スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】HGUC ゼータガンダム3号機 初期検証型 レビュー【ガンダムベース限定】

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HG ゼータガンダム3号機 初期検証型」のガンプラレビューです。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

2018年に、お台場のガンダムベース東京にて限定販売されたものです。(その後ホビーオンラインショップでも販売)

「GUNPLA EVOLUTION PROJECT版のHGUCゼータガンダム」の色違いになっており、追加で3号機のマーキングシールロゴ入りベースが付属

という事で、HGUC Zガンダム3号機初期検証型をレビューしていきたいと思います!

HGUC ゼータガンダム3号機 初期検証型

ガンダムベース東京限定ガンプラ、Zガンダム3号機初期検証型のガンプラの箱の画像です

ガンダムベース限定のゼータ3号機 初期検証型さん。

他のガンダムベース限定ガンプラと、同系統のボックスデザインになっています。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のマーキングシールの画像です

マーキングシールとホイルシールがこちら。

このマーキングシールが本キットの売りその①。ただ水転写デカールではなく、テトロンシールになっている点はご注意です。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のベース部分の画像です

本キットの売りその②がこちらの台座。

ガンダムベース東京のロゴが刻印された台座が付属します(*´ェ`*)

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)の付属品のガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。その他はゼータと同じ内容です。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

そして完成したHGUCゼータガンダム3号機初期検証型がこちら。

成形色がパープルを主体とした3号機カラーに変更されました。

今回はスミ入れ+つや消しフィニッシュしただけの状態です。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

この恐ろしいまでの良プロポーションよ……(*_*;)

買う前はあまり期待してなかったのですが、ガンダムベース東京の台座が思ったよりイイ感じでした。限定版!って感じが出て映えますね。

組んだ感想としては、一部広範囲の部分にシールを貼るのが難しかったです。時間はかかりましたが、完成させてみるとものすごい満足感で満たされたぞ……。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

長所と共に弱点も引き継いでおり、背中のウイング部分にシールを多用する事となります。

それでは細かく見ていきます!

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

可動域は広く、腕は水平以上広がって開脚範囲はものすごく広いです。

このあたりはさすが2017年フォーマットといったところ。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

肘関節は180度近く曲がりますが、腕を後ろにもっていくとウイングにぶつかる感じではあります。

ヒザ関節は90度強曲がり、ヒザ立ち可能です。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

腰は45度ほど曲がります。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)の上半身の回転のガンプラレビュー画像です

パーツが干渉するのでここまでが限界ですが、ポージングに困らないぐらいには動きます。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

頭部をアップで。アンテナ先端の安全フラッグはカット済みです。

バルカンの銃口や左右のくぼんでいる黒い部分は、コピックモデラー ブラックを使用。ペン先が0.02mmとガンダムマーカーより細いので、オススメです。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

トサカ前後のセンサーはシールです。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

胴体をアップで。3号機特有のマーキングシールがめちゃかっこいいです。

ドライデカールや水転写デカールではありませんが、つや消し吹いたらテトロン感が多少薄れると思います。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)の背面ガンプラレビュー画像です

背部まわりは合わせ目がちょいちょい出ます。また、ウイングのパープル部分にはホイルシールを多用します。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

元キットの時点からですが、このあたりが本キットの弱点です。

ただ、スタビライザーのアナハイムマークが非常にかっこいいです……(*´ェ`*)←チョロイ

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)の肩のマーキングシールのガンプラレビュー画像です

左肩部にはZロゴのシールを貼ります。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

腕は合わせ目が出ない優秀な作りをしています。

細かな黄色いラインはシールです。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

前腕部のハッチは開閉し、グレネード・ランチャーが顔を出します。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のグレネード・ランチャーのガンプラレビュー画像です

前腕部にはマガジンを装着可能です。(画像下)

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

腰回り。フロントアーマーのみならず、リアアーマーも動きます。

グレーのスラスターパーツは別パーツ化されていて、色分けが優秀です。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

脚部はモモ側面に合わせ目が出ますが、一応モールドっぽい形にはなっています。(段落ち化はされていません)本キットの数少ない合わせ目ポイントです。

脚部側面の「KARABA AIR FORCE」文字のシールがめちゃめちゃかっこいいっす……(>ω<;)

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

足裏に肉抜きは無く、股下にはアクションベース用の3mmジョイント穴が空いています。股関節も可動。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

ゼータガンダム3号機 初期検証型、出撃!

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

それでは多彩な武装を見つつ、アクションポーズいってみます!

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

シールドは取り付け位置を2段階に調整できます。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

基部でロール回転せず。ここに貼るマーキングシールの量は多いです。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のシールド裏のガンプラレビュー画像です

このシールの位置合わせが一番の難所かと。シール1枚の大きさがかなりでかいので、注意が必要な部分です。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルは先端パーツが伸縮。

合わせ目は普通に出ます。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

ビーム・ライフルで攻撃!

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

暴れまわるゼータ3号機!

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のガンプラレビュー画像です HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のガンプラレビュー画像です

銃口にはビーム刃のエフェクトパーツを取り付ける事ができます。

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像です

カッケェ!

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のビーム・サーベルのガンプラレビュー画像です

ビーム・サーベルを展開。柄、ビーム刃ともに2つ付属します。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のガンプラレビュー画像です

斬!

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のビーム・サーベル二刀流のガンプラレビュー画像です

二刀流で。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のガンプラレビュー画像です

ライフル+サーベルで。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のハイパー・メガ・ランチャーのガンプラレビュー画像です

ハイパー・メガ・ランチャーは本体と同じホワイト成形になっています。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のハイパー・メガ・ランチャーのガンプラレビュー画像です

発射!

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のガンプラレビュー画像です

結構ギリギリですが、フォアグリップをつかんで両手で構える事ができます。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のガンプラレビュー画像です HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です

ウェイブライダー形態がこちら。変形させるには差し替えが必要です。

HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です HGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のウェイブライダー形態のガンプラレビュー画像です

ウェイブライダー形態の出来も、非常に美しいです(*_*)

ガンダム・センチネルとZ-MSVのガンプラレビュー画像です

Z-MSV、およびガンダム・センチネルのガンプラでディスプレイ。

【ガンプラ】HGUC Ex-Sガンダム(イクスェスガンダム)レビュー
【ガンプラ】HGUC ゼータプラスC1 レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC ゼータプラス(テスト機イメージカラー) レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGUC ゼクアイン レビュー
【ガンプラ】HGUC ZII レビュー

 

HGゼータガンダム3号機初期検証型のガンプラレビュー画像ですHGUCのZガンダム3号機初期検証型(ガンダムベース限定)のガンプラレビュー画像です

HGUC ゼータガンダム3号機 初期検証型の感想

という事で『HGUC ゼータガンダム3号機 初期検証型』のレビューでした。

 

重ねてになりますが、本体は一般販売のHGUCゼータガンダム(GUNPLA EVOLUTION PROJECT版)の色違いです。

色違いとはいえライトグレー・パープルを主体としたキレイな成形色で再現され、追加で専用のマーキングシール台座が付属するのでプレイバリューは高いと思います。

弱点は元キットと同じで、ウイングの広範囲なパープル部分にシールを多用する点。

可能なら部分塗装推奨といった感じではあるのですが、合わせ目がモモ側面・背部・武装類にしかないので素組み派モデラーさんにもオススメだと思います。

 

以上、「HGUC Zガンダム3号機 初期検証型」のガンプラレビューでした!

icon

 

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る