スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】1/144 ガンダムアシュタロン レビュー【旧キット】

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「1/144 ガンダムアシュタロン」のガンプラレビューです。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

機動新世紀ガンダムXに登場し、オルバ・フロストが搭乗するガンダムアシュタロンをご紹介。

1996年発売の旧キットになります。

古いガンプラながら、バックパックの位置を差し替えモビルアーマー形態への変形ギミックを搭載しています。

隠し腕のアトミックシザーズの先端クローも展開可能

という事で、1/144ガンダムアシュタロンのレビューいってみます!

1/144 ガンダムアシュタロン

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

25年前のキット、ガンダムアシュタロンさん。

アシュタロンのリアル体型ガンプラは、この1/144スケールのみがリリースされています。

※ガンダムアシュタロンハーミットクラブは立体化無し(*´ェ`*)

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ボックスですが、ガンダムXの1/144スケールでは一番デカイです。

↑1/144ガンダムヴァサーゴと比べても大型キットになっています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

組み立て書とホイルシールがこちら。

このアシュタロン、当時ものキットという事でホイルシールの量はかなり多いです。

特にアンテナやフェイスマスク全面をシールで補う事になるため、今から組もうと思っているモデラーさんは塗装前提と思った方がいいかもしれません。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ババン。そして完成した1/144ガンダムアシュタロンがこちら。

まず驚いたのはそのプロポーションと接地性で、素立ち限定でいくなら造形レベルは非常に高いです。

組む前は舐めていたのですが、マッシブでボリュームのあるアシュタロンが見事に立体化されているぞ……!(>ω<)

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

3色のランナー+ポリキャップ構成で、パーツ分割による色分けは弱いです。

特に目立つレッド・イエロー部を全てシールで補う仕様になっています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

特徴的なモビルアーマー形態のモノアイまわりも全てシールです。

※このあたりは後述
※今回は全部位に合わせ目があるため、画像での合わせ目説明は省略しています

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

まずは頭部から。

ご覧のようにアンテナとフェイス部分が全てシールになっており、凹凸がある箇所に貼るため見栄えは非常に悪いです。

ただ、頬左右フェイスガードのモールドなど造形は非常に細かく出来ています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

このあたりはシールのシワだけではなく、目立つ合わせ目も出まくるため要加工といったところ。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

シール下はちゃんと造形されているので、実はシールを貼らない状態の方が見栄えが良かったのですがレビューという事で一応貼った状態で撮影しました……w

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

胸部まわりもすべてシールで補います。

胸の黄色い部分は別パーツ化されているため、塗装しやすいパーツ構造をしています。

腕は軸接続です。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

マシンキャノンの造形は細かくできている模様。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマーは色分けされていて、側面パネルも別パーツ化されています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

腕まわりの色分けはそこそこ良好です。

合わせ目も二の腕と手首に出る程度。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

腰は、フロントアーマーの赤い部分以外は色分けされています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

脚部。足の甲はパープルで要塗装ですが、それ以外は色分け良好。

こう細かく見ていくと、本体の色については顔と胴以外そこまでひどくないですね。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜きが無く適度にモールドが刻まれています。

接地性はいいですが、可動に関しては他の部位も含めあまり動きません。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

特徴的なバックパック。

ここの位置を差し替える事により、モビルアーマー形態に変形します。

※後述

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

広範囲なレッド部はシール。

スラスターは別パーツ化されています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ガンダムアシュタロン起動!

それでは武装を見ていきます!

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

手持ち武器は1色1パーツ成形のビームサーベルのみです。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ビームサーベルを構えるガンダムアシュタロン!

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

「残念だけど、これでお別れだよ」

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

基本的な部分しか動かないため、可動域はかなり狭いです。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ただ、↑のようにそこそこ開脚するため何パターンかはかっこいいポーズが決まる感じ(*´ェ`*)

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

これ、25年前のガンプラというのを考えるとプロポーションはかなり優れていますね。

塗装派モデラーさんにはうってつけの素体かもしれん……。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

アトミックシザーズを展開させてみます。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

アームは伸縮し、前方へ展開します。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

クローも開くぞ!(*´ェ`*)

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

両側のアトミックシザーズを展開。

ちなみにストレート組みの場合、↑のように垂れ落ちてきたりします。

各部接続テンションが緩いため、決まった位置でホールドさせたい場合は要調整といったところ。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

シザーズ内部はシザーズビーム砲が造形されています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

「フフフ……赤い花を咲かせてあげよう」

シザーズビーム砲を放つオルバ!

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

この展開ギミック、いいですね。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

モビルアーマー形態がこちら。

バックパックを上下反対に付け替え、足を上げ一部パーツの位置を付け替える事で再現します。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です 1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

スタンド穴など洒落たものは無いので、挟み込みスタンドなどが必要です(*´ェ`*)

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ビグロっぽいお顔。

先端にはノーズビーム砲が4門造形されています。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

↑のパーツは位置を変えるだけです。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ギュワッ!!!

ゲテモノガンダム現る!

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

なかなか迫力がありますねw

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

ガンダムレオパルドに襲いかかるガンダムアシュタロン!

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ガンダムレオパルド レビュー【旧キット】

 

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

同じガンダムXの1/144シリーズである「1/144ガンダムレオパルド」()と、最新フォーマットの「HGAWガンダムダブルエックス」()と比較。

HGAWシリーズは少しオーバースケールぎみになっているのですが、それと比べてもアシュタロンの方がでかいです。

【ガンプラ】HGAW ガンダムダブルエックス レビュー

 

1/144 ガンダムヴァサーゴとアシュタロンのガンプラレビュー画像です

1/144ガンダムヴァサーゴと比較。

1/144 ガンダムヴァサーゴとアシュタロンのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ガンダムヴァサーゴ レビュー【旧キット】

 

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

SD三国伝の賈詡(かく)アシュタロンとディスプレイ。

1/144ガンダムアシュタロン(旧キット)のガンプラレビュー画像です

発売された年を考えると当然ですが、素組みなら賈詡アシュタロンの方が出来がいいぞ!w

【BB戦士】典韋アッシマー 賈詡アシュタロン 攻城兵器セット&合体武装6種(甲) レビュー【SDガンダム三国伝】

 

ガンダムXのガンプラ画像です

1/144スケールのガンダムX系ガンプラティファ・アディールのフィギュアでディスプレイ。

ガンダムXのガンプラ画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

1/144 ガンダムアシュタロンの感想

ということで1/144 ガンダムアシュタロンのご紹介でした。

 

旧キットという事で目立つ頭部・胴体・バックパック部分にシールを多用するため、塗装前提のキットと思った方がいいと思います。

スタイル・プロポーションはマッシブでボリュームのあるアシュタロンが見事に再現されているため、素立ち状態+塗装でクオリティが爆上がりしそうです。

 

※以下改造派モデラーさん向け

腕の軸部分と足のボールジョイント部分の強度が弱いため、真鍮線などで補強した方がいいかもしれません。また、ショルダーアーマーなど一部ピンの凹凸サイズがきつ過ぎて綺麗にはまらないため、ピンカットによる合わせ目消し推奨です!

 

総評としては、合わせ目処理や部分塗装など手を加えるモデラーさんにはオススメといった感じ。

HGAWガンダムアシュタロンハーミットクラブの発売は絶望的だと思いますが、バンダイさんに一つ提案が……。

RE/100みたいに、パーツ数と可動域を減らしたRE/144シリーズを作ってマニアックなモビルスーツを立体化していくのとかどうでしょうか!!!←必死

 

以上、「1/144 ガンダムアシュタロン」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 中古の在庫を見る