はモモ側面に合わせ目が出ます。

また、↑の青枠部分のイエローは色分けされていないため、要塗装となります。(画像では部分塗装しています)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きはありません。モールドも細かいです。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

WR形態への変形構造の恩恵で、脚は前後にめちゃめちゃ動きます。

「ここまで動かすポージングってないよな」って位置まで持っていけます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパックは↑枠の「胴体内部から突き出たジョイント」に接続します。

左右とも、腕可動の邪魔にならないよう多少傾ける事ができます。

ただ、上部先端(画像右の赤枠)のホワイト部分は要塗装となります。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこのゼータ最大の弱点がここ。

バックパックの赤いラインが色分けされておらず、ホイルシールにて色を補う事になる点です。

シールのサイズ感は合っていますが、角張った面に貼るため触っているとどうしても先端が剥がれてきます。

塗装派モデラーさんは、ここが重点的な塗装ポイントになると思われます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ゼータガンダム、出撃!

底面にはスタンド用の3mm穴が空いており、アクションベースに対応しています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは合わせ目が出るうえ、細かな部分はシールになります。

一部色も足りないので、部分塗装推奨といったところ。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは伸縮します。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

シールド表面の突起部分(レッド部)はシールになります。

シールド内側の先端には、グレネードが別パーツで造形されています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドは取り付け位置を変える事により、伸縮状態が再現できます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらが伸びた状態。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

アクション!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!(>ω<;)

HGUCゼータガンダムのロングビームライフルのガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフル先端にサーベル刃を取り付ければ、ロング・ビームサーベルになります。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルをサイドアーマーから引き出すギミックは、HG版ではオミットされています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルで斬りかかるゼータガンダム!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

サーベルは柄・エフェクト各2本付属し、二刀流も可能です。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

グレネード・ランチャーで攻撃!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

こちらがハイパー・メガ・ランチャー

合わせ目は出ますが、良くも悪くも中身が空洞っぽくなっているのでそこまで重くありません。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

側面のカバーを開き、フォアグリップを掴んで両手で構える事ができます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ハイパー・メガランチャーをぶっ放すゼータガンダム!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像ですHGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

それではWR形態に変形させてみます。

MGとは違い差し替えで変形させるため、ほぼ全ての部位を外す必要があります。

HGUCゼータガンダムのWRの形態ガンプラレビュー画像です

完成したウェイブライダー形態がこちら。

HGUCゼータガンダムのウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です

上、横から。

HGUCゼータガンダムのWR形態のガンプラレビュー画像です

WR形態専用の専用ジョイントパーツが付属します。

安定してディスプレイする事ができるぞ!

HGUCゼータガンダムのウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です HGUCゼータガンダムのWR形態のガンプラレビュー画像です

ランディングギアも付属するので、

HGUCゼータガンダムのウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です

接地させた状態で展示する事もできます。

HGUCハンブラビのガンプラレビュー画像です

ハンブラビと交戦!

HGUCハンブラビのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ハンブラビ レビュー

 

HGUCゼータザクのガンプラレビュー画像です

HGUC量産型ザクの頭が無改造で取り付けできるので、ゼータザクも再現可能だぞ!w

HGUCゼータザクのガンプラレビュー画像です

ジュドー「ザクか!」

イーノ「わぁ!待って!」

ジュドーのダブルゼータに墜とされそうになるイーノのゼータザク!

HGUCゼータザクとダブルゼータガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCダブルゼータガンダムとゼータザクでディスプレイ。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

エゥーゴのモビルスーツとパイロットフィギュアでディスプレイ。

※HGUCガンダムMk-II(エゥーゴ仕様・REVIVE)、HGUC百式(REVIVE)

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGUCゼータガンダムとルー・ルカのフィギュアの画像です

ルー・ルカのフィギュアとディスプレイ。

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

HGUCゼータガンダムとリ・ガズィの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCリ・ガズィと比較。

【ガンプラ】HGUC リ・ガズィ レビュー

 

HGUCゼータプラス(ユニコーンVer.)とゼータガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCゼータプラス(ユニコーンVer.)と比較。

【ガンプラ】HGUC ゼータプラス(ユニコーンVer.) レビュー

 

HGBFライトニングZガンダムとゼータガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGBFライトニングゼータガンダムと比較。

【ガンプラ】HGBF ライトニングZガンダム レビュー

 

HGUCゼータガンダムU.C.0088と通常版の違い・比較ガンプラレビュー画像です

プレバン限定のHGUCゼータガンダムU.C.0088と比較。

違いは↓のレビューでどうぞ。

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム [U.C.0088] レビュー【比較】

 

本キットのリデコキットでディスプレイ。

HGBF A-ZガンダムHGUC ゼータガンダム(初期検証型)

【ガンプラ】HGBF A-Zガンダム レビュー【Amazon.co.jp限定】
【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム3号機 初期検証型 レビュー【ガンダムベース限定】

 

MG ゼータガンダム Ver.2.0のガンプラレビュー画像です

MGゼータガンダムVer.2.0と比較。

【ガンプラ】MG ゼータガンダム Ver.2.0 レビュー

 

ガンダムチームのガンプラレビュー画像です

最後に、機動戦士ガンダムZZの、ガンダムチームでディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ダブルゼータガンダム レビュー
【ガンプラ】HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)レビュー【REVIVE版】
【ガンプラ】HGUC 百式(新生REVIVE版)レビュー

 

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

満足だ……(>ω<)

HGUC ゼータガンダム【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】の感想

という事でHGゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT版)のご紹介でした。

 

旧版のHGUCゼータガンダムと比べ、「プロポーション」「色分け」「可動域」「合わせ目の少なさ(特に脚部前面に合わせ目が無い点)」に優れているため、今から組むならこのGUNPLA EVOLUTION PROJECT版一択で間違いないと思います。

とはいえ色分けに関してはまだ甘い箇所も多く、バックパックの広範囲なレッド部分をシールで補う点は弱点と言えそうです。

細かな部分でシールが付属しないところもあるので、できれば部分塗装推奨キットといった感じ。

弱点はあるものの、立たせておくだけでも惚れ惚れする見た目に仕上がっているのでゼータ好きには満足度の高いガンプラに仕上がっていると思うよ……(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC ゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT)」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る