スポンサーリンク
スポンサーリンク

icon
icon
icon
icon
icon
icon

スポンサーリンク

【ガンプラ】1/144 ガンダムレオパルドデストロイ レビュー【旧キット】

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像ですレビュー

今回は「1/144 ガンダムレオパルドデストロイ」のガンプラレビューです。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

機動新世紀ガンダムXに登場し、ロアビィ・ロイが搭乗したガンダムレオパルドD。

1996年に発売と、実に20年以上前のキットになります。

ガンダムレオパルドを改修したレオパルドデストロイですが、右肩ビーム・キャノンは可動・左肩11連ミサイルポッドのハッチは開閉

差し替えにより、ツインビームシリンダーを両腕に取り付ける事も可能なガンプラに仕上がっています。

という事で、今回はガンダムレオパルドデストロイをがっつりとご紹介します!

1/144 ガンダムレオパルドデストロイ

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

ガンダムXといえばダブルエックス?ディバイダー?エアマスター?ベルティゴ?エニルカスタム?

レオパルドデストロイでしょ(錯乱

という事で組んでみたレオパルドデストロイですが、ガンダムX視聴中に乗り換えで装甲色がグリーンからレッドへ変わった事で混乱したのはわたしだけでは無いハズ(*´ェ`*)

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

簡素な組み立て書とシールが付属。

パイロットはご存知ロアビィ・ロイさん。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

男らしい完全素組みで仕上がったガンダムレオパルドデストロイがこちら。

当時ものキットという事で、もちろん成形色による色分けは圧倒的に足りません。

※合わせ目も出ない箇所の方が少ないので、今回は色分け・合わせ目説明は少し省略

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

しかし驚いたのは、ご覧の通り素立ちで立たせた状態のプロポーションはかなり良いという点。

これは手を加えられるモデラーさんには最高の素材になっているのではないでしょうか。

もっとやばいキットかと思ってたよ←失言

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

武装てんこ盛りでゴツいスタイルが再現されています。

背部のツインビームシリンダーが良くも悪くも単純なモナカ構造になっており、中が空洞になっているので(軽いので)自立も安定しています。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

上半身は回転せず開脚、特に膝立ちは苦手で可動はほぼしないと思った方がいいです。その理由として、

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

腕が単純な軸接続・脚はボールジョイントになっているだけではなく、フロントアーマーの取り付け位置が奥まっている影響でフロントアーマー可動が制限されるのが理由です。

フロントアーマー取り付け位置問題は、改造派モデラーさんなら比較的楽に改修できる箇所かもしれません。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

頭部は口やアンテナ中央の紺色部分がシールになります。

ただご覧の通り、造形自体は今の目で見ても悪くないです。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

頭部は前後はめこみ式になっているので合わせ目が出ます。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

胴体中央センサーと顔のすぐ前にあるホワイト部分はシールが付属します。

胸部ハッチ(紺色パーツ)まわりは色分け良好です。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

胸部ハッチは開閉します。

胸のブレストガトリングは全く色分けされていないので要塗装です。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

胴体側面、胴体と肩上部には合わせ目が出ます。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

右肩の2連装ビーム砲、ビームキャノンは基部で回転します。

このあたりも色分けなし。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

左肩の11連ミサイルポッドはハッチが開閉します。

当時物キットとしては良く出来ている部分。

ここはミサイル以外グレーに要塗装です。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

右手のリストビーム砲は前後に多少可動します。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

左手はシンプルな形状。

右腕もそうですが関節はポリキャップむき出しです。

また、パーツの合いが非常に悪いので要調整箇所。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

バックパックのツインビームシリンダーは可動しますが色分け無し、また上から見ると接続するためのポリキャップはむき出しになっています。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

腰回りは元デザインのカラーデザインがシンプルな影響もあり、股間上・下、後ろ一部をグレーに塗装するだけで良さげです。

……旧キットレビューしてるとこの状態で色分けが優秀に見えてくるというプチ混乱状態におちいるぞ……w(*´ェ`*)

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

右足側面はラックになっており、ビームナイフをマウントできます。

脚部はパーツの合いが悪く変な隙間があくので、合わせ目処理しないモデラーさんでも接着剤は必要だと思います。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

足裏にはモールドの類はありませんが、ご覧の通り脚部のマッシブな形状自体はいい感じだと思います。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

それではビームナイフを装備させてみます。

ラックからビームナイフを引き出すギミックは問題ありませんでした。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

レオパルドデストロイ、ビームナイフで攻撃!するが劇中では未使用だぞ!(*´ェ`*)

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

それではこのキット最大の売り、ツインビームシリンダーを両腕に装備させてみます。

↑の前腕部パーツを差し替えて再現します。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

このあたりも要塗装。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

右腕・四砲身のガトリング砲で攻撃!

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

左腕のビーム砲で攻撃!

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

この存在感よ……。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

浮かせてみます。……あれっ

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

普通にかっこよくね……?(*_*)

※股下にはスタンド穴が無いので、浮かせる場合は挟み込みタイプのスタンド必須

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

これ完全に塗装したらめちゃめちゃ化けるキットだぞ……。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

膝のホーミングミサイルも展開させてみます。

意外と細かい作り。

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

フルバーストモード!

ガンダムレオパルドとデストロイの違い・比較ガンプラレビュー画像です

1/144ガンダムレオパルドと比較。

ガンダムレオパルドとデストロイのガンプラレビュー画像です

【ガンプラ】1/144 ガンダムレオパルド レビュー【旧キット】

 

1/100ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

1/100ガンダムレオパルドデストロイと比較。

1/100ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です 1/100ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

1/100には今回の1/144に付属しないヒートアックスとセパレートミサイルポッドが同梱するのが特徴です。

また、色分けが向上していて赤い装甲の成形色も渋い色になっています。

【ガンプラ】1/100 ガンダムレオパルドデストロイ レビュー【旧キット】

 

ガンダムX後期MSのガンプラ画像です

ガンダムX後期MSの1/144スケールでディスプレイ。

ガンダムX後期MSのガンプラ画像です

【ガンプラ】HGAW ガンダムダブルエックス レビュー
【ガンプラ】HGAW ガンダムエアマスターバースト レビュー【プレバン】
【ガンプラ】HGAW ガンダムXディバイダー レビュー

 

ガンダムXのガンプラ画像です

1/144スケールのガンダムX系ガンプラティファ・アディールのフィギュアでディスプレイ。

ガンダムXのガンプラ画像です

ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋

 

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

1/144 ガンダムレオパルドデストロイの感想

ということで1/144 ガンダムレオパルドデストロイのご紹介でした。

 

当時ものキットという事で、ほぼ全てに合わせ目が出ます。また、

ガンダムレオパルドデストロイのガンプラレビュー画像です

色分けも死んでいるので要塗装キットといった感じ。

パチ組みでも問題ないぜ!というモデラーさんでも、パーツの合いが非常に悪く変な隙間があく箇所が多いので接着剤は必須だと思います。

 

改造派モデラーさんはポリキャップむき出し問題を改善したり可動域を広げたり、本格的に改修するとなるとかなりの時間がかかりそうです。

ご覧の通りプロポーション自体は今の目で見ても悪くないので、細かな改造は諦め素立ち状態で割り切ってもフル塗装すればめちゃめちゃ化けるキットといっていいでしょう。

 

以上、「1/144 ガンダムレオパルドデストロイ」のガンプラレビューでした!

 


ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋
>> 駿河屋の在庫を見る