icon
icon
icon
icon

【ガンプラ】HGUC ゼクアイン レビュー

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「HGUC ゼクアイン」のガンプラレビューです。

ガンダム・センチネルに登場し、ニューディサイズのトッシュ・クレイ等が搭乗したゼクアイン。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

HGUCの24番目にリリースされた、2001年発売のHGUC初期ナンバーのキットとなります。

HGUCラインナップの中ではトップを争うマイナー機体(対抗馬はギャンクリーガー?)となるゼクアインですが、今のガンプラ基準で見るとどんな出来栄えになっているかを中心にじっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HGUC ゼクアイン

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

ボックスアートには専用マシンガンを構えるゼクアインが描かれています。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

組み立て書とシール。

シールはモノアイやバックパックのセンサーを補う小範囲なものが付属します。

モノアイ周辺は予備分も用意されていました。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「専用マシンガン+給弾ベルト」「サーベル刃一体型ビームサーベル×2」「左手用平手ハンドパーツ」

ビーム・ライフルやスマートガンは付属しないため、このキットではゼクアインの第三種兵装(重攻撃仕様)を再現する内容となっています。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

完成したHGUCゼクアインがこちら。

今のガンプラ基準で見ると少なめのパーツ数で分割方法も大味ですが、パーツ分割による色分けは優秀でした。※後述

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

組んでいる感覚的には、ボリューム的にもナンバーの近いHGUCザクIIIに近いです。

足が大きく接地性が良好、バーニアなど細かなパーツも別パーツとなっています。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

この給弾ベルトがとんでもなくかっこいいのだ……(*´ェ`*)

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

キュベレイ・マラサイをブレンドしたような頭部。

モノアイと周辺ブラックはそれぞれシールで補います。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

意外といっては失礼ですが、合わせ目は出ません。

色分けは額の奥を黒で塗ってあげるぐらいでOKです。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

胸部もコクピットハッチ(レッド)・胸のダクト(イエロー)・動力パイプ(グレー)が別パーツになっていて色分け良好。

コクピットハッチ(レッド部)のすぐ上部分のみグレーで要塗装です。

胸のダクト(イエローパーツ)の奥ブラックはシールが付属します。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

胴体はパーツ構成上合わせ目が出ない作り。

肩と弾倉タンク(ライトグレー)上部には合わせ目が出ます。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

バックパックは上部・側面に合わせ目が出ますが、各スラスターが別パーツ化されています。

センチネル系は色々な色解釈があると思うので、MSV感覚で好きに塗り分けても良さげですね。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

肩まわりの合わせ目はこんな感じ。

弾倉タンクは中が空洞の単純なモナカ構造で、前後から接続パーツで設置します。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

両肩側面の専用シールドは多少可動します。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

左側の専用シールド内側のみビーム・サーベルラックを取り付けます。

※引き出しギミックは無し

専用シールド側面は合わせ目あり。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

二の腕は筒状パーツで、前腕部は↑部分に合わせ目が出ます。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

右手は人差し指が可動するライフル持ち手のみ付属。

左手は握り手と平手が付属します。

この頃のガンプラはハンドパーツの作りがどうしても古いので、MSハンド等に交換しグレードアップした方がいいかもしれません。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

フロントアーマーは左右独立で可動します。

赤い部分はパーツ分けされています。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

サイドアーマー、リアアーマーのバーニアは別パーツです。

発売された時代を考えると、かなり良いキットになっているのではないだろうか(*_*)

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

モモ前面のパーツの合わせ目は、なんと段落ちモールド風になっています。

今ならよく見る部分ですが、この時代でこの造りは素晴らしいぞ……(>ω<)

ただ、脚の付け根は合わせ目が出ます。(フロントアーマーで見えない部分だけど)

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

その他脚装甲部分は合わせ目無し構造です。

※後ろに4基搭載されたプロペラントタンクは合わせ目あり

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

足裏は肉抜きなし。股下のスタンド穴はありません。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

それでは武装を見ていきます。

専用マシンガンは安定のモナカ分割ですが銃口は別パーツになっています。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

給弾ベルトは折り曲げて形を固定できる素材です。

ただ専用マシンガン側の接続が非常に外れやすいため、接着推奨です。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

弾倉タンクの接続は良好で、無茶な動かし方をしなければ外れる事はありませんでした。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

専用マシンガンを構えるゼクアイン!

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

浮かせてみます。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

後ろから見ても足裏の肉抜きが無かったり、パーツ分割によるバーニアの色分けが良かったり、今の目で見ても非常にかっこいいです。

ディテールが細かく情報量も多いですね。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

ゼクアイン、降下!

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像ですHGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

パイロットも教導団だし、量産機とは言えめちゃめちゃ強そうです。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

正直かなり昔のキットなので全然期待していなかったのですが(失言)、素組みでここまでのクオリティになるのに驚きました。

塗装とかしたら化けそう。

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像ですHGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

かっこいいですが、専用マシンガンと給弾ベルトの接続構造のおかげでさすがにポージングは限られます。

可動域は腰がある程度まわるので悪くはないものの、今の感覚でいうと狭いと思った方がいいです。

HGUCEx-sガンダムとHGUCゼクアインの比較ガンプラレビュー画像です

Ex-Sガンダムと遭遇するゼクアイン!

HGUCEx-sガンダムとHGUCゼクアインの比較ガンプラレビュー画像です

HGUC Ex-Sガンダム(イクスェスガンダム・塗装済)と比較。

全高はEx-Sガンダムより少し小さめになります。

設定20.05mという事で、1年戦争時の標準モビルスーツよりは大きいです。

HGUCEx-sガンダムとHGUCゼクアインの比較ガンプラレビュー画像です

ゼクアインはHGUC Ex-Sガンダムに比べ圧倒的に合わせ目が少なく色分けも良いので、かなり組みやすいと思います。(比べるとだけどw)

ガンダムセンチネルのガンプラ画像です

ガンダム・センチネルのガンプラでディスプレイ。

ガンダムセンチネルのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGUC Ex-Sガンダム(イクスェスガンダム)レビュー
【ガンプラ】HGUC ゼータプラスC1 レビュー【プレバン】

 

HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です HGUCゼクアインのガンプラレビュー画像です

HGUC ゼクアインの感想

ということでHGUC ゼクアインのご紹介でした。

 

驚いたのは写真をご覧の通り、プロポーション自体あまり古さを感じない点。

そこそこ合わせ目は出るものの、頭部・胴体は合わせ目が無く脚部も一部段落ちモールド処理されているなど、時代を考えるとかなり優秀な造りをしているのではないでしょうか。

お手軽改善ポイントとしては、作りの古いハンドパーツをMSハンド等に交換するのがオススメです。

 

「今だったらここのパーツ分割はこうするだろうな」、と思うような改善点はいくつか見られるのですが、当時の開発スタッフがより造りやすくしようと考案して設計されたのが伝わってくる良キットだと思いました。

この積み重ねが今のガンプラに繋がったのか……ということで、今のガンプラもこのゼクアインに習い足裏肉抜き無くしてくれたら嬉しいっす(*´ェ`*)

 

以上、「HGUC ゼクアイン」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC RMS-141 ゼクアイン』の在庫を見る


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGUC EX-Sガンダム』の在庫を見る