icon
icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム レビュー【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回はHGUC ゼータガンダム(Zガンダム)のガンプラレビューです。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

「機動戦士Zガンダム」「機動戦士ガンダムZZ」に登場し、カミーユ・ビダンやジュドー・アーシタ、ルー・ルカ等が搭乗したZガンダム。

GUNPLA EVOLUTION PROJECT第一弾という事で、2017年に発売された新フォーマットのHGUCになります。

差し替えでウェイブライダー形態に変形し、ハイパー・メガ・ランチャー等ゼータガンダムの武器が全て付属。

また、ゼータガンダムが不得意とする可動域を高めたガンプラに仕上がっています。

という事で、GUNPLA EVOLUTION PROJECT版のHGUCゼータガンダムを旧版との比較・違いを含めガッツリと!ご紹介します!

スポンサーリンク

HGUC ゼータガンダム【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

完成したHGUCゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT版)がこちら。

旧版に比べ、目立つ箇所の合わせ目(前脚部)が無く、パーツ分割による色分けと可動域が進化しています。

※今回はシールが付属しない箇所を少しだけ部分塗装し、つや消しトップコートで仕上げてあります

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

プロポーションのアレンジ度合いが良い意味で弱く、最大公約数的に見て理想のゼータ体型に仕上がっているのではなかろうか……(*´ェ`*)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ただ弱点もあり、バックパックの赤いラインを全てシールで補います。

このあたりは低価格で発売するために仕方のない部分かもしれないですが、素組み派モデラーさんにはかなり残念ポイントになっています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「ビームライフル」「シールド」「ハイパー・メガ・ランチャー」「ビームサーベル×2(+エフェクトパーツ×2)」「グレネードランチャーのマガジン×2」「ウェイブライダー形態への差し替えパーツ」「ノーズギア+ランディングギア×2」「ウェイブライダー用スタンド」

RGでは付属しなかったハイパーメガランチャーがついてくる点が素晴らしい。

※旧HGUCでは付属しています

HGUCゼータガンダム新旧の違い・比較ガンプラレビュー画像です

2003年に発売された旧HGUCゼータガンダムと比較。

※旧版は合わせ目を消して塗装+スミ入れしています

違いは主に胸のダクト・フロントアーマー・バックパックの大きさが変わっています。

HGUCゼータガンダム新旧の違い・比較ガンプラレビュー画像です

色分け・可動域も進化しているので、今から買うならこのGUNPLA EVOLUTION PROJECT版一択だと思います。

HGUCゼータガンダム新旧の違い・比較ガンプラレビュー画像です

それではレビューに戻って。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

大きく進化した可動域ですが、手脚も十分上がり膝立ちも可能です。

上半身は真横までいかないまでもそこそこ曲がります。

動きにくいデザインの中、よくここまで動かせるようにしたなぁという印象(*´ェ`*)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

要潤に似ているイケメンフェイスのゼータ顔。

ブルーのセンサーや目はシールになりますが、合わせ目が出ません。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

手堅く出来ていて作るのがラクチンでした。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

見えにくいものの、頭部の後ろ(↑部分)はメカニカルな造形になっています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体まわりはパーツ分割による色分けが完璧で、

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

側面の合わせ目も無し。(上部も)

このあたりは後述するウェイブライダー形態への変形の際にパーツを外すので、接着しないようご注意。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

上半身は多少前方に傾きます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

肩アーマーは↑のイエロー部分をシールで補います。

ここはポージングさせたりWR形態へ変形させるために触っていると、写真のように剥がれてきやすい部分です。

可能であれば部分塗装してあげた方がいいかもしれません。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

胴体内部の肩付け根フレームを引き出す事ができるので、肩周りの可動範囲が広いです。

このあたりが可動に重きを置いたという「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」のコンセプト構造になっていると思われます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

腕部のパーツ分割は素晴らしく、小範囲のイエローをシールで補うものの色分けが良好な上、合わせ目も出ません。

動力パイプも細かく造形されています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

前腕部側面はグレネード・ランチャーのマガジンが着脱可能です。

マガジンは両腕分付属しますが、左腕は↑部分にシールドを装備させる形になります。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

グレネード・ランチャー先端のハッチは開閉し、中が露出します。

中のグレネードはグレーで色分けされています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

旧HGUCより大型化されたフロントアーマー。

リアアーマー内側のダクトも造形されており、地味に可動します。

1/144スケールでリアアーマーが可動するガンプラは多くないので、いかに可動域にこだわったのかがわかる部分になっています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

脚部はモモ側面に合わせ目あり。

また、↑部分(青い枠)は色分けされていません。(写真で塗っている部分)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

足裏の肉抜きは無く、モールドも細かく刻まれています。

このゼータ、ほんと素晴らしいわ……(*´ェ`*)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

WR形態への変形構造の恩恵で脚は恐ろしいほど可動。

「ここまで動かすポージングってないよな」って位置まで持っていけます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

バックパックは↑のように、胴体内部から突き出たジョイントに接続します。

バックパックは腕可動の邪魔にならない位置まで多少傾ける事ができます。

上部先端(写真右)のホワイトは要塗装です。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

そしてこのゼータ最大の弱点ですが、バックパックの赤いラインを全てシールで補う事になります。

シールのサイズ感は合っていますが、触っているとどうしても先端が剥がれてきます。

塗装派モデラーさんは塗装必須ポイント。

それでは武装の紹介を兼ねて、ポージングいってみます!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドの↑部分のレッドとイエロー部はシールです。

シールド前方の内側はグレネードが造形されています。(別パーツで色分けされています)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを差し込む穴(凹)が少し緩いので、ビームエフェクトパーツが少し落ちやすい印象でした。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームサーベルで斬りかかるゼータガンダム!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

サーベルはエフェクト含め2本付属します。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルはさすがにモナカ構造で合わせ目あり。

グリーンのセンサー、イエロー部はシールで補います。(一部色が足りない箇所あり)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフルを構えるゼータガンダム!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像ですHGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

こいつ……動くぞ(*´ェ`*)

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

もちろんアクションベースに対応しています。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ビームライフル先端は伸縮。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

シールドも取り付け位置を変え、組み替えれば伸縮可能です。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

伸びた状態。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です HGUCゼータガンダムのロングビームライフルのガンプラレビュー画像です

ビームエフェクトパーツをビームライフル先端に取り付ければ、ロング・ビームサーベルにもなるぞ!

こちらはライフル先端(凹穴)の接続強度が丁度良く、外れる事はありませんでした。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

お次はハイパー・メガ・ランチャー

合わせ目が出ますが、中身が空洞になっておりそこまで重くありません。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ハイパー・メガランチャーを構えるゼータガンダム!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

側面が開き、フォアグリップを掴んで保持させます。

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

ウェイブライダー形態にするには、ほぼ全ての部位を外す必要あり。

ぶっちゃけ手軽に組み換えできないため、どちらか固定で飾る事になると思うぞ……(*´ェ`*)

HGUCゼータガンダムのWRの形態ガンプラレビュー画像です

完成したウェイブライダー形態がこちら。

ウェイブライダー用の土台のような差し替えパーツを使用します。

HGUCゼータガンダムのウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です HGUCゼータガンダムのWR形態のガンプラレビュー画像です

専用のスタンド用ジョイントパーツも付属し、安定してディスプレイ可能です。

HGUCゼータガンダムのウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です HGUCゼータガンダムのWR形態のガンプラレビュー画像です

ノーズギアとランディングギア2つが付属します。

HGUCゼータガンダムのウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です

つっこむところが無いぐらい完璧な差し替え変形です。

HGUCハンブラビのガンプラレビュー画像です

ハンブラビと交戦するゼータガンダム!

HGUCハンブラビのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】HGUC ハンブラビ レビュー

 

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

エゥーゴのモビルスーツ(HGUCガンダムmkIIリバイヴ・百式リバイヴ)でディスプレイ。

EFコレクションZのエマ・シーンカミーユクワトロと一緒に飾ると絵になるからオススメだよ……(*´ェ`*)

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

HGUCゼータザクのガンプラレビュー画像です

HGUCザクIIの頭にも対応しているので、ゼータザクも再現可能だぞ!

※別売りHGUCザクIIの頭部を使用

HGUCゼータザクのガンプラレビュー画像です

ジュドー「ザクか!」

イーノ「わぁ!待って!」

ジュドーのダブルゼータに墜とされそうになるイーノのゼータザク!

HGUCゼータザクとダブルゼータガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCダブルゼータガンダムとゼータザクでディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC ダブルゼータガンダム レビュー

 

ガンダムチームのガンプラレビュー画像です

機動戦士ガンダムZZの、ガンダムチームでディスプレイ。

ゼータガンダムは2作品に出ているので色々なモビルスーツと飾れるのが面白いです。

【ガンプラ】HGUC ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)レビュー【REVIVE版】
【ガンプラ】HGUC 百式(新生REVIVE版)レビュー

 

HGUCゼータガンダムとルー・ルカのフィギュアの画像です

1/7ルー・ルカのフィギュアとディスプレイ。

404 NOT FOUND | ポッチのガンプラ+
新旧ガンプラレビューブログ!

 

HGUCゼータガンダムとリ・ガズィの比較ガンプラレビュー画像です

HGUCリ・ガズィと。

【ガンプラ】HGUC リ・ガズィ レビュー

 

HGUCゼータプラス(ユニコーンVer.)とゼータガンダムの違い・比較ガンプラレビュー画像です

HGUCゼータプラス(ユニコーンVer.)と比較。

【ガンプラ】HGUC ゼータプラス(ユニコーンVer.) レビュー

 

HGBFライトニングZガンダムとゼータガンダムの比較ガンプラレビュー画像です

HGBFライトニングゼータガンダムと比較。

【ガンプラ】HGBF ライトニングZガンダム レビュー

 

HGUCゼータガンダムU.C.0088と通常版の違い・比較ガンプラレビュー画像です

プレバン限定のHGUCゼータガンダムU.C.0088と比較。

違いを検証した記事は↓

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム [U.C.0088] レビュー【比較】

 

このGUNPLA EVOLUTION PROJECT版ゼータガンダムと同じランナーを使用したバリエーションキットと比較。

HGBF A-ZガンダムHGUC ゼータガンダム(初期検証型)

【ガンプラ】HGBF A-Zガンダム レビュー【Amazon.co.jp限定】
【ガンプラ】HGUC Zガンダム3号機 初期検証型 レビュー【ガンダムベース東京限定】

 

HGUCゼータガンダムのガンプラレビュー画像です

満足だ……(>ω<)

HGUC ゼータガンダム【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】の感想

という事でHGUC Zガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT版)のご紹介でした。

 

旧版のHGUCゼータガンダムと比べ、「プロポーション」「色分け」「可動域」「合わせ目の少なさ(特に脚部前面に合わせ目が無い点)」に優れているため、今から組むならこのGUNPLA EVOLUTION PROJECT版一択で間違いないと思います。

 

とはいえ色分けに関してはまだ甘い箇所も多く、バックパックの広範囲なレッド部分をシールで補う点は素組み派モデラーさんには残念ポイント。

「バックパック上部先端のホワイト」「脚部・ビームライフル・シールドの細かなイエロー」はシールも付属しないのでご注意を。

 

とにかくスタイル良好で可動域が広く、ハイパーメガランチャーも付属するのでゼータファンのツボは抑えているキットに仕上がっていると思います(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC ゼータガンダム【GUNPLA EVOLUTION PROJECT】」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
新品『HGUC ゼータガンダム GUNPLA EVOLUTION PROJECT』の在庫を見る
中古『HGUC ゼータガンダム GUNPLA EVOLUTION PROJECT』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 HGUCゼータガンダム3号機 初期検証型』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 HGUC ゼータガンダム ウェイブシューター』の在庫を見る