icon
icon

【ガンプラ】HGAW ガンダムダブルエックス レビュー

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です レビュー

今回は「HG ガンダムダブルエックス」のガンプラレビューです。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

機動新世紀ガンダムXに登場し、ガロード・ランが搭乗したガンダムダブルエックス(DX)をご紹介。

2013年に発売されたHGAWになります。

背部リフレクターは展開し、劇中で使用したツインサテライトキャノン発射ポーズが再現可能。

気になるリフレクターの展開ギミック等、HGAWガンダムダブルエックスをじっくり見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

HG ガンダムダブルエックス

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ダブルエックスは頭部をはじめ、装甲色ブルーが濃いめの色だったりツインサテライトキャノンが搭載されていたりかなり個性的なデザインだよね……(*´ェ`*)

それでは内容物を見ていきます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ご覧の通り、シールは主にリフレクターのゴールド面を補う光沢感のあるものが付属します。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

付属品一覧がこちら。

※「専用バスターライフル」「ハイパービームソード(クリアグリーンのエフェクトパーツ×2)」「ディフェンスプレート」

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

パーツ分割による色分けはそこそこ優秀で、可動域もかなり広いです。

※色が足りない箇所は後述

さすがHGオールガンダムプロジェクトといったクオリティで、ガンプラ初心者さんにもオススメのキットに仕上がっています。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

プロポーションは設定画・劇中よりも多少スリムなスタイルになっている気がします。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

手脚はよく上がり、上半身も360度回転します。

膝も曲がりますが、立ち膝は綺麗に決まりませんでした。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

特徴的なフェイスマスクの再現度も高いです。

ただ、アンテナ中央のレッド部はシールで補うためあまり見栄えはよくありません。

このあたりは部分塗装してあげた方が良さげですね。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

アンテナの安全フラッグは大きめで、頭頂部に合わせ目が出ます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

胸部は光沢感のあるシルバーシールの上にクリアグリーンパーツをはめこむ構造。

ライトをあてる角度により、光って見えます。

胸部のブラストランチャーは色分けされていないのでグレーで要塗装となります。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

あまり目立ちませんが、胴体とバックパックに合わせ目が出ます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ここもそこまで目立ちませんが、厳密に言えばショルダーアーマー一部(↑)にも合わせ目があります。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

上半身は多少前後に可動。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

腕は90度近く曲がるうえ、合わせ目が出ません。

色分けも完璧なので一番手間のかからない部分になります。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

腰回りも色分けが優秀です。

リアアーマーの赤い▽はシールで補います。

両サイドアーマーにはハイパービームソードがマウントされています。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

太ももは筒状パーツになっていて合わせ目無し。

このあたりは組むのが超簡単でした……(*´ェ`*)

膝の赤い▽はリアアーマー同様シールで補います。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

脚部は左右はめ込み式で、スネの一部とふくらはぎに合わせ目が出ます。

特にふくらはぎの分割ラインは目立ちます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

足裏には肉抜きあり。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ツインサテライトキャノンはKPSによる軸接続で接続強度がちょうどいいです。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

キャノン自体はシンプルなモナカ構造で合わせ目が出ます。

センサー部グリーンはシールが付属します。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

バーニアは色分けされています。リフレクターはポリキャップ接続。

それではダブルエックスの武装を見ていきます!

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

サイドアーマーのハイパービームソードを装備させてみます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ガンダムダブルエックス、ハイパービームソード抜刀!

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

このビーム刃の形状がガンダムX作品の魅力だと思います……ジュル

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

二刀流!

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ディフェンスプレートは基部で360度ロール回転します。

裏側は肉抜きがあり、中央付近のグレーは再現されていないため気になるモデラーさんは処理してあげた方が良さげです。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

襲いかかるダブルエックス!

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像ですHGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

専用バスターライフルのブルーとグリーン(センサー部)はシールで補います。

銃口は別パーツで色分けされていますが、その他はいつものモナカ割りで合わせ目が出ます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

「これがお前たちの求めていた戦争か!」

叫ぶガロード。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ハァハァ……かっこいいっす……(>ω<)

それではツインサテライトキャノンを展開させてみます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

まず、腕側面を開いてプレートを広げます。

エネルギーラジエータープレートはイエロー成型色になります。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

脚部も同様に開きます。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

リフレクターを広げます。

表面は光沢感のある金色のシールで補います。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

シールの下もしっかり造形されているので、塗装派モデラーさんにも嬉しい設計。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

前方へ倒し、銃身を伸ばします。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

ショルダーアーマー内部にあるセンサー内蔵マウントを引き上げ、サテライトキャノンのくぼみと合わせます。

※センサー内蔵マウント裏側には肉抜きあり

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

「ツインサテライトキャノン!発射ぁっ!!」

かなりシンプルなギミックかつ無理のない設計で、容易に展開させることができました。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

連射が出来るツインサテライトキャノン、男のロマンが詰まってるよね……。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

「嘘つきで悪かったな、総統閣下のおっさんよ」

↑ティファ返してもらったので容赦なくコロニーレーザーを破壊するガロードさんの図

ガロードとかジュドーみたいな主人公大好きだわ……。

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

「HGAWガンダムXディバイダー」「1/144ガンダムレオパルドデストロイ」とディスプレイ。

【ガンプラ】HGAW ガンダムXディバイダー レビュー
【ガンプラ】1/144 ガンダムレオパルドデストロイ レビュー【旧キット】

 

ガンダムXのガンプラはちまちま作っているのですが、リミテッドモデル以外はガンダムタイプしか発売されていないのでベルティゴとかクラウダみたいなモビルスーツを是非とも立体化して欲しいです。

バンダイさんまじで頼む!(>ω<)

HGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像ですHGAWガンダムダブルエックスのガンプラレビュー画像です

HG ガンダムダブルエックスの感想

という事でHG ガンダムダブルエックスのご紹介でした。

 

オールガンダムプロジェクトでの立体化という事でパーツ分割による色分け、可動域は標準以上に仕上がっています。

合わせ目は専用バスターライフル・ツインサテライトキャノン・ふくらはぎあたりが目立ちますが、量は少ない方。

肉抜きは「肩内部のセンサー内蔵マウント」「足裏」「シールド裏」にあり。

 

それと、広範囲のリフレクター表面はシールで補う仕様です。

ここはシールとはいえ、光沢感のある綺麗な見た目になるので素組み派モデラーさんでもしょぼさは感じにくいかなと思いました。

塗装派モデラーさんはリフレクターに加え、イエロー成型色のラジエータープレートもゴールドで塗装すれば手軽にクオリティアップできそうです。

 

プロポーションが多少スマートになっているものの、そこまでアレンジがきついわけではないのでダブルエックス好きなら満足する造形に仕上がっていると思いますぞ(*´ェ`*)

 

以上、「HG ガンダムダブルエックス」のガンプラレビューでした!


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
『中古 1/144 HGAW GX-9901-DX ガンダムダブルエックス』の在庫を見る